第三篇  題目 我を救ひ給へ (七節參照)



ダビデその子アブサロムをさけしときのうた

  1. ヱホバよ われにあたする者のいかに蔓延はびこれるや われにさからひておこりたつもの多し
  2. わが靈魂たましひをあげつらひて かれは神にすくはるゝことなしといふ者ぞおほき セラ
  3. されどヱホバよ なんぢはわれをかこめるたて わがさかえ わがかうべをもたげ給ふものなり
  4. われ聲をあげてヱホバによばはればその聖山きよきやまよりわれにこたへたまふ セラ
  5. われしていね また目さめたり ヱホバわれを支へたまへばなり
  6. われをかこみてたちかまへたる千萬ちよろづの人をもわれはおそれじ
  7. ヱホバよ ねがはくはおきたまへ わが神よわれを救ひたまへ なんぢさきにわがすべてのあた頬骨つらぼねをうち あしきものの齒ををりたまへり
  8. すくひはヱホバにあり ねがはくは恩惠めぐみなんぢの民のうへにあらんことを セラ

 本篇より以下六篇迄は朝夕夜の一連の詩也。
 三篇──朝の詩(其五節參照)
 四篇──夕の詩(其八節參照)
 五篇──夜の詩(其三節參照)
 六篇──夜半(よなか)の詩(其六節參照)
▲此第三篇に『セラ』といふ語(ことば)三度記さる。これは詩篇の中に度々記さるゝ語にて、大切なる語なり。恰も新約に於て主が『まことに誠に汝等に告ぐ』と宣ひしが如く、特に其前にある言に注意を促す爲にて、『セラ』とは止まれよの意也。即ち止まって考へよ也。本篇のセラは以下の如し。
 二節──サタンの力を深く考へざる可らず
 四節──神が祈禱(いのり)に答へ給ふ事を考へよ
 八節──其祈禱を續いて心にて捧ぐべし
尚序でに四十六篇の中にある三つのセラを見よ。本篇の順序に似たり。
 四十六・三──罪の恐ろしき結果とサタンの恐ろしき力を考へよ
 同  ・七──神を信ぜよ
 同  ・十一──自己の平安安全なる事を感謝せよ
▲本篇の分解
 (一、二)試練(こゝろみ)と困難
 (三〜六)神に對する信賴
 (七、八)勝利の確信
詩篇の中に度々此順序にて記さるゝを見る。我等も此順序に從って祈るべし。本篇は全體を通じて祈禱にて、其主意は七節にある『われを救ひたまへ』也。
▲尚詳しく本篇を見るに
 一節 に仇あり困難生じ
 二節 にて疑惑起る。然れど
 三、四節 にある如く神に依り賴む故、其信仰の結果として
 五節 に平安と神の保護
 六節 に大膽
 七節 に希望(のぞみ)
 八節 に恩惠──を得る也。初めに困難と疑惑ありしが、最後に眞の平安を經驗す。是信仰より起こる當然の結果也。



| 目次 | 緖言 | 總目次 |