第二篇  題目 地の諸王と神の撰べる王 (二、六節參照)



  1. 何(いか)なればもろもろの國人はさわぎたち諸民(たみら)はむなしきことを謀るや
  2. 地のもろもろの王はたちかまへ群伯(をさら)はともに議(はか)り ヱホバとその受膏者とにさからひていふ
  3. われらその械(かせ)をこぼち その繩をすてんと
  4. 天に坐するもの笑ひたまはん 主かれらを嘲りたまふべし
  5. かくて主は忿恚(いきどほり)をもてものいひ 大なる怒をもてかれらを怖まどはしめて宣給ふ
  6. しかれども我わが王をわがきよきシオンの山にたてたりと
  7. われ詔命(みことのり)をのべん ヱホバわれに宣まへり なんぢはわが子なり 今日われなんぢを生り
  8. われに求めよ さらば汝にもろもろの國を嗣業(ゆづり)としてあたへ地の極(はて)をなんぢの有(もの)としてあたへん
  9. 汝くろがねの杖をもて彼等をうちやぶり陶工(すゑつくり)のうつはものゝごとく に打碎かんと
  10. されば汝等もろもろの王よ さとかれ 地の審人輩(さばきびとら)をしへをうけよ
  11. 畏をもてヱホバにつかへ戰慄(おのゝき)をもてよろこべ
  12. 子にくちつけせよ おそらくはかれ怒をはなち なんぢら途にほろびん その忿恚はすみやかに燃べければなり すべてかれに依賴むものは福(さいは)ひなり

▲六節──父なる神の聖聲
 七節──子なる神の聖聲
 十節──聖靈なる神の聖聲
▲父なる神は此處に主イエスの事を明らかに表したまふ。
 (1) 其御子なる事(七)『なんぢはわが子なり』──ヘブル一・五對照
 (2) 其復活(七終)『今日われなんぢを生り』──此は格別に主の甦りを指す言也。使徒行傳十三・三十二、三十三參照
 (3) 其昇天(六)『我わが王をきよきシオンの山にたてたり』
 (4) その祭司の職(つとめ)、禱告(とりなし)の祈禱を捧ぐる者たる事(八始)『われに求めよ』──主は父なる神に求め給ふ。ヘブル七・廿四、廿五參照
 (5) 其聖國の勝利(八)『汝にもろもろの國を嗣業としてあたへ地の極をなんぢの有としてあたへん』
 (6) 其審判(九)『汝くろがねの杖をもて彼等をうちやぶり陶工のうつはものゝごとくに打碎かん』──黙示録二・廿七對照
▲斯て我等に對する四つの奨勵(すすめ)記さる。
 (1) さとかれ(十)──即ち靈的の意味に於て賢き者となれ
 (2) をしへをうけよ(十)──即ち聖書にある敎へを學べ
 (3) 己を低くせよ(十一參照)
 (4) 神と和げよ(十二『子にくちつけせよ』)
▲本篇に主イエスの四つの名稱記さる。
 (1) 神の受膏者(二)──神の立て給へる救ひ主
 (2) 神の王(六)──神より榮光と稜威を得し者
 (3) 神の子(七)──神の性質を有てる者
 (4) 諸の國の王(八)──對照ゼカリヤ四・十四、六・五(『全地の主』)、同十四・九(『全地の王』)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |