新約全書使徒パウロ エペソびとおくれるふみ

第 四 章



  1. ればしゅあり囚人めしうどとなれるわれなんぢらにすゝむ なんぢらめされしめしかなひて行はんことを
  2. ことごとく謙遜と柔和と寬容ゆるやかなる心をて行ひ愛をたがひに忍び
  3. 平和といふつなぎうちつとめみたまたまふ所のひとつなるを守るべし
  4. からだひとつ みたまひとつなり 爾曹なんぢらめされてつ所ののぞみひとつなるが如し
  5. しゅひとつ 信仰ひとつ バプテスマひとつ
  6. 神すなはち萬人すべてのひとの父ひとつなり 彼は萬人すべてのひとの上にあり萬人すべてのひとに貫き萬人すべてのひとうちあり
  7. われら各人おのおのにキリストの賜ふ所のりゃうしたがひてめぐみを賜ふなり
  8. 是故このゆゑいへることあり かれ上にのぼりしときとりこにする者をとりこにしたまものを人に給へりと
  9. すでに上に昇れりといへまづ地のしたくだりしにあらずや
  10. くだりし者はすなはもろもろの天の上に昇りし者なり 彼よろづの物に滿みたんとす
  11. そのたまひし所は使徒あり預言者あり傳道者あり牧師あり敎師あり
  12. これ聖徒を全ふし服役つとめの事を行ひキリストのからだの德をたて
  13. 我儕われらをして皆おなじく神の子を信じこれを知り全人まったきひとすなはちキリストの滿足みちたれるほどとなるまでに至り
  14. 今よりのち嬰兒こどもならず人の詭譎いつはりてだて誘惑まどはしたくみ蕩漾たゞよはさるゝことなく各樣さまざまをしへの風に搖動うごかされず
  15. 愛をもて眞理を行ひそだちすべてのことかしらなるキリストにならはしめんためなり
  16. 彼をもととし全體すべて百節ふしぶしたすけによりて聯絡つらなり鞏固かたまりその肢體おのおの分量にしたが方行はたらきそのからだそだてみづから愛によりて德をたつるなり

  17. 是故このゆゑわれこれを言ひしゅあり爾曹なんぢらを戒む 爾曹なんぢら今よりのち異邦人の如くその心の邪曲よこしまなるに任せて行ふべからず
  18. かれら心くらき者なり 又しるところなきによりかたくななるによりて神のいのちとほざかれり
  19. 彼等は恥をしらこのみすべてけがれを行はんためおのれを放蕩にわたせり
  20. され爾曹なんぢらかくの如く行はんためにキリストを學べるにあら
  21. 爾曹なんぢらかれにきゝかれのをしへうけてイエスにある眞理まことしりしならん
  22. なんぢらさきならへ舊人ふるきひとすなはち人を惑はす慾のためやぶらるゝものをぬぎ
  23. また爾曹なんぢらの心のれいあらたにし
  24. 神にかたどりて眞理まことたゞしききよきにて造れる新人あたらしきひとるべし
  25. かく謊言いつはりすておのおのそのとなりまこといふべし そはわれらたがひえだなればなり
  26. いかりて罪を犯すことなかいかりて日のいるまでに至ることなか
  27. 惡魔にところを得さすることなか
  28. ぬすみをする者またぬすみをするなかれ むし貧者まづしきものに施さんためにはげみて手づから善工よきわざなすべし
  29. すべけがれたることば爾曹なんぢらの口よりいだすことなかたゞ時に從ひて人の德をたつべき善事よきことをいひきく者をしてえきあらしむべし
  30. 神の聖靈をしてうれへしむることなか爾曹なんぢらすくひを得る日のためかれいんうけし者なり
  31. 爾曹なんぢらすべての很毒にがきこと恚憾いきどほり喧嚷さはぎ謗讟のゝしりまたすべての惡をおのれよりすつべし
  32. たがひ仁慈なさけ憐恤あはれみあるべし キリストにありて神なんぢらをゆるし給へる如く爾曹なんぢらたがひゆるすべし


| 新約全書目次 | 弗 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 總目次 |