新 約 全 書 約 翰よはね 傳 福 音 書

第 二 章



  1. 第三日みっかめにガリラヤのカナにて婚筵こんえんありしがイエスの母もこゝをれ
  2. イエスとその弟子も婚筵こんえんまねか
  3. 葡萄酒ぶだうしゅつきければ母イエスにいひけるは 彼等に葡萄酒ぶだうしゅなし
  4. イエス彼にいひけるは をんななんぢわれなにかゝはりあらんや わが時はいまいたら
  5. その母僕等しもべどもむかひて彼が爾曹なんぢらに命ずる所の事をよといひおけり
  6. ユダヤびときよめれいに從ひて四五斗しごといり石甍いしがめむつかしこにそなへありしが
  7. イエス僕等しもべどもに水をかめ滿みたせよといひければ彼等口まで滿みたせたり
  8. 又これを今挹取くみとりもちゆきふるまひつかさどる者にわたせといひければ彼等わたせり
  9. ふるまひゆかさどる者酒にかはりし水をなめその何處いづこよりきたりしをしらされど水をくみしもべしれ
  10. ふるまひつかさどる者新郞はなむこよびて彼にいひけるは おほよそ人はまづ旨酒よきさけいだし酒たけなはなるにおよび魯酒あしきさけいだすなんぢ旨酒よきさけを今までとゞめおけり
  11. この事をイエスがガリラヤのカナにてなせるは休徵しるしはじめにしてそのさかえあらはせり 弟子かれを信ず

  12. 此後このゝちイエスその母兄弟および弟子たちカペナウンにくだ其處そのところをることひさしからずして
  13. ユダヤびと逾越節すぎこしのいはひちかづきければイエス ヱルサレムにのぼ
  14. 殿みやにて牛羊鴿はとうる者と兌銀りゃうがへする者のせるとを見
  15. なはをもてむちをつくり彼等および羊牛を殿みやより逐出おひいだ兌銀りゃうがへする者のかねちらそのだいを倒し
  16. 鴿はとうる者にいひけるは この物をとりゆけ わが父のいへ貿易あきなひの家とするなか
  17. 弟子たちなんぢのいへために熱心われをくらはんとしるされたるを憶起おもひいだせり
  18. こゝにユダヤびとこたへてイエスにいひけるは なんぢこれらの事をなすからには我儕われらなに休徵しるしみするや
  19. イエスこたへ爾曹なんぢらこの殿みやこぼわれ三日にてこれたてんといひければ
  20. ユダヤびといひけるは この殿みやたつるには四十六しじふろく年をしになんぢ三日にてこれたつるか
  21. イエスの如此かくいへるはそのからだ殿みやさせるなり
  22. 死よりよみがへり給へるのち弟子たちイエスのこの事をかたりしを憶起おもひいだし聖書と彼のいひことばを信ぜり
  23. さてイエス逾越節すぎこしのいはひにヱルサレムにありしにおほくの人かれのなし休徵しるしを見てその名を信ぜり
  24. イエス自己みづからを彼等にまかせそはすべての人をしり
  25. また人の心のうちしるゆゑに人についてあかしたつる者をもとめざればなり


| 新約全書目次 | 約 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
| 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 總目次 |