第八十四篇  題目 三つの幸福



  1. ギデトの琴にあはせて伶長にうたはしめたるコラの子のうた
    萬軍のヱホバよなんぢの帷幄(あげばり)はいかに愛すべきかな
  2. わが靈魂(たましひ)はたえいるばかりにヱホバの大庭をしたひ わが心わが身はいける神にむかひて呼(よば)ふ
  3. 誠やすゞめは窩(やどり)をえ燕子(つばくらめ)はその雛をいるる巢をえたり 萬軍のヱホバわが王わが神よ これなんぢの祭壇なり
  4. なんぢの家にすむものは福(さいは)ひなり かゝる人はつねに汝をたゝへまつらん セラ
  5. その力なんぢにあり その心シオンの大路にある者はさいはひなり
  6. かれらは淚の谷をすぐれども其處をおほくの泉あるところとなす また前の雨はもろもろの惠をもて之をおほへり
  7. かれらは力より力にすゝみ遂におのおのシオンにいたりて神にまみゆ
  8. ばんぐんの神ヱホバよわが祈をきゝたまへ ヤコブの神よ耳をかたぶけたまへ セラ
  9. われらの盾なる神よ みそなはしてなんぢの受膏者の顏をかへりみたまへ
  10. なんぢの大庭にすまふ一日は千日にもまされり われは惡の幕屋にをらんよりは 寧ろわが神のいへの門守とならんことを欲(ねが)ふなり
  11. そは神ヱホバは日なり盾なり ヱホバは恩(おん)とえいくわうとをあたへ直くあゆむものに善物(よきもの)をこばみたまふことなし
  12. 萬軍のヱホバよなんぢに依賴むものはさいはひなり

 四節と七節の終にセラ(止まって考へよの意)あり。即ち是によりて本篇を三つに區分するを得。又此三つの區分の各部に『幸福(さいはひ)なり』といふ言あり(四、五、十二)。此三つの『幸福なり』は其各部分の主意を示すものとして見るべし。而して此三つの幸福はいづれもペンテコステの幸福なり。ペンテコステの恩惠(めぐみ)を受けて斯る幸福を實驗する也。
第一段(一〜四)の主意は
  『なんぢの家にすむものは福ひなり』(四)
 是は新約の光を以て見ればヨハネ傳十五章にある如く『キリストに居る事』なり。
第二段(五〜八)の主意は
  『その力なんぢにあり その心シオンの大路にある者はさいはひなり』(五)
 即ち神にありて力を有し又斷えず心中に天國の榮を有する者の幸福なり。ペンテコステの惠を受けて斯るものとなる也。
第三段(九〜十二)の主意は
  『萬軍のヱホバよなんぢに依賴むものはさいはひなり』(十二)
 即ち信仰の人は幸福なり。ペンテコステの經驗によりて格別に信仰を抱く事を得る也。
▲七節に『かれらは力より力にすゝみ』とあり。是に就て以下の引照を見よ。
 力より力に進む──詩八十四・七『かれらは力より力にすゝみ遂におのおのシオンにいたりて神にまみゆ』
 光より光に進む──箴言四・十八『義者(たゞしきもの)の途(みち)は旭光(あさひ)のごとし いよいよ光輝(かゞやき)をまして昼の正午(もなか)にいたる』
 惠より惠に進む──ヨハネ一・十六『我らは皆その充ち滿ちたる中(うち)より受けて、恩惠に恩惠を加へらる』
 榮より榮に進む──コリント後書三・十八『我等はみな面帕(かほおほひ)なくして鏡に映るごとく、主の榮光を見、榮光より榮光にすすみ、主たる御靈によりて主と同じ像(かたち)に化するなり』
我等此四つの引照に從ひ愈々進む者たるべし。
▲十一節に於て以下の事を見よ。
一、神は何なりや──『そは神ヱホバは日なり盾なり』
 即ち我等信者の心のに在す光にして、又にありてサタンの攻擊を防ぐ盾となり給ふなり。
二、神は何を與へ給ふや──『ヱホバは恩とえいくわうとをあたへ』
 即ち現在に於ては恩惠を、來世に於ては榮光を與へ給ふ也。人の與ふる葡萄酒、世の賜は段々惡くなるも神の賜は之に反して段々善くなる也(ヨハネ二・十參照『おほよそ人は先(まづ)よき葡萄酒を出し、醉のまはる頃ほひ劣れるものを出すに、汝はよき葡萄酒を今まで留め置きたり』)
三、神は何を約束し給ふや──『直くあゆむものに善物をこばみたまふことなし』
 即ち神は彼に從ふ者に凡ての善き賜と惠を自由に與へ給ふ也。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |