新約全書使徒パウロ エペソびとおくれるふみ

第 六 章



  1. 子なる者よ 爾曹なんぢらしゅあり兩親ふたおやにしたがふべし これ合宜たゞしきことなればなり
  2. なんぢ父母ちゝはゝを敬ふべし 約束を加へたるいましめこれはじめとす
  3. これなんぢさいはひを得また地上ちのうへ壽長いのちながからんためなり
  4. 父なる者よ 爾曹なんぢらの子をいからすることなかしゅ警戒いましめ敎訓をしへ養育そだつべし
  5. しもべなる者よ キリストにしたがふが如く畏懼おそれ戰慄をのゝきまことの心をもて肉體につける主人にしたがふべし
  6. 人をよろこばする者の如くたゞ眼前めのまへの事をつとむる事なかれ キリストのしもべの如く心より神のむねを行ふべし
  7. 人につかふるがごとくせずしゅつかふるが如く甘心こゝろよくつかふべし
  8. そはしもべなる者にもあれ自主じしゅなる者にもあれおのおの行ふ所のぜんよりしゅよりむくひうけん事を爾曹なんぢらしればなり
  9. 主人なる者よ 爾曹なんぢらまたかくの如く彼等に行ひて厲言おどすことやめそはかれらと爾曹なんぢらしゅ天にありかれはかたよる所なしと爾曹なんぢらしればなり

  10. 此他このほかなほいはわが兄弟よ しゅおよびそのおほいなる力により剛健つよくなるべし
  11. なんぢら惡魔の奸計はかりごとふせがために神の武具をよそふべし
  12. 我儕われら血肉けつにくと戰ふにあらまつりごとまた權威また斯世このよ幽暗くらきつかさどる者また天のところにある惡のれいと戰ふなり
  13. 是故このゆゑに神の武具をとるべし これあしき日にあひあだふせすべての事を成就してたてためなり
  14. なんぢらたつまことおびとして腰に結びたゞしき護胸むなあてとして胸にあて
  15. 和平おだやかなる福音のそなへくつとして足に穿はき
  16. このほか信仰のたてとるべし このたてをもてことごと惡者あしきもの火箭ひやけすことを得ん
  17. またすくひかぶとおよび聖靈のつるぎすなはち神のことばとり
  18. つね各樣さまざま禱告いのり祈求ねがひみたまよりもとめかつすべての聖徒のためにもつゝしみて此事このことをなし祈りてうまざるべし
  19. またわが口をひらくときことばたまはり侃々はゞからずして福音の奥義おくぎを示し
  20. 又わがいふべき所の如くこれ侃々はゞからずして言得いひうるやうわがためにも祈るべし われこの福音のため使者ししゃとなりてくさりつながれたり

  21. 愛する兄弟 しゅ忠心ちうしんにてつかふるテキコわが如何いかにしてあるわが事を爾曹なんぢら告知つげしらせん
  22. われかれをこと爾曹なんぢらつかはすは爾曹なんぢらわが事をしらせ又彼をして爾曹なんぢらの心をなぐさめしめんためなり
  23. ねがはくは兄弟 父なる神としゅイエスキリストにより信仰にそへ平康やすきと愛を得んことを
  24. ねがはくは我儕われらしゅイエスキリストをかはらずして愛するすべての者にめぐみあらんことを アメン

新約全書以弗所書えぺそのふみ をはり



| 新約全書目次 | 弗 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 總目次 |