第七十六篇  題目 神は勝利者なり



琴にあはせて伶長うたのかみにうたはしめたるアサフの歌なり 讃美なり

  1. 神はユダにしられたまへり そのみなはイスラエルにおほいなり
  2. またサレムのなかにその幕屋まくやあり その居所みすまひはシオンにあり
  3. 彼所かしこにてかれは弓の火矢ひやををりたてつるぎ戰陣いくさとをやぶりたまひき セラ
  4. なんぢ榮光あり かすめうばふ山よりもたふとし
  5. 心のつよきものはかすめらる かれらはねぶりにしづみいさましきものは皆そのを見うしなへり
  6. ヤコブの神よなんぢの叱咜しったによりて戰車いくさぐるまむまとともに深睡ふかきねぶりにつけり
  7. 神よなんぢこそおそるべきものなれ ひとたびいかりたまふときはたれかみまへにたちえんや
  8. なんぢ天より宣告せんこくをのりたまへり
  9. 地のへりくだる者をみなすくはんとて神のさばきにたちたまへるとき地はおそれてもだしたり セラ
  10. に人のいかりはなんぢをほむべし いかりのあまりはなんぢおのれのおびとしたまはん
  11. なんぢの神ヱホバにちかひをたててつくのへ そのまはりなるすべての者はおそるべきヱホバに禮物いやしろをさゝぐべし
  12. ヱホバはもろもろの諸侯きみたちのたましひをたちたまはん ヱホバは地の王たちのおそるべき者なり

 本篇は神がアッスリヤの王セナケリブと其軍隊を鏖殺(みなごろし)にし給へる時(列王紀下十九・三十五)に歌へる詩なり。靈的意味に於ては主イエスが十字架上に於て全き勝利を得給へる事に適合す。
▲本篇の要點
一、神は誰の爲に働き給ふや(一、二)
 1.神を知る者の爲──『神はユダにしられたまへり』
 2.神を崇むる者の爲──『その名はイスラエルに大なり』
 3.神に近づく者の爲──『またサレムの中にその幕屋あり』
 4.其御臨在を覚ゆる者の爲──『その居所はシオンにあり』
二、神の全き勝利(三〜六)──ロマ六・六『我らは知る、われらの舊き人、キリストと共に十字架につけられたるは、罪の體ほろびて、此ののち罪に事へざらん爲なるを』、コロサイ二・十四、十五『かつ我らを責むる規(のり)の證書、すなはち我らに逆ふ證書を塗抹(ぬりけ)し、これを中間より取り去りて十字架につけ、政治(まつりごと)と權威とを褫(は)ぎて之を公然(おほやけ)に示し、十字架によりて凱旋し給へり』對照。
三、神を畏れざる可らざる事(七〜十)
四、神に獻身すべき事(十一、十二)
▲本篇に『懼るべき』(feared; または『おそれて』)という語(ことば)四度出づ。
 七節始──『神よなんぢこそ懼るべきものなれ』
 九節終──『神のさばきに立たまへるとき地はおそれて黙したり』
 十一節終──『すべての者はおそるべきヱホバに禮物をさゝぐべし』
 十二節終──『ヱホバは地の王たちのおそるべき者なり』
 聖靈は此短き本篇に四度も此語を宣ふが故に、我等此各々の語に注意し、我等も神を畏るべきなり。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |