第八十九篇  題目 三つの幸福



エズラびとエタンのをしへの歌

  1. われヱホバの憐憫あはれみをとこしへにうたはん われ口をもてヱホバの眞實まことをよろづにつげしらせん
  2. われいふ あはれみは永遠とこしへにたてらる なんぢはその眞實まことをかたく天にさだめたまはんと

  3. われわがえらびたるものと契約をむすびわがしもべダビデにちかひたり
  4. われなんぢのすゑをとこしへにかたうしなんぢの座位くらゐをたてて代々よゝにおよばしめん セラ
  5. ヱホバよもろもろの天はなんぢのくすしき事跡みわざをほめん なんぢの眞實まこともまたきよきもののつどひにてほめらるべし
  6. 蒼天おほぞらにてたれかヱホバにたぐふものあらんや 神の子のなかにたれかヱホバのごとき者あらんや
  7. 神はきよきものの公會こうくゎいのなかにてかしこむべきものなり その四周まはりにあるすべての者にまさりておそるべきものなり
  8. 萬軍ばんぐんの神ヱホバよヤハよなんぢのごとく大能たいのうあるものはたれぞや なんぢの眞實まことはなんぢをめぐりたり
  9. なんぢ海のあるゝををさめ そのなみのたちあがらんときはこれをしづめたまふなり
  10. なんぢラハブを殺されしもののごとく擊碎うちくだきおのれのあたどもを力あるみうでをもて打散うちちらしたまへり
  11. もろもろの天はなんぢのもの地もまたなんぢのものなり 世界とそのなかにみつるものとはなんぢのもとゐしたまへるなり
  12. 北と南はなんぢ造りたまへり タボル、ヘルモンはなんぢのみなによりてよろこびよばふ
  13. なんぢは大能たいのうのみうでをもちたまふ なんぢのみてはつよくなんぢのみぎのみてはたかし
  14. 義と公平はなんぢの寶座みくらのもとゐなり あはれみと眞實まこととは聖顏みかほのまへにあらはれゆく
  15. よろこびのおとをしるたみはさいはひなり ヱホバよかれらはみかほの光のなかをあゆめり
  16. かれらはみなによりて終日ひねもすよろこび なんぢの義によりて高くあげられたり
  17. かれらの力の榮光はなんぢなり なんぢめぐみによりてわれらのつのはたかくあげられん
  18. そはわれらのたてはヱホバにつきわれらの王はイスラエルの聖者せいじゃにつけり

  19. そのとき異象まぼろしをもてなんぢの聖徒せいとにつげたまはく われ佑助たすけをちからあるものにゆだねたり わがたみのなかより一人をえらびて高くあげたり
  20. われわがしもべダビデをえてこれにわが聖膏きよきあぶらをそゝげり
  21. わがはかれとともにかたくわがかひなはかれを强くせん
  22. あたかれをしへたぐることなし 惡の子かれを苦しむることなからん
  23. われかれの前にそのもろもろのてきをたふし彼をにくめるものをうた
  24. されどわが眞實まこととわが憐憫あはれみとはダビデとともにり わがによりてそのつのはたかくあげられん
  25. われまたかれの手を海のうへにおき そのみぎの手をかはのうへにおかん
  26. ダビデわれにむかひてなんぢはわが父わが神わがすくひの岩なりとよばん
  27. われまた彼をわが初子うひごとなし地の王たちのうちいともたかき者となさん
  28. われとこしへに憐憫あはれみをかれがためにたもち これとたてし契約はかはることなかるべし
  29. われまたそのすゑをとこしへにながらへ そのくらゐを天の日數ひかずのごとくながらへしめん
  30. もしその子わがのりをはなれ わが審判さばきにしたがひて步まず
  31. わが律法おきてをやぶりわが誡命いましめをまもらずば
  32. われつゑをもてかれらのとがをたゞしむちをもてその邪曲よこしまをたゞすべし
  33. されど彼よりわが憐憫あはれみをことごとくはとりさらず わが眞實まことをおとろへしむることなからん
  34. われおのれの契約をやぶらずおのれのくちびるよりいでしことをかへじ
  35. われさきにわがきよきをさして誓へり われダビデに虛偽いつはりをいはじ
  36. そのすゑはとこしへにつゞき その座位くらゐは日のごとくつねにわが前にあらん
  37. また月のごとく永遠とこしへにたてられん そらにある證人あかしびとはまことなり セラ

