新 約 全 書 馬 可まこ 傳 福 音 書

第 十 四 章



  1. さて逾越すぎこしすなは除酵節たねいれぬぱんのいはひの二日前に祭司のをさと學者たち詭計たばかりてイエスをとらへ殺さんとし
  2. いひけるは まつりの日にはなすべからず おそらくはたみうちらんおこらん

  3. イエス ベタニヤの癩病人らいびゃうにんシモンの家にて食し居たまへる時あるをんな蠟石らふせきうつはあたひたかきナルドの香膏あぶらもり携來もちきたそのうつはやぶりイエスのかうべあぶらそゝぎたり
  4. ある人々たがひいかりふくみいひけるは このあぶらつひやすは何故なにゆゑぞや
  5. これうらば三百有奇あまりのデナリを得て貧者まづしきものに施すを得んとこのをんな言咎いひとが
  6. イエスいひけるは 彼にかゝはなかなんこのをんななやますや われよき事を行へるなり
  7. 貧者まづしきものは常に爾曹なんぢらともあれ爾曹なんぢらこゝろまかせて彼等をたすくることをべし われは常に爾曹なんぢらともあら
  8. このをんなは力を盡してなせそはあらかじめわれを葬るためわが身にあぶらそゝぎしなり
  9. われまことに爾曹なんぢらつげあめしたいづくにてもこの福音を宣傳のべつたへらるゝところにはこのをんななしし事もまたその記念かたみため言傳いひつたへらるべし
  10. さて十二の一人なるイスカリヲテのユダ イエスをわたさんとて祭司のをさゆきしに
  11. 彼等これをきゝよろこ銀子ぎんすあたへんと約せしかばユダはイエスをわたさんとをりうかゞへり

  12. 除酵節たねいれぬぱんのいはひはじめの日すなはち逾越すぎこしこひつじを殺すべき日 弟子イエスにいひけるは 逾越すぎこしの食を何處いづかたゆき我儕われら備ふべき
  13. イエス二人の弟子をつかはさんとしてこれいひけるは 京城みやこゆけ さらば水をいれたるかめもてる人にあふべし これに從へ
  14. そのいるところの家の主人あるじに 師いふ われ弟子ととも逾越すぎこしを食すべき客房きゃくざしきいづこあるやといへ
  15. さすれば彼陳設そなへたるおほいなる樓房にかいざしき爾曹なんぢらみすべし 我儕われらため其處そこそなへ
  16. 弟子ゆきて京城みやこいりしにイエスのいひたまへる如くあひしかば逾越すぎこしそなへをなせり

  17. くれてイエス十二の弟子とともきたれり
  18. かれら席について食する時イエスいひけるは まことわれなんぢらにつげわれともに食する爾曹なんぢらのうち一人われをわたすべし
  19. 彼等うれへ各々おのおのイエスに言出いひいでけるは われなる またほかの一人もいひけるは われなる
  20. イエスこたへいひけるは 十二のうちの一人 われと共に手をさらつくる者これなり
  21. 人の子はおのれついしるされたる如くゆかされど人の子をわたす者はわざはひなるかな その人はうまれざりしならばさいはひなりしなら
  22. かれら食する時イエス パンをとりしゅくこれさきかれらにあたへいひけるは とりくらこれわが身なり
  23. またさかづきとりしゃし彼等にあたへければ皆このさかづきよりのめ
  24. イエスいひけるは これは新約のわが血にしておほくの人のために流す所のものなり
  25. われまことに爾曹なんぢらつげん 今よりのち新しきものを神の國にてのまん日までは葡萄ぶだうにてつくれるものをのま

  26. 彼等歌をうたひ橄欖山かんらんざんゆけ
  27. イエス彼等にいひけるは 今夜こよひなんぢら皆われについつまづかん そはわれ牧者かふものうたそのとき綿羊まんやうちるべしとしるされたればなり
  28. されわれよみがへりてのちなんぢらにさきだちガリラヤにゆくべし
  29. ペテロ イエスにいひけるは 假令たとひみなつまづくともわれしからず
  30. イエス彼にいひけるは われまことになんぢつげ今日けふこのにはとり二次ふたゝびなくまへになんぢ三次みたびわれをしらずといは
  31. 彼また力言くりかへしいひけるは われなんぢともしぬるともなんぢしらずといはじ 弟子みな如此かくいへり
  32. かくて彼等ゲツセマネといふ所に至りイエスその弟子にいひけるは 祈るあひだこゝにせよ
  33. つひにペテロ ヤコブ ヨハネを伴ひゆきはなはだしくうれかなしみもよほ
  34. 彼等にいひけるは わが心いたくうれへしぬるばかりなり 爾曹なんぢらこゝにまちて目をさまをれ
  35. イエス少し進行すゝみゆきて地にふし祈りいひけるは もしかなはゞこの時をさらしめ給へ
  36. またいひけるは アバ父よ なんぢおいてはすべての事あたはざるなし このさかづきわれよりとりたまへ されおもふ所をなさんとするにあらなんぢおもふ所にまかせ給へ
  37. イエスきたりて彼等のいねたるを見ペテロにいひけるは シモン なんぢいねたるか 一時ひとゝきも目をさまをることあたはざる
  38. 誘惑まどひいらぬやう目をさましかついのれ その心神たましひねがふなれど肉體はよわきなり
  39. またゆきて同言おなじことばいひて祈れり
  40. 返りてまた彼らのいねたるを見る は彼等その目つかれたるなり イエスになにこたべきやをしらざりき
  41. 三次みたびきたりて彼等にいひけるは 今はいねやすめ 充分なり 時いたれり 人の子は罪人の手にわたさるゝなり
  42. おき我儕われらゆくべし われわたす者ちかづけり

