新約全書使徒パウロ ピリピびとおくれるふみ

第 三 章



  1. をはりわれこれをいはが兄弟よ 爾曹なんぢらしゅありて喜べ われこの事を爾曹なんぢらかきおくるはわれ煩勞わづらはしきなく爾曹なんぢらえきあり
  2. 爾曹なんぢら犬をつゝしめ 惡を行ふ者をつゝしめ 割を行ふ者をつゝし
  3. そは神のみたまより役事つとめをなしキリストイエスによりて誇り肉躰にくたいたのまざる我儕われらまことの割禮をうけたる者なればなり
  4. されわれまた肉躰にくたいたのむことをうるなり し人肉躰にくたいたのむことをうるおもはゞわれは更にたのむことをうるなり
  5. われ第八日やうかめに割禮をうけたる者にしてイスラエルのやから ベニヤミンの支派わかれ ヘブルびとよりうまれたるヘブルびとなり 法律おきてよればパリサイの人
  6. 熱心によれば敎會を窘迫せむるもの 律法おきてあるところの義によれかけなき者なり
  7. されわれさきにえきとなりし所の事はキリストによりて損ありとおもへり
  8. しかのみならずわれわがしゅキリストイエスをしるて最もまされる事とするがゆゑすべてのものを損となす われかれのために既に此等これらすべてのものを損せしかどこれ糞土ふんどの如くおもへり
  9. これキリストをかつ信仰にもとづきて神よりいづる義 すなはち律法おきてよれおのが義にあらずキリストを信ずるによれる所の義をもちてキリストのうちをり
  10. また彼とその復生よみがへり能力ちからしりその死のありさましたがひてかれくるしみあづか
  11. にもかくにもしにたる者のよみがへることを得んがためなり
  12. われこれらののぞみを既に得たりといふあらまたすでにまったうせられたりといふあらあるひとることあらんとてわれたゞこれ追求おひもとむ キリストこれを得させんとわれとらへ給へるなり
  13. 兄弟よ われみづからこれとれりとおもはず たゞこの一事いちじつとすなはうしろあるものを忘れ前にあるものを望み
  14. 神キリストイエスによりて上へめして賜ふ所の褒美はうびを得んと標準めあてむかひてすゝむなり
  15. 是故このゆゑ我儕われらうちすべて全者まったきものかくの如きおもひいだくべし 爾曹なんぢらもを何事によらず異なるおもひいだかばこれをも神なんぢらに示し給はん
  16. され我儕われらすでにいたれる所にありて同法おなじのりしたがひて行ふべし
  17. 兄弟よ 爾曹なんぢらみなわれならふ者となれ かつなんぢらの模楷かたとなる我儕われらしたがひておこなひをなす者を
  18. そはわれ屢々しばしばなんぢらに告げ今また淚を流して爾曹なんぢらつぐる如くキリストの十字架に敵して行ふ者多ければなり
  19. 彼等のをはり滅亡ほろびなり おのが腹をその神となしおのれ羞辱はぢそのほまれとなす彼等はたゞ世の事をのみおもへり
  20. 我儕われらの國は天にあり われらは救主すくひぬしすなはちイエスキリストの其處そのところよりきたるをまつ
  21. 彼は萬物ばんぶつおのれしたがはせうるちからより我儕われらいやしからだかへその榮光のからだかたどらしむべし


| 新約全書目次 | 腓 1 | 2 | 3 | 4 | 總目次 |