  38. されどその受膏者じゅかうじゃをとほざけてすてたまへり なんぢこれをいきどほりたまへり
  39. なんぢおのがしもべの契約をいみ そのかんむりをけがして地にまでおとし給へり
  40. またそのかきをことごとくたふし その保砦とりでをあれすたれしめたまへり
  41. その道をすぐるすべての者にかすめられ隣人となりびとにのゝしらる
  42. なんぢかれがてきのみぎの手をたかくあげそのもろもろのあたをよろこばしめたまへり
  43. なんぢかれのつるぎの刃をふりかえして戰鬪たゝかひにたつにへざらしめたまひき
  44. またその光輝かゞやきをけしその座位くらゐを地になげおとし
  45. その年若としわかき日をちゞめ恥をそのうへにおほひたまへり セラ
  46. ヱホバよかくて幾何時いくそのときをへたまふや 自己みづからをとこしへに隱したまふや 忿怒みいかりは火のもゆるごとくなるべきか
  47. ねがはくはわが時のいかにみぢかきかを思ひたまへ なんぢいたづらにすべての人の子をつくりたまはんや
  48. たれかいきて死をみず又おのがたましひを陰府よみより救ひうるものあらんや セラ
  49. しゅよなんぢが眞實まことをもてダビデに誓ひたまへる昔日むかしのあはれみはいづこにありや
  50. しゅよねがはくはなんぢのしもべのうくるそしりをみこゝろにとめたまへ
  51. ヱホバよなんぢのもろもろのあたはわれをそしりなんぢの受膏者じゅかうじゃのあしあとをそしれり われもろもろのたみのそしりをわが懷中ふところにいだく

  52. ヱホバは永遠とこしへにほむべきかな アーメン アーメン

 本篇に『憐憫』又『眞實』といふ語(ことば)度々出づ。
 一節 憐憫 眞實  |  八 節    眞實  |  廿八節 憐憫
 二節 憐憫 眞實  |  十四節 憐憫 眞實  |  三十三節 憐憫 眞實
 五節    眞實  |  廿四節 憐憫 眞實  |  四十九節 憐憫 眞實
 故に此二つの語は本篇に於て大切なる語なり。神は常に此二つを一緖に表し給ふ。其憐憫の故に我等の罪を赦し、又其眞實によりて約束を必ず成就し給ふ。
▲本篇の大別
 (一〜三十七)過去に於る神の御業を語る
 (三十八〜五十に)現在の狀態を述べ、又神の約束を論じて今恩惠(めぐみ)を注がれんことを要求す
▲十九〜廿七節を格別に注意して讀むべし。此処にダビデの事記さるゝも此(こ)は他の救主即ち主イエスの雛型と預言なり。以下の七つの要點を見よ。
一、救主は力ある者也(十九中程)──『われ佑助をちからあるものに委ねたり』(マタイ廿八・十八對照『イエス進みきたり、彼らに語りて言ひたまふ「我は天にても地にても一切(すべて)の權を與へられたり」』)
二、救主は民の中より撰ばれたる者也(十九終)──『わが民のなかより一人をえらびて高くあげたり』(ヨハネ一・十八對照『未だ神を見し者なし、ただ父の懷裡(ふところ)にいます獨子の神のみ之を顯し給へり』)
三、救主は神の聖旨(みこゝろ)に適ふ者也(廿)──『われわが僕‥‥‥をえて』(ヨハネ八・廿九對照『我を遣し給ひし者は、我とともに在す。我つねに御意(みこゝろ)に適ふことを行ふによりて、我を獨(ひとり)おき給はず』)
四、救主は神より膏注がれし者也(廿終)──『之にわが聖膏をそゝげり』(使徒十・三十八對照『これは神が聖靈と能力(ちから)とを注ぎ給ひしナザレのイエスの事にして、彼は徧くめぐりて善き事をおこなひ、凡て惡魔に制せらるる者を醫(いや)せり、神これと偕に在したればなり』)
五、救主は神偕に在して强くし給へる者也(廿一)──『わが手はかれとともに堅くわが臂はかれを强くせん』(ヨハネ十四・十對照『我の父に居り、父の我に居給ふことを信ぜぬか。わが汝等にいふ言は己によりて語るにあらず、父われに在して御業をおこなひ給ふなり』)
六、救主は神の初子也(廿七始)──『われまた彼をわが初子となし』(ヨハネ一・十四對照『言は肉體となりて我らの中(うち)に宿りたまへり、我らその榮光を見たり、實(げ)に父の獨子(ひとりご)の榮光にして恩惠(めぐみ)と眞理(まこと)とにて滿てり』)
七、救主は諸王の王也(廿七終)──『地の王たちのうち最もたかき者となさん』(黙示録十九・十六對照『その衣と股(もゝ)とに「王の王、主の主」と記せる名あり』)



| 目次 | 緖言 | 總目次 |