  43. かくいへる時たゞちに十二の一人なるユダ つるぎと棒とをもちたるおほくの人々と共に祭司のをさ學者及び長老としよりもとよりきた
  44. イエスを賣者わたすものかれらにしるしをなしていひけるは 接吻くちづけする者はそれなり これとらへしか曳去ひきつれ
  45. すなはきたりてイエスに近より ラビ、ラビといひ接吻くちづけせり
  46. 人々手をイエスにかけとら
  47. かたはらたてる者の一人つるぎぬきて祭司のをさしもべうちその耳をきれ
  48. イエスこたへて彼等にいひけるは つるぎと棒とをもち盜賊ぬすびととらふる如くしてわれとらへきた
  49. われ日々なんぢらと共に殿みやにてをしへしに爾曹なんぢらわれをとらへざりき されは聖書にかなはせんがためなり
  50. 弟子みなイエスをはなれ奔去にげさり
  51. 一少者あるわかきものその身にたゞあさ夜具やぐまとひてイエスに從ひたりしが逮捕とりての者どもこれをとらへければ
  52. かれあさ夜具やぐをすて裸にて逃去のがれされ

  53. 衆人ひとびとイエスを祭司のをさ携往つれゆきけるに祭司のをさ長老としよりおよび學者たちことごとく彼のもとあつまれり
  54. ペテロ遠く離れてイエスに從ひ祭司のをさの庭の内までいり しもべと共にして火にあたゝまりをれ
  55. 祭司のをさおよび議員みなイエスをころさんとしてあかしもとむれども得ず
  56. おほくの人々イエスにいつはりあかし言出いひいだせどもそのあかしあはず
  57. ある人々たちていつはりあかし言出いひいだしけるは
  58. かれ手をつくりたるこの聖殿みやこぼち三日のうちに手をつくらざるほか殿みやたてんといひしを我儕われらきけ
  59. 如此かくいひしがそのあかしまたあは
  60. 祭司のをさ なかたちてイエスにとひいひけるは なんぢこたふことなき この人々のなんぢたつる證據は如何いかに
  61. イエス默然もくねんとしてなにこたへざりければ祭司のをさまた彼にとひいひけるは なんぢほむべき者の子キリストなる
  62. イエスいひけるは しかり 人の子大權ちからの右にし天の雲のなかに現れきたるを爾曹なんぢらみるべし
  63. こゝおいて祭司のをさそのころもさきいひけるは我儕われらなんぞまたほかに證據をもとめんや
  64. その褻瀆けがしたること爾曹なんぢらきける所なり 爾曹なんぢら如何いかおもふや 彼等こぞりてイエスを死にあたるべき者とさだめたり
  65. ある者は彼につばきし又そのかほおほこぶしにてたゝきいひけるは 預言せよ また僕等しもべどもも手のひらにて彼をうて
  66. ペテロ下庭したにはをりしに祭司のをさのあるしもめきたりて
  67. その火にあたゝまりをるを見つらつら彼をいひけるは なんぢもナザレのイエスとともあり
  68. ペテロうけがはずしていひけるは われこれをしらまたなんぢがいふところの事をさとり得ざるなり かく庭門にはぐちいでければにはとりなき
  69. そのしもめかれを見てかたはらたてる者に又いひけるは この人もかのともがらの一人なり
  70. ペテロまたうけがはず 少頃しばらくしてかたはらたてる者またペテロにいひけるは なんぢまことともがらの一人なり そはなんぢはガリラヤの人なり その方言くにことばこれにあへ
  71. こゝおいてペテロちかひわれ神のたゝりうくるとも爾曹なんぢらいふその人をわれしらざるなりいひしが
  72. このときにはとり二次ふたゝびなきければ ペテロ イエスのにはとり二次ふたゝびなく前に三次みたびわれしらずといはんといひたまひし事を憶起おもひいだまたこれを思反おもひかへして哭悲なきかなしめり


| 新約全書目次 | 可 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 總目次 |