新 約 全 書 約 翰よはね 傳 福 音 書

第 一 章



  1. 太初はじめことばあり ことばは神とともにあり ことばすなはち神なり
  2. このことば太初はじめに神とともあり
  3. 萬物よろづのものこれによりつくらる つくられたる者にひとつとしてこれらでつくられしはなし
  4. これいのちあり このいのちは人の光なり
  5. 光はくらきに照りくらきこれさとらざりき

  6. さてこゝに神のつかはし給へるヨハネといへる者あり
  7. そのきたりしはあかしためなり すなはち光につきあかしなしすべての人をしておのれよりて信ぜしめんがためなり
  8. 彼は光にあらず 光についあかしなさためきたれり
  9. それすべての人をてらまことの光は世にきたれり
  10. かれ世にあり 世は彼につくられたるに世はこれをしら
  11. かれおのれの國にきたりしにその民これをうけざりき
  12. 彼をうけその名を信ぜし者にはちからたまひてこれを神の子となせ
  13. かゝる人は血脈ちすぢよるあらず情慾によるあらず人のこゝろよるあらたゞ神によりうまれしなり
  14. それことば肉體となり我儕われらうちやどれり 我儕われらそのさかえみるまことに父のうみたまへる獨子ひとりごさかえにして恩寵めぐみ眞理まことみて

  15. ヨハネこれあかしなしよびいひけるは われさきにわれおくきたらん者はわれよりまされる者なり そはわれより先にありし者なればなりいひしはこの人なり
  16. 我儕われらみな彼に充滿みちたる其中そのうちよりうけ恩寵めぐみ恩寵めぐみくはへらる
  17. 律法おきてはモーセによりつたは恩寵めぐみ眞理まことはイエスキリストによりきたれり
  18. いまだ神を見し人あらず たゞうみ給へる獨子ひとりごすなはち父のふところある者のみこれあらはせり

  19. ユダヤびと 祭司とレビの人をヱルサレムよりヨハネのもとつかはなんぢたれぞととはしめけるときあかしせることの如し
  20. かれかくところなく言顯いひあらはして われはキリストにあらずとあきらかにいへ
  21. またとひけるは さらなんぢたれぞ エリヤなるか いなと答ふ 又なんぢはの預言者なるとひしに しからずとこたへたり
  22. こゝおいて彼等またとひけるは なんぢたれなるか 我儕われらつかはしゝ者に我儕われらこたへなし得るやう我儕われらつげなんぢみづから如何いかいふ
  23. ヨハネいひけるは われすなはしゅみちなほくせよとよべる人の聲なり 預言者イザヤのいへるが如し
  24. そのつかはされたる人々はパリサイの人なりき
  25. 彼等又ヨハネにとふいひけるは さらなんぢはキリストにあらずエリヤにあらの預言者にもあらずしてなんぞバプテスマを施すや
  26. ヨハネこたへいひけるは われは水をもってバプテスマを授く され爾曹なんぢらしらざる所のもの一人爾曹なんぢらうちたて
  27. われおくきたりてわれまされる者とはこれなり われそのくつひもとくにもたらざる者なり
  28. この事はヨハネのバプテスマを施しゝヨルダンのむかふなるベタニヤにてありなり

  29. 明日あくるひヨハネ イエスのおのれきたるを見ていひけるは 世の罪をふ神のこひつじ
  30. われおくきたらん者はわれよりまされる者なり そはわれより以前さきありし者なればなりわがいひしはこの人なり
  31. われもとよりこの人をしらされわがきたりて水にてバプテスマを施すは彼をイスラエルの民にあらはさんがためなり
  32. ヨハネまたあかししていひけるは われみたま鴿はとの如くてんよりくだりてその上にとゞまれるを見たり
  33. われは彼をしらざれどわれつかはし水にてバプテスマを施さしめし者われにいひけるは なんぢみたまくだりてその上にとゞまるを見ん 彼は聖靈をてバプテスマをなす者なり
  34. われこれを見てその神の子たるをあかしせり
  35. 明日あくるひまたヨハネ二人の弟子とともたち
  36. イエスのあるくを見て 神のこひつじよといふ
  37. 如此かくいへるを弟子きゝてイエスに從ひゆけ
  38. イエス彼等の從へるを回顧かへりみ爾曹なんぢらなにをもとむるやと彼等にとふ こたへて ラビ 何處いづこやどるやといふ ラビをとけば師といふの義なり
  39. イエス彼等に きたよといひたまひければついゆきそのやどり給ふところを見てこの日ともにやどれり 時はひるの四時ごろなりき
  40. ヨハネのいひこときゝてイエスに從へる二人の者のその一人はシモンペテロの兄弟アンデレなり
  41. かれまづその兄弟シモンにあひいひけるは 我儕われらメッシヤにあへり メッシヤをとけばキリストなり
  42. すなはち彼をイエスに携往つれゆきしにイエスこれいひけるは なんぢはヨナの子シモンなり なんぢはケパととなへらるべし ケパをとけばペテロなり

  43. 明日あくるひイエス ガリラヤにゆかんとしてピリポにあひ われに從へといへ
  44. ピリポはアンデレとペテロのすめるベテサイダといへまちの人なり
  45. ピリポ ナタナエルにあひいひけるは 我儕われら律法おきてうちにモーセがのせたるところ 預言者たちしるしゝ所の者にあへすなはちヨセフの子ナザレのイエスなり
  46. ナタナエルいひけるは ナザレよりなに善者よきものいでん ピリポ彼にいひけるは きたり
  47. イエス ナタナエルのおのもときたるを見かれをさしいひけるは まことのイスラエルの人にしてその跪譎いつはりなき者ぞ
  48. ナタナエル イエスにいひけるは 如何いかにしてわれしりたまふ イエスこれこたへいひけるは ピリポがなんぢよばざる先に無花果樹いちじくしたなんぢをれるを見たり
  49. ナタナエルこたへいひけるは ラビ なんぢは神の子なり なんぢはイスラエルの王なり
  50. イエスこたへいひけるは なんぢ無花果樹いちじくしたをれるをわが見しといへるによりなんぢ信ずるか これよりもおほいなる事をなんぢみるべし
  51. 又いひけるはわれまことにまこと爾曹なんぢらつげん 天ひらけて神の使等つかひたち人の子の上に陟降のぼりくだりするを見ん


| 新約全書目次 | 約 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
| 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 總目次 |