新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 十 章



  1. カイザリヤにイタリヤ隊ととなふる組の百夫ひゃくにんかしらにてコルネリヲといへる人あり
  2. 彼は信心の深き者にてそのすべての家族とともに神をうやまひ民におほく施濟ほどこしをなしつねに神に祈禱いのりせり
  3. ひるの三時ごろまぼろしの如く神の使者つかひきたりてコルネリヲよといへるをあきらかにみる
  4. かれ目をとめこれを見ておそれいひけるは しゅ何事なにごとなるや 天使つかひかれにいひけるは なんぢ祈禱いのりなんぢの施濟ほどこしすでにのぼりて神の前に記置とめおかれたり
  5. いま人をヨツパへつかはしペテロといふシモンをよべ
  6. 彼は皮工かはなめしシモンの所にやどれり その家は海濱うみべあり
  7. コルネリヲに語れる天使つかひさりしのちかれそのしもべ二人とつねおのれつかふる信心の深き兵卒をよび
  8. この事をくはしつげてヨツパにつかはす

  9. 彼等ゆきて次日つぎのひそのまちちかづける時ペテロ祈禱いのりのため屋上やねのぼれり 時はおほよそ十二時なりし
  10. いたうえしょくせんとおもひしが人の食物しょくもつとゝのふうちかれ氣をうしなへる心地こゝちして
  11. 天ひらけ器物うつはものくだれるを見る おほいなる布の如く四角よすみむすびて地に縋下つりおろされたり
  12. 其中そのなかすべて地の四足よつあしけもの 昆蟲はふものおよびそらの鳥あり
  13. かつ聲ありて彼にいひけるは ペテロよ たちこれを殺ししょくせよ
  14. ペテロこたへけるは しゅよからじ われいまだけがれたる物ときよからざる物をしょくせしことなし
  15. 聲ふたゝびありて彼にいひけるは 神のきよめたる物をなんぢきよからずとするなかれ
  16. かくごときこと三次みたび たゞちにその器物うつはもの天にあげられたり

  17. かくてペテロその見し所の異象まぼろし如何いかなるこゝろならんと疑ひをりし時コルネリヲよりつかはされたる人たちすでにシモンの家をたづねもんの前にたち
  18. よびてペテロといふシモンはこゝやどれるやいなとふ
  19. ペテロなほその異象まぼろしの事をおもひをりしにみたまかれにいひけるは よ 三人の者なんぢを尋ぬ
  20. たちくだり疑はずして彼等とともにゆけ われこれをつかはしゝなり
  21. ペテロくだりその人たちにいひけるは われ爾曹なんぢらたづぬる所の者なり 爾曹なんぢら如何いかなるゆゑありてきたるや
  22. 彼等いひけるは 百夫ひゃくにんかしらなるコルネリヲといへたゞしくかつ神をうやますべてのユダヤびとうちたふとばるゝ者なんぢをその家によびなんぢことばきけ聖使きよきつかひに示されたり
  23. こゝおいてペテロ彼等を召入よびいれやどらしめ次日つぎのひペテロ彼等ととも出立いでたちけるがヨツパの兄弟たちもまたかれに伴へり
  24. 次日つぎのひかれらカイザリヤにる コルネリヲは既にその親族およびしたし友等ともだち召集よびあつめこれ待居まちゐたり
  25. ペテロの入來いりきたれる時コルネリヲ彼を迎へその足下あしもとふしをがめ
  26. ペテロこれ扶起ひきおこしていひけるは たてわれも人なり
  27. かくともかたりつゝうちいりおほくの人のあつまれるを見
  28. 彼等にいひけるは ユダヤびとの異邦人とまじはり又ちかづく事のおきてかなはざるは爾曹なんぢらしるところなり されど神はいづれの人をもけがれたる者あるひはきよからざる者といふなかれわれに示し給へり
  29. 是故このゆゑわれむかへらるゝやたゞち猶豫ためらはずしてきたわれなんぢらにとふ われをむかへしはなにためなる
  30. コルネリヲいひけるは 四日前よっかさきわれ斷食してこの時刻に至れり 三時ごろ家にあり祈禱いのりをりしにかゞやける衣を着たる者わが前にたち
  31. いひけるは コルネリヲよ なんぢ祈禱いのりきかなんぢ施濟ほどこしは神の前に記置とめおかれたり
  32. されば人をヨツパへつかはしペテロといふシモンをよべ かれは海邊にある皮工かはなめしシモンの家にやどれり 彼きたりてなんぢに語るべしと
  33. 是故このゆゑわれたゞちに人をなんぢつかはせり なんぢきたれるはよし われら神のなんぢに命じ給へる一切すべてこときかんとて今神の前にあるなり

  34. ペテロ口をひらきいひけるは われまことに神はかたよらざる者にして
  35. いづれ國民くにたみにても神を敬ひたゞしきを行ふ者はその聖旨みこゝろかなふいふことを悟る
  36. そのみちすなはち神のイエスキリストにより平和やはらぎのべイスラエルの子孫にあたへたまひし所なり このイエスは萬物よろづのものしゅたるなり
  37. それヨハネののべしバプテスマののちガリラヤよりはじまりユダヤぢうありし事は爾曹なんぢらしるところ
  38. すなはこのナザレよりいでたるイエスは神なり 聖靈と才能ちからあぶらそゝがれあまねくめぐりよき事を行ひすべて惡魔につかれたる者をいやせり そは神彼とともなりしによる
  39. 我儕われらは彼がユダヤびとの地およびヱルサレムにおいて行ひしすべての事をあかしする者なり ユダヤびとこの人を木にかけて殺せり
  40. 神は第三日みっかめこれよみがへらせすべての民にはあらはさで
  41. たゞそのあらかじえらびたまへる證人あかしびとすなはち彼がよみがへりしのちこれととも飮食のみくひせし我儕われらにのみあらはし給へり
  42. かつ彼はその生者いけるもの死者しねるもの審判人さばきびとに神よりさだめられし事を我儕われらあかしして民にのべよと命じたり
  43. すべての預言者もおほよそ彼を信ずる者はその名によりて罪のゆるしうくべしと彼につきてあかしせり
  44. ペテロこのことを語れるあひだみちきくところのすべての者に聖靈くだれり
  45. ペテロとともきたりし割禮ある信者たちは聖靈のたまものの異邦人にまで注げる事をおどろきぬ
  46. そは異なる邦々くにぐに方言ことばにて彼等が語れると神をあがむるとをきゝたればなり
  47. この時ペテロこたへけるは 我儕われらの如く既に聖靈をうけたるこの人々にたれか水を禁じてバプテスマをうけざらしむる者あらん
  48. つひしゅの名によりてバプテスマをうくべき事を彼等に命ず こゝおいて彼等ペテロに數日すじつとゞまらんことをねがへり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |