新 約 全 書 路 加るか 傳 福 音 書

第 二 十 四 章



  1. 七日なぬか首日はじめのひ昧爽よあけ此婦このをんなたち備置とゝのへおきたる香物かうもつもちて墓にきたりしにほか婦等をんなたちともきたれり
  2. 彼等石の墓よりまろびたりしを見て
  3. いりければしゅイエスのしかばねを見ず
  4. これため躊躇うろたえをりしにかゞやけ衣服ころもを着たる二人そのかたはらたて
  5. かれらおそれおもてを地にふしければその人いひけるは 爾曹なんぢらなんしにたる者のうちいきたる者をたづぬるや
  6. 彼はこゝあらよみがへりたり 彼ガリラヤにをりしとき爾曹なんぢらかたり
  7. 人の子は必ず罪ある人の手にわたされ十字架につけられ第三日みっかめよみがへべしいひたりしを憶起おもひいで
  8. 彼等そのことおもひいで
  9. 墓よりかへり此等これらの事をみな十一の弟子とほかの弟子たちつぐ
  10. 此等これらの事を使徒につげたる者はマグダラのマリア ヨハンナ ヤコブの母なるマリア 又ほかともあり婦等をんなたちなり
  11. 使徒その語れるを虛誕むなしごとおもひて信ぜず
  12. ペテロたちはしり墓にゆきかゞまりて枲布ぬのごろものかたよせあるを見てそのあふところの事をあやしみつゝ歸れり

  13. 當日このひ二人の弟子ヱルサレムより三里ばかりへだゝりたるエマヲといへる村にゆきけるに
  14. たがひ此等これら所遇ありしことどもをかたりあへり
  15. 語り論ずる時にイエスみづから近づきてともゆけ
  16. されど彼らの目まどはされてしることを得ざりき
  17. イエスいひけるは 爾曹なんぢらあゆみつゝたがひかなし談論かたりあふことはなん
  18. その一人のクレオパといへる者こたへけるは なんぢはヱルサレムの旅人にしてひとりこのごろありし事をしらざる
  19. こたへけるは 何事ぞや これいひけるは ナザレのイエスの事なり この人は神と萬民の前においわざことばおほいなるちからある預言者なりしが
  20. 祭司のをさ有司等やくにんたちかれを死罪にわたして十字架につけたり
  21. 我儕われらイスラエルをあがなはん者はこの人なりとのぞみたりし 又それ而已のみならず此等これらの事のなりしより今日けふ第三日みっかめなるに
  22. 我儕われらうちなるあるをんなたち我儕われら驚駭おどろかせり 彼等朝はやく墓にゆき
  23. そのしかばねを見ずしてきた天使てんのつかひあらはれて彼はよみがへれりといへるを見たりとつぐ
  24. また我儕われらともありし者も墓にゆきたるにをんないへごとくにてかつかれを見ざりき
  25. イエスいひけるは 預言者のすべいひたる事を信ずる心の遲きおろかなる者よ
  26. キリストは此等これらなやみうけその榮光にいるべきにあらず
  27. ゆゑにモーセよりすべての預言者をはじめすべての聖書においおのれついての事は解明ときあかされたり
  28. 彼等ゆく所の村にちかづきけるに彼ゆきすぎんとさまをなせば
  29. 彼等勸めいひけるは 日かたぶきてくれおよび我儕われらともとゞまれ 彼いりてとゞま
  30. 共にしょくつける時パンをとりしゃしてさきかれらにあたへければ
  31. 二人の者の目あきらかになりて彼をしれり 又たちまその目にみえなれ
  32. 彼等たがひにいひけるは 途間みちにて我儕われらかたりかつ聖書を解開ときひらける時われらが心もえしにあらずや
  33. この時かれらたちてヱルサレムに歸り十一の弟子およびともなる人のあつまをるあふ
  34. その人等ひとたちいひけるは しゅ じつよみがへりシモンに現れたり
  35. 二人の者も途間みちにて所遇ありしこととパンをさきたまへるによりしりたる事を語れり
  36. この事を語れる時イエスみづか其中そのうちたちいひけるは 爾曹なんぢらやすかれ
  37. かれらおどろおそれてみるところの者をれいならんとおもへ
  38. イエスいひけるは 爾曹なんぢらなんおどろくや なんぞ心に疑ひおこるや
  39. わが手わが足を見てわれなるをしれ われをなでれいある爾曹なんぢらみるごとく肉と骨はあらざるなり
  40. 如此かくいひてその手足をせしに
  41. 彼等喜べどもなほ信ぜずあやしめる時にイエスこゝ食物しょくもつあるいひければ
  42. あぶりたるうを蜜房みつぶさあた
  43. これとりその前にしょくせり
  44. また彼等にいひけるは モーセのおきて 預言者のふみまたへんしるされたるわが事につくすべてことかならずとぐべきはわれもと爾曹なんぢらともありしとき語れる所なり
  45. こゝおいて聖書をさとらせんとてそのさとりひら
  46. いひけるは すでかくしるされたり 此如かくキリストは苦難くるしみをうけ第三日みっかめに死よりよみがへるべし
  47. 又その名により悔改くひあらため赦罪つみのゆるしはヱルサレムより始まり萬國の民に宣傳のべつたへられん
  48. 爾曹なんぢら此等これらの事の證人あかしびとなり
  49. われわが父のちかひのものを爾曹なんぢらおくらん 爾曹なんぢら上よりちからさづけらるゝまではヱルサレムにとゞま
  50. イエス彼等を導きベタニヤに至り手をあげて彼等をしゅく
  51. しゅくする時かれらを離れ天にあげられたり
  52. 彼等これをはいしていたく喜びヱルサレムに歸り
  53. つね殿みやいりて神を