新約全書使徒パウロ ピリピびとおくれるふみ

第 四 章



  1. 是故このゆゑが愛するところ慕ふ所の兄弟 われのよろこびわれのかんむりたるが愛する者よ 今わがすゝむる所に從ひて爾曹なんぢら堅くしゅたつべし
  2. われユウオデヤに勸めスントケに勸む 彼等がしゅにありて心をおなじうせんことを
  3. わがまことともこふ なんぢらこの二人の婦等をんなたちを助けよ 彼等クレメンス及びほか勞苦はたらきともなる人々と力をあは我儕われらと共につとめて福音を傳播ひろめたり 彼等の名は生命いのちふみしるされあるなり
  4. なんぢら常にしゅありて喜べ われまたいふ なんぢら喜ぶべし
  5. なんぢらすべての人をしてその寬容なることをしらしめよ しゅは近し
  6. 何事をも思ひわづらなかたゞ每事ことごと祈禱いのりをし懇求ねがひをしかつ感謝しておのもとむる所を神につげ
  7. 神よりいでて人のすべて思ふ所にすぐ平安へいあん爾曹なんぢらの心とおもひをキリストイエスによりて守らん

  8. 兄弟よ をはりわれこれをいはおほよ眞實まことなること おほよそ敬ふべき事 おほよそ公義たゞしきおほよ清潔いさぎよきおほよそ愛すべき事 おほよそ善稱よききこえある事 すべていかなる德いかなるほまれにても爾曹なんぢらこれをおもふべし
  9. なんぢらわれよりまなびしところうけしところきゝしところ見し所を皆おこなへ さら平安へいあんの神爾曹なんぢらともならん

  10. われ爾曹なんぢらわれを思ふ心の今またやうやきざしゝをしゅよりはなはだ喜べり 爾曹なんぢらもとよりわれおもひゐたれどもをりを得ざりしなり
  11. われともしきよりこれいふあらそはわれいかなるさまをるもそれをたれりとする事を學べばなり
  12. われ貧賤いやしきをるの道をしりまた富厚とみをるの道をしりあくこともうゝることもとむこともともしきこともすべての事においわれこれを熟練せり
  13. われわれに力をあたふるキリストによりすべての事を爲得なしうるなり
  14. されどもが艱難の際にたすけなししはまことよし
  15. ピリピびと爾曹なんぢらもまたしる わが福音をつたふる始めマケドニヤを離れ去るとき授受とりやりをなしてわれを助けし者はたゞ爾曹なんぢらのみにしてほかの敎會はこの事なかりき
  16. 爾曹なんぢらわれテサロニケにありしとき一度ならず二度までも人を遣はしともしきを助けたり
  17. われ餽贈おくりものもとむるにあらたゞなんぢらがえきになるしげからんことをもとむるなり
  18. われには諸物すべてのものそなはりてあまりあり われすでにエパフロデトの手より馨香かうばしきにほひにして神のうけ給ふところよろこび給ふ所の祭物そなへものなる爾曹なんぢら餽贈おくりものうけたれ
  19. それわが神がおのれとみに從ひてキリストイエスにより榮光さかえ爾曹なんぢらともしきところを補ひ給はん
  20. ねがはくは我儕われらの父なる神に世々さかえあらんことを アメン

  21. 爾曹なんぢらキリストにある聖徒おのおのにやすきとへ われとともにある兄弟たちなんぢらにやすきとへ
  22. すべての聖徒たちなんぢらにやすきとふ カイザルの眷屬けんぞくのものわけ爾曹なんぢらやすきとへ
  23. ねがはくは我儕われらしゅイエスキリストのめぐみなんぢら衆人すべてのひとともあらんことを アメン

新約全書腓立比書ぴりぴのふみ をはり



| 新約全書目次 | 腓 1 | 2 | 3 | 4 | 總目次 |