第廿二篇  題目 十字架の死



あけぼのの鹿の調しらべにあはせて伶長うたのかみにうたはしめたるダビデの歌

  1. わが神わが神なんぞわれをすてたまふや いかなれば遠くはなれてわれをすくはず わがなげきのこゑをきゝ給はざるか
  2. あゝわが神われ昼よばはれどもなんぢこたへたまはず よるよばはれどもわれ平安やすきをえず
  3. はあれイスラエルの讃美のなかにすみたまふものよなんぢはきよし
  4. われらの列祖おやたちはなんぢに依賴よりたのめり かれら依賴よりたのみたればこれを助けたまへり
  5. かれらなんぢをよびてたすけをえなんぢによりたのみて恥をおへることなかりき
  6. しかはあれどわれはむしにして人にあらず 世にそしられたみにいやしめらる
  7. すべてわれを見るものはわれをあざみわらひ口唇くちびるをそらしかうべをふりていふ
  8. かれはヱホバによりたのめりヱホバたすくべし ヱホバかれをよろこびたまふがゆゑにたすくべしと
  9. されどなんぢはわれを胎内はらのうちよりいだしたまへるものなり わが母のふところにありしとき既になんぢに依賴よりたのましめたまへり
  10. われうまれいでしよりなんぢにゆだねられたり わが母われをうみしときよりなんぢはわが神なり
  11. われに遠ざかりたまふなかれ 患難なやみちかづき又すくふものなければなり
  12. おほくの牡牛をうしわれをめぐりバシャンの力つよき牡牛をうしわれをかこめり
  13. かれらは口をあけてわれにむかひ物をかきさきほえうだくしゝのごとし
  14. われ水のごとくそゝぎいだされ わがもろもろの骨ははずれ わが心はらふのごとくなりて腹のうちにとけたり
  15. わが力はかわきて陶噐すゑもののくだけのごとく わが舌はあぎにひたつけり なんぢわれを死のちりにふさせたまへり
  16. そは犬われをめぐりあしきもののむれわれをかこみてわが手およびわが足をさしつらぬけり
  17. わが骨はことごとくかぞふるばかりになりぬ あしきもの目をとめてわれをみる
  18. かれらたがひにわがころもをわかちがしたぎをくじにす
  19. ヱホバよ遠くはなれたまふなかれ わが力よねがはくはとくきたりてわれをたすけたまへ
  20. わがたましひをつるぎより助けいだし わが生命いのちを犬のたけきいきほひよりのがれしめたまへ
  21. われをしゝの口また野牛のうしのつのより救ひいだしたまへ なんぢわれにこたへたまへり

  22. われなんぢのみなをわが兄弟はらからにのべつたへ なんぢをつどひのなかにてほめたゝへん
  23. ヱホバをおそるゝものよヱホバをほめたゝえよ ヤコブのもろもろのすゑよヱホバをあがめよ イスラエルのもろもろのすゑよヱホバをかしこ
  24. ヱホバはなやむるものの辛苦くるしみをかろしめすてたまはず これに聖顏みかほをおほふことなくしてその叫ぶときにきゝたまへばなり
  25. おほいなるつどひのなかにてわがなんぢをほめたゝふるはなんぢよりいづるなり わが誓ひしことはヱホバをおそるゝ者のまへにてことごとくつくのはん
  26. 謙遜者へりくだるものはくらひてあくことをえ ヱホバをたづねもとむるものはヱホバをほめたゝへん ねがはくはなんぢらの心とこしへにいきんことを
  27. 地のはては皆おもひいだしてヱホバに歸り もろもろの國のやからはみなみまへにふしをがむべし
  28. 國はヱホバのものなればなり ヱホバはもろもろの國人くにびとをすべをさめたまふ
  29. 地のこえたるものは皆くらひてヱホバををがみ ちりにくだるものとおのがたましひをながらふることあたはざるものと皆そのみまへに拜跪ひざまづかん
  30. たみのすゑのうちにヱホバにつかふる者あらん しゅのことは代々よゝにかたりつたへらるべし
  31. かれらきたりてはヱホバの行爲みわざなりとてその義をのちにうまるゝたみにのべつたへん

▲廿二篇廿三篇及び廿四篇の三つの詩篇を對照すれば以下の如し。
 廿二篇 は善き牧者が生命を捨つる事(ヨハネ十・十一)
 廿三篇 は大牧者が與ふる惠(ヘブル十三・廿)
 廿四篇 は大牧者の榮光(ペテロ前五・四)
  廿二篇 は主の
  廿三篇 は復活の主の惠
  廿四篇 は昇天せる主の榮光。
   廿二篇 は過去
   廿三篇 は現在
   廿四篇 は未來の事。
    廿二篇 はキリストが地獄の苦しみを忍び給ふ事
    廿三篇 はキリストが此世に働き給ふ事
    廿四篇 はキリストの天國に於ける御榮光。
▲廿二篇は格別に十字架に關係ある詩なり。主は此一節を十字架上にて叫び給へり。又最終の三十一節の『此はヱホバの行爲なり』は『ヱホバの事畢りぬ』と翻譯する事を得る言にて、主が十字架上にて『事畢りぬ』と宣ひしは多分此言を引き給へりと思はる。かく始の節と終の節を引き給へるが故に、多分此篇全體を十字架上にて祈り給へるならんと思はる。本篇は實に神が十字架上の主イエスの心の經驗を啓示し給へる記事にて、最も厳かなる言なり。
▲本篇の分解
 (一〜五)神に捨てらる
 (六〜十一)人に輕しめらる
 (十二〜廿一)惡魔に責めらる
 (廿二〜三十一)勝利
▲十二節より廿一節迄の一段に於て種々の譬記さる。
  牡牛(十二) 獅(十三)  犬(十六)  惡きもの(十六)
  犬(廿)  獅(廿一) 野牛(廿一)
 是等は皆惡魔の力又惡鬼を指す。
▲十四、十五、十六節に於て十字架上に於ける主の御身體の苦しみ記さる。
 脂汗流れ出づ──(十四始)『われ水のごとくそゝぎいだされ』
 骨外る──(十四中程)『わがもろもろの骨ははづれ』
 心臓の苦痛──(十四終)『わが心は蝋のごとくなりて腹のうちに鎔たり』
 衰弱──(十五始)『わが力はかわきて陶器のくだけのごとく』
 渇き──(十五中程)『わが舌は齶にひたつけり』
 手足刺さる──(十六終)『わが手およびわが足をさしつらぬけり』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |