新 約 全 書 馬 可まこ 傳 福 音 書

第 九 章



  1. イエスまた彼等にいひけるは われまことに爾曹なんぢらつげこゝたつものゝうちに神の國の權威をもてきたるをみるまではしなざる者あり

  2. さて六日むいかのちイエス ペテロ ヤコブ ヨハネを伴ひ人をさけ高山たかきやまに登り給ひしが彼等の前にてその容貌すがたかはり
  3. そのころもかゞやきしろきことはなはだしくして雪の如く世上よのなか布漂ぬのさらしかくしろくはなしあたはざるべし
  4. エリヤとモーセと共に彼等に現れてイエスとかたりをれり
  5. ペテロこたへてイエスにいひけるは ラビ 我儕われらこゝにをるよし われらにみついほりつくらせ給へ ひとつしゅのためひとつはモーセのためひとつはエリヤのためにせん
  6. そのいふところをしらざりしなり 彼等いたくおそれしによる
  7. かくて雲彼等をおほこゑ雲よりいでいひけるは 愛子あいしなり これきくべし
  8. やがて弟子環視みまはしければイエスとおのれほかは一人をも見ざりき

  9. 山をくだる時にイエス彼等に命じて 人の子の死よりよみがへまで爾曹なんぢらの見し事を人につぐなかれといへ
  10. 弟子たちこのことばまもりかつたがひに論じいひけるは 死よりよみがへるといふなにの事か
  11. 彼等イエスにとふいひけるは エリヤはさききたるべしと學者のいへるはなにぞや
  12. イエスこたへいひけるは にエリヤはさききたりて萬事ばんじ復振あらたむ また人の子についてはその各樣さまざま苦難くるしみうけかつ輕慢かろしめらるゝ事をかきしるされたり
  13. されわれなんぢらにつげん エリヤ既にきたりしに彼についしるされたりし如く人々こゝろまゝこれあしらへり

  14. イエス弟子たちもとにきたりおほくの人々の彼等を環圍めぐりかこめると學者たちの彼等と論じをりしを見たり
  15. 衆人ひとびとたゞちに彼を見ておどろはしりよりてれいをなせり
  16. イエス學者にとひけるは 弟子と何事を論ずる
  17. 衆人ひとびとのうち一人あるひとこたへけるは 師よ われものいはぬ惡鬼あくきつかれたる我子わがこなんぢ携來つれきたれり
  18. 惡鬼あくきつく時は彼傾跌なげたふされあわをふき齒をかみ疲勞つかれはつるなり これを逐出おひいださんことをわれなんぢの弟子にこひしかど彼等あたはざりき
  19. イエス彼等にこたへいひけるは あゝ信なき世なるかな いつまでわれなんぢらと共にあらんや 何時いつまでわれなんぢらをしのばんや 彼をわれ携來つれきた
  20. 彼等その子を携来つれきたりしに惡鬼あくきイエスを見てたちまち彼を拘攣ひきつけしむ かれ地にたふ輾轉こけまろびあわふき
  21. イエスその父にとひけるは 幾何時いつごろより如此かくなりしや 父いひけるは少時をさなきときよりなり
  22. 惡鬼あくきしばしばこれを火の中あるひは水の中に投入なげいれころさんとせり なんぢもしなすことを得ば我儕われらあはれみてたすけ
  23. イエス彼にいひけるは なんぢもし信ずる事を得ば信ずる者においなしあたはざる事なし
  24. その子の父たゞちに聲をあげ淚を流していひけるは しゅわれ信ず が信なきをたすけたまへ
  25. イエス衆人ひとびと趨集はしりあつまるを見て惡鬼あくきせめいひけるは おふしにしてつんぼなる惡鬼あくきわれなんぢにめいいでて再びこれいるなかれ
  26. 惡鬼あくきさけびておほいに彼を拘攣ひきつけしめていでしかば彼しにたる者のごとくなりぬ 人々これをすでしねりといふ
  27. イエスその手をとりおこしければ彼たてり

  28. イエス家にいりしにその弟子ひそかにとひけるは 我儕われらこれを逐出おひいだすことあたはざりしは何故なにゆゑ
  29. イエス彼等にいひけるは このたぐひ祈禱いのりと斷食にあらざれば逐出おひいだすことあたはざるなり

  30. 彼等こゝをさりてガリラヤをすぐ この事をイエス人のしるこのまざりき
  31. そはその弟子にをしへて 人の子は人の手にわたされ彼等に殺され 殺されてのち第三日みっかめよみがへるべしといひたまふがゆゑなり
  32. そのとき弟子たちこのことばさとらずまたとふことをおそれたり

  33. さてイエス カペナウンに至りいへをりて弟子にとひけるは 爾曹なんぢら途間みちにてなにたがひに論ぜし
  34. 弟子默然もくねんたり これ途間みちにてたがひに論じたれおほいならんとのあらそひありければなり
  35. イエスしてその十二をよびかれらにいひけるは かしらたらんとおもふ者はすべての人のしりへとなりまたすべての人の使役つかはれびととならん
  36. また孩提をさなごとりて彼等の中にたてこれいだき彼等にいひけるは
  37. おほよわが名のためかくのごとき孩提をさなごの一人をうくる者はすなはわれうくるなり 又われをうくる者はすなはわれうくるにあらわれつかはしゝ者をうくるなり

  38. ヨハネ彼にこたへいひけるは 師よ 我儕われらに從はざる者のなんぢの名により惡鬼あくき逐出おひいだせるを見しが我儕われらに從はざるゆゑにこれをとゞめたり
  39. イエスいひけるは その人をとゞむなかそはわが名によりふしぎなるわざを行ひて輕易かるがるしくわれそしりる者はあらじ
  40. 我儕われらてきたはざる者は我儕われらつく者なり
  41. 爾曹なんぢらをキリストにつく者としてわが名のために一杯の水にても爾曹なんぢらのまする者は われまことに爾曹なんぢらつげその人はむくいを失はざるなり
  42. またおほよわれを信ずる小子ちひさきものの一人をつまづかする者は其首そのくびひきうすかけられて海に投入なげいれられんかたその人のためになほよかるべし
  43. なんぢ一手かたてなんぢをつまづかさばこれきりされ 兩手ありて地獄すなはちきえざる火にゆかんよりは殘缼かたはにて永生いのちいるなんぢためよきことなり
  44. 彼處かしこいるものゝうじつきず火きえず
  45. しなんぢの一足かたあしなんぢをつまづかさばこれきりされ 兩足ありて地獄すなはちきえざる火に投入なげいれられんよりはあしなへにて永生いのちいるなんぢためよきなり
  46. 彼處かしこいるものゝうじつきず火きえず
  47. もしなんぢ一眼かためなんぢをつまづかさばこれぬきいだせ 兩眼りゃうがんありて地獄の火に投入なげいれられんよりは一眼かためにて神の國にいるなんぢためよきなり
  48. 彼處かしこいるものゝうじつきず火きえず
  49. そはすべての人はしほをつくる如く火をもてせられすべて祭物そなへものしほをもてしほつけらる
  50. しほよきものなり されしほもしその味を失はゞなにをもてこれに味をつけんや 爾曹なんぢら心のうちしほたもて 又たがひにむつやはらぐべし


| 新約全書目次 | 可 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |