新約全書使徒パウロ テモテにおくれる後書のちのふみ

第 四 章



  1. われ神の前およびあらはるゝ時その國においいける者しねる者を審判さばきするキリストイエスの前にてなんぢに求む
  2. なんぢ道を宣傳のべつたふべし 時をうるも時をざるも勵みてこれを務め各樣さまざま忍耐しのび敎誨をしへて人をたゞいましめ勸むべし
  3. それ人まことをしへいれず耳をよろこばしむることを好みその私慾にしたがひておのために師を增加ましくはふる時きたらん
  4. かれら耳を眞理まことよりそむあやしはなしむかふべし
  5. されなんぢすべての事につゝし苦難くるしみを忍びて傳道者のわざをなしなんぢしょくを盡せ
  6. われ今祭物そなへものとならんとす が世をさるときちかづけり
  7. われ既に善戰よきたゝかひをたゝかひ既にはしるべき途程みちのりを盡し既に信仰の道を守れり
  8. 今よりのち義のかんむりわがためそなへあり しゅすなはちたゞし審判さばきをなす者その日に至りてこれわれあたたゞわれにあたふるのみならずすべかれ顯著あらはるゝを慕ふ者にもあたふべし

  9. なんぢつとめすみやかにわれきた
  10. デマスこの世を愛しわれすててテサロニケにゆけり クレスケンス ガラテヤに テトス ダルマテヤにゆけたゞルカのみわれともにあり
  11. なんぢマコをつれともきたそはかれのつとめわれにえきあればなり
  12. われテキコをエペソにつかはせり
  13. なんぢきたる時わがトロアスにてカルポのもとのこしゝ外衣うはぎを携へきたれ また書籍しょもつを携へきたその皮なるものもっとも肝要なり
  14. 銅匠かぢやなるアレキサンデル多くわれなやませり しゅかれが行ひし所にしたがひてむくいなさ
  15. なんぢまたかれを防ぐべし 彼はなはだしく我儕われらことばさからひたり
  16. はじめ審官さばきびと事由ことわけのべしときたれわれともにせず皆われをはなれたり ねがはくは彼等に罪のせざらんことを
  17. されしゅわれともありわれ力量ちからあたへ給へり これわれによりて道ことごとくつたはり異邦人をして皆これをきかしめんためなり われすくはれて獅子の口よりいでたり
  18. しゅまたわれを救ひてもろもろの惡事よりはなれしめかつわれを救ひてその天の國にいれねがはくはさかえ世々かぎりなく彼にせんことを アメン
  19. こふ なんぢプリスキラとアクラとヲネシポロの家にやすきとへ
  20. ヱラスト コリントにとゞまれり トロピモやまひあればわれかれをミレトスにとゞめたり
  21. なんぢ冬よりさきに急ぎわれきたれ ユブルとプデスとクラウデアと兄弟みななんぢやすきとふ
  22. ねがはくはしゅイエスキリストなんぢたましひともにあれ ねがはくは恩寵めぐみ爾曹なんぢらあらんことを アメン

新約全書提摩太てもて後書のちのふみ をはり



| 新約全書目次 | 提後 1 | 2 | 3 | 4 | 總目次 |