第八十九篇  題目 三つの幸福



  1. エズラ人エタンのをしへの歌
    われヱホバの憐憫(あはれみ)をとこしへにうたはん われ口をもてヱホバの眞實(まこと)をよろづ代につげしらせん
  2. われいふ あはれみは永遠(とこしへ)にたてらる 汝はその眞實をかたく天にさだめたまはんと
  3. われわが撰びたるものと契約をむすびわが僕ダビデにちかひたり
  4. われなんぢの裔をとこしへに固うし なんぢの座位(くらゐ)をたてて代々におよばしめん セラ
  5. ヱホバよもろもろの天はなんぢの奇しき事跡(みわざ)をほめん なんぢの眞實もまた潔(きよ)きものの會(つどひ)にてほめらるべし
  6. 蒼天(おほぞら)にてたれかヱホバに類ふものあらんや 神の子のなかに誰かヱホバのごとき者あらんや
  7. 神はきよきものの公會のなかにて畏むべきものなり その四周(まはり)にあるすべての者にまさりて懼るべきものなり
  8. 萬軍の神ヱホバよヤハよ汝のごとく大能あるものは誰ぞや なんぢの眞實はなんぢをめぐりたり
  9. なんぢ海のあるゝををさめ その浪のたちあがらんときは之をしづめたまふなり
  10. なんぢラハブを殺されしもののごとく擊碎きおのれの仇どもを力ある腕(みうで)をもて打散したまへり
  11. もろもろの天はなんぢのもの地もまた汝のものなり 世界とその中にみつるものとはなんぢの基(もとゐ)したまへるなり
  12. 北と南はなんぢ造りたまへり タボル、ヘルモンはなんぢの名(みな)によりて歡びよばふ
  13. なんぢは大能のみうでをもちたまふ なんぢの手(みて)はつよく汝のみぎの手はたかし
  14. 義と公平はなんぢの寶座(みくら)のもとゐなり あはれみと眞實とは聖顏(みかほ)のまへにあらはれゆく
  15. よろこびの音をしる民はさいはひなり ヱホバよかれらはみかほの光のなかをあゆめり
  16. かれらは名によりて終日(ひねもす)よろこび 汝の義によりて高くあげられたり
  17. かれらの力の榮光はなんぢなり 汝の惠によりてわれらの角はたかくあげられん
  18. そはわれらの盾はヱホバに屬(つき)われらの王はイスラエルの聖者につけり
  19. そのとき異象(まぼろし)をもてなんぢの聖徒につげたまはく われ佑助(たすけ)をちからあるものに委ねたり わが民のなかより一人をえらびて高くあげたり
  20. われわが僕ダビデをえて之にわが聖膏(きよきあぶら)をそゝげり
  21. わが手はかれとともに堅くわが臂(かひな)はかれを强くせん
  22. 仇かれをしへたぐることなし 惡の子かれを苦しむることなからん
  23. われかれの前にそのもろもろの敵をたふし彼をにくめるものを擊ん
  24. されどわが眞實とわが憐憫とはダビデとともに居り わが名によりてその角はたかくあげられん
  25. われ亦かれの手を海のうへにおき そのみぎの手を河のうへにおかん
  26. ダビデ我にむかひて汝はわが父わが神わがすくひの岩なりとよばん
  27. われまた彼をわが初子(うひご)となし地の王たちのうち最(いと)もたかき者となさん
  28. われとこしへに憐憫をかれがためにたもち 之とたてし契約はかはることなかるべし
  29. われまたその裔をとこしへに存(ながら)へ そのくらゐを天の日數(ひかず)のごとくながらへしめん
  30. もしその子わが法(のり)をはなれ わが審判(さばき)にしたがひて步まず
  31. わが律法(おきて)をやぶりわが誡命(いましめ)をまもらずば
  32. われ杖をもてわれらの愆をたゞし鞭をもてその邪曲(よこしま)をたゞすべし
  33. されど彼よりわが憐憫をことごとくはとりさらず わが眞實をおとろへしむることなからん
  34. われおのれの契約をやぶらず己のくちびるより出(いで)しことをかへじ
  35. われ曩(さき)にわが聖(きよき)をさして誓へり われダビデに虛偽(いつはり)をいはじ
  36. その裔はとこしへにつゞき その座位は日のごとく恒にわが前にあらん
  37. また月のごとく永遠にたてられん 空にある證人(あかしびと)はまことなり セラ
  38. されどその受膏者をとほざけて棄たまへり なんぢ之をいきどほりたまへり
