新 約 全 書 馬 可まこ 傳 福 音 書

第 三 章



  1. イエスまた會堂に入りしに一手かたてなへたる人ありけるが
  2. 衆人ひとびとイエスをうったへんとして 彼はこの人を安息日あんそくにちいやすやいなうかゞへり
  3. イエス手なへたる人にいひけるは なかたて
  4. また衆人ひとびといひけるは 安息日あんそくにちよきなすあしきなすいけるをたすくると殺すといづれをかなすべき 彼等默然もくねんたり
  5. イエスいかりふくみ環視みまはし彼等が心の頑硬かたくななるをうれへ 手なへたる人になんぢの手をのべよといひければ 彼その手をのばしゝにすなはほかの手のごとくいえたり
  6. パリサイの人いでゝ如何いかにしてかイエスを殺さんとたゞちにヘロデのともがら相謀あひはかりぬ

  7. イエスその弟子と共に海邊うみべ退しりぞきしにおほくの人々ガリラヤより彼に從へり 又ユダヤ
  8. ヱルサレム イドマヤ ヨルダンのむかふまたツロとシドンのほとりよりおほくの人々イエスのなしし事をきゝて彼にむらがきた
  9. イエス人々の群集ぐんじふよりおしなやまさるゝ事なからんために小舟をわれそなへおけとその弟子にいへ
  10. これイエス數多あまたの人々をいやしゝによりすべやまひある人々手にて彼にさはらんとて擁逼おしせまりしがゆゑなり
  11. またけがれたる鬼かれを見てその前に俯伏ひれふしさけびて なんぢは神の子なりといひしを
  12. イエス彼等にわれあらはすことなかれときびしいましめたり

  13. イエス山にのぼりそのこゝろかなふ所の者をよびしかば きたりて彼につけ
  14. こゝおいて十二人をたておのれともおきまたをしへ宣傳のべつたふためつかは
  15. かつやまひいやし鬼を逐出おひいだすの權威をさづ
  16. すなはちシモンをペテロのなづ
  17. ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ この二人をボアネルゲとなづこれとけば雷の子なり
  18. またアンデレ ピリポ バルトロマイ マタイ トマス アルパヨの子ヤコブ タツダイ カナンのシモン
  19. またイスカリオテのユダ これはイエスをわたしゝ者なり
  20. 此等これらの者家にいりしにおほくの人々またきたあつまりければ食するいとまもなかりき
  21. その親屬しんぞくきゝて彼は狂氣きゃうきせりといひこれとらへんとてきた
  22. またエルサレムよりくだれる學者たちも 彼はベルゼブルにつかれたり かつ鬼のかしらよりて鬼を逐出おひいだすなりといへ
  23. イエス彼等をたとへいひけるは サタンはいかでサタンを逐出おひいだし得んや
  24. もし國おのれにもとり分爭わかれあらそはゞそのたつべからず
  25. また家おのれにもとり分爭わかれあらそはゞそのたつべからず
  26. もしサタンおのれもとたち分爭わかれあらそはゞ彼たつからず かへっをはるなるべし
  27. たれにても勇士つよきものの家にいりその家具をうばゝんとせばまづ勇士つよきものしばらざればうばふことあたはじ しばりてのちその家をうばふべし
  28. われまこと爾曹なんぢらつげん 人のすべての罪とけがす所の褻瀆けがれゆるさるべけれど
  29. 聖靈をけがす者はかぎりなくゆるさるべからずかぎりなき刑罰にあづからん
  30. かくいへるは人々イエスを惡鬼あくきつかれたりといひしがゆゑなり

  31. その兄弟と母ときたりて戸外そとにたち人をつかはしてイエスをよばゝしむ
  32. おほくの人々イエスをめぐりしたりしが彼にいひけるは なんぢの母と兄弟戸外そとありなんぢを尋ぬ
  33. イエスこたへいひけるは わが母わが兄弟はたれぞや
  34. かくまはりする人々を環視みまはしていひけるは わが母わが兄弟を見よ
  35. それ神のむねに從ふ者はこれわが兄弟わが姊妹しまいわが母なり


| 新約全書目次 | 可 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |