新約全書使徒パウロ テモテにおくれる後書のちのふみ

第 三 章



  1. 末世すゑのよなやみの日きたらん なんぢこの事をしれ
  2. その日いたらば人たゞおのれを愛し貪婪むさぼり矜誇ほこり驕傲たかぶり詬誶のゝしり、不孝、恩を忘れ不潔
  3. 不情、うらみとか謗讟そしり、慾をほしいまゝにし殘刻ざんこく、善を好まず
  4. 友をうり放肆わがまゝ、自負 神よりも佚樂たのしみを愛する事をせん
  5. 彼等は敬虔のかたちあれどじつは敬虔の德をすつ なんぢかくの如き者をさくべし
  6. 人の家にいりおろかなるをんなとりこにするはかくの如き者なり の女は罪を重ね各樣さまざまの慾に誘はれ
  7. 常にまなべども眞理まことしるに至る事あたはず
  8. かの人はヤンネとヤンブレがモーセにさからひし如くまた眞理まことさからふなり 彼等は心のくされたるもの 信仰の道にとりてはすてられたる者なり
  9. されなほこの上にすゝむことあらじ そはかの二人の如く彼等のおろかなることもすべての人にあらはるべければなり
  10. なんぢ敎誨をしへ品行おこなひ志意こゝろざし、信仰、寬容、愛、耐忍しのび
  11. 及びわがアンテオケ イコニオム ルステラにてあひせめ困苦くるしみまたうけせめ如何いかなるかをしる しゅことごと其中そのうちよりわれすくひ給へり
  12. すべてキリストイエスにありて神をうやまひつゝ世を渡らんとこゝろざす者はせめうくべし
  13. 惡人あしきひとと人をあざむく人は益々ますます惡に進み人をまどはまた人にまどはさる
  14. なんぢまなびて信ずる所の事を守るべし そはなんぢたれよりこれを學び
  15. かつ幼少いとけなきときより聖書をしることをしればなり 聖書はなんぢをしてキリストイエスを信ずるによりすくひを得しめんために智慧をあたふるものなり
  16. 聖書はみな神の默示にして敎誨をしへ督責いましめまた人をして道に歸せしめ又たゞしきまなばしむるにえきあり
  17. これ神の人の完全まったきを得てもろもろよき事を行ふにかけなからんためなり


| 新約全書目次 | 提後 1 | 2 | 3 | 4 | 總目次 |