  39. なんぢ己がしもべの契約をいみ 其かんむりをけがして地にまでおとし給へり
  40. またその垣をことごとく倒し その保砦(とりで)をあれすたれしめたまへり
  41. その道をすぐるすべての者にかすめられ隣人にのゝしらる
  42. なんぢかれが敵のみぎの手をたかく擧(あげ)そのもろもろの仇をよろこばしめたまへり
  43. なんぢかれの劍の刃をふりかえして戰鬪(たゝかひ)にたつに堪へざらしめたまひき
  44. またその光輝(かゞやき)をけしその座位を地になげおとし
  45. その年若き日をちゞめ恥をそのうへに覆たまへり セラ
  46. ヱホバよかくて幾何時(いくそのとき)をへたまふや 自己(みづから)をとこしへに隱したまふや 忿怒(みいかり)は火のもゆるごとくなるべきか
  47. ねがはくはわが時のいかに短かきかを思ひたまへ 汝いたづらにすべての人の子をつくりたまはんや
  48. 誰かいきて死をみず又おのがたましひを陰府(よみ)より救ひうるものあらんや セラ
  49. 主よなんぢが眞實をもてダビデに誓ひたまへる昔日(むかし)のあはれみはいづこにありや
  50. 主よねがはくはなんぢの僕のうくる謗をみこゝろにとめたまへ
  51. ヱホバよ汝のもろもろの仇はわれをそしりなんぢの受膏者のあしあとをそしれり 我もろもろの民のそしりをわが懷中(ふところ)にいだく
  52. ヱホバは永遠にほむべきかな アーメン アーメン

 本篇に『憐憫』又『眞實』といふ語(ことば)度々出づ。
 一節 憐憫 眞實  |  八 節    眞實  |  廿八節 憐憫
 二節 憐憫 眞實  |  十四節 憐憫 眞實  |  三十三節 憐憫 眞實
 五節    眞實  |  廿四節 憐憫 眞實  |  四十九節 憐憫 眞實
 故に此二つの語は本篇に於て大切なる語なり。神は常に此二つを一緖に表し給ふ。其憐憫の故に我等の罪を赦し、又其眞實によりて約束を必ず成就し給ふ。
▲本篇の大別
 (一〜三十七)過去に於る神の御業を語る
 (三十八〜五十に)現在の狀態を述べ、又神の約束を論じて今恩惠(めぐみ)を注がれんことを要求す
▲十九〜廿七節を格別に注意して讀むべし。此処にダビデの事記さるゝも此(こ)は他の救主即ち主イエスの雛型と預言なり。以下の七つの要點を見よ。
一、救主は力ある者也(十九中程)──『われ佑助をちからあるものに委ねたり』(マタイ廿八・十八對照『イエス進みきたり、彼らに語りて言ひたまふ「我は天にても地にても一切(すべて)の權を與へられたり」』)
二、救主は民の中より撰ばれたる者也(十九終)──『わが民のなかより一人をえらびて高くあげたり』(ヨハネ一・十八對照『未だ神を見し者なし、ただ父の懷裡(ふところ)にいます獨子の神のみ之を顯し給へり』)
三、救主は神の聖旨(みこゝろ)に適ふ者也(廿)──『われわが僕‥‥‥をえて』(ヨハネ八・廿九對照『我を遣し給ひし者は、我とともに在す。我つねに御意(みこゝろ)に適ふことを行ふによりて、我を獨(ひとり)おき給はず』)
四、救主は神より膏注がれし者也(廿終)──『之にわが聖膏をそゝげり』(使徒十・三十八對照『これは神が聖靈と能力(ちから)とを注ぎ給ひしナザレのイエスの事にして、彼は徧くめぐりて善き事をおこなひ、凡て惡魔に制せらるる者を醫(いや)せり、神これと偕に在したればなり』)
五、救主は神偕に在して强くし給へる者也(廿一)──『わが手はかれとともに堅くわが臂はかれを强くせん』(ヨハネ十四・十對照『我の父に居り、父の我に居給ふことを信ぜぬか。わが汝等にいふ言は己によりて語るにあらず、父われに在して御業をおこなひ給ふなり』)
六、救主は神の初子也(廿七始)──『われまた彼をわが初子となし』(ヨハネ一・十四對照『言は肉體となりて我らの中(うち)に宿りたまへり、我らその榮光を見たり、實(げ)に父の獨子(ひとりご)の榮光にして恩惠(めぐみ)と眞理(まこと)とにて滿てり』)
七、救主は諸王の王也(廿七終)──『地の王たちのうち最もたかき者となさん』(黙示録十九・十六對照『その衣と股(もゝ)とに「王の王、主の主」と記せる名あり』)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |