新約全書 使徒パウロ ロマびとおくれるふみ

第 六 章



  1. しからば我儕われらなにいはんや めぐみまさために罪にをるべき
  2. しから我儕われら罪においしにし者なるにいかでなほ其中そのうちおいいきんや
  3. イエスキリストにあはんとてバプテスマをうけし者はすなはその死にあはんとてこれうけしなるを爾曹なんぢらしらざる
  4. ゆゑ我儕われらその死にあふバプテスマによりて彼とともはうむらるゝはキリスト父のさかえよりて死よりよみがへされし如く我儕われらあたらし生命いのちあゆむべきためなり
  5. もしわれら彼の死のさまひとしからばまたかれの復生よみがへりにもひとしかるべし
  6. 我儕われら舊人ふるきひとかれとともに十字架につけらるゝは罪の身すたりて今より罪につかへざるがためなるを我儕われらしる
  7. そはしにし者は罪よりゆるさるればなり
  8. 我儕われらもしキリストとともしなば又彼とともいきん事を信ず
  9. キリスト死よりよみがへりてまたしなず 死もまた彼にしゅとならざるをしれ
  10. これそのしにしは罪について一次ひとたびしにしなり そのいくるは神についていくるなり
  11. 如此かくなんぢらも我儕われらしゅイエスキリストにより罪についてはみづかしぬる者また神についてはいける者なりとおもふべし
  12. 是故このゆゑ爾曹なんぢら罪をしぬべき肉體に王たらしめてその慾にしたがなか
  13. また爾曹なんぢら肢體したいを不義のうつはとなして罪にさゝぐることなかれ 死よりよみがへりし者の如くおのれを神にさゝげまた肢體したいを義のうつはとなして神につかふべし
  14. そはなんぢらめぐみしたあり律法おきてしたあらざれば罪は爾曹なんぢらしゅとなることなければなり
  15. しからば如何いかん 我等われらめぐみしたあり律法おきてしたあらざるがゆゑに罪を犯すべきか しから
  16. なんぢら身を獻げしもべとなりたれに從ふともその從ふ所のしもべたるをしらざるか あるひは罪のしもべとならば死に及び あるひじゅんしもべとならば義に及ばん
  17. しかれどもわれ神に感謝す 爾曹なんぢらもと罪のしもべたりしかど今は既にさづけられし所のをしへのりに心よりしたがひて
  18. 罪よりゆるされ義のしもべとなればなり
  19. われいま人のことかりいへるは爾曹なんぢらが肉體よわきゆゑなり 爾曹なんぢらその肢體したいさゝげ汚穢けがれと惡のしもべとなり惡に至りし如く今またその肢體したいをさゝげ義のしもべとなりて聖潔きよきに至るべし
  20. そはなんぢら罪のしもべなりし時には義につかへざればなり
  21. 爾曹なんぢらいまはづる所のことを行ひしそのときなにを得たりしや 此等これらのことのはては死なり
  22. されど今罪よりゆるされて神のしもべとなりたれば聖潔きよきに至るのを得たり かつそのはて永生かぎりなきいのちなり
  23. 罪のあたひは死なり 神のたまもの我儕われらしゅイエスキリストにおいたまはる永生かぎりなきいのちなり


| 新約全書目次 | 羅 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |