新約全書使徒パウロ コロサイびとおくれるふみ

第 四 章



  1. 主人なる者よ 爾曹なんぢらまた天にしゅある事をしれば義に從ひ公平をそのしもべあしらふべし

  2. つね祈禱いのりをなし怠らずして感謝と共にこれなすべし
  3. また神われらにみちを傳ふるの門を開き我儕われらをしてキリストの奥義おくぎを語らしめ
  4. わがいふべき所の如くこの奥義おくぎあらはさしめ給はんことを我儕われらために祈るべし われこの奥義おくぎためつながれたり
  5. なんぢらをりうかがひ智慧をもて外人そとのものまじはるべし
  6. 爾曹なんぢらことばつねにめぐみを用ひかつしほ調和あじつくべし さら如何いかにして各人おのおのに答ふべきしら

  7. わが愛する兄弟 ちゅうなる役者つかへびと われとともしゅつかふしもべテキコわが事をことごと爾曹なんぢら告知つげしらせん
  8. われかれをこと爾曹なんぢらつかはすは彼をして爾曹なんぢらの事をしりなんぢらの心を慰めしめんためなり
  9. またちゅうなるが愛する兄弟 爾曹なんぢらなかの一人なるオネシモを彼とともつかはせり 彼等このところの事をことごと爾曹なんぢら告知つげしらせん
  10. われともつながるゝアリスタルコおよびバルナバの甥マコ爾曹なんぢらやすきとふ このマコの事については爾曹なんぢらすでにめいうけたり 彼もし爾曹なんぢらに至らばこれうくべし
  11. ユストとなづくるイエス爾曹なんぢらやすきをとふ 割禮をうけし者のうちたゞこの三人のみわれともに神の國のためはたらけり われかれらにより安慰なぐさめを得しなり
  12. 爾曹なんぢらうちの一人にてキリストイエスのしもべなるエパフラス爾曹なんぢらやすきとふ 彼はつね爾曹なんぢらために力をつくし祈禱いのりをなし爾曹なんぢら完全まったきをえ心をかたうしてたちすべての事 神のむねしたがはんことを願へり
  13. われ彼が爾曹なんぢらおよびラオデキヤ ヒエラポリにある者のためにいたく心を勞することをあかし
  14. 我儕われらが愛する醫者ルカ及びデマス爾曹なんぢらやすきとふ
  15. こふ なんぢらラオデキヤの兄弟たちとヌンパス及びその家にある敎會にやすきとへ
  16. 爾曹なんぢらすでに此書ふみよまこれまたラオデキヤびとの敎會によま爾曹なんぢらまたラオデキヤよりきたふみをよめ
  17. アルキポにいへ なんぢしゅありうけし所のつとめを愼みてつくすべしと
  18. われパウロ親手てづからなんぢらにやすきとふ なんぢらわれ縲絏なはめおもねがはくは恩寵めぐみ爾曹なんぢらともあらんことを アメン

新約全書哥羅西書ころさいのふみ をはり



| 新約全書目次 | 西 1 | 2 | 3 | 4 | 總目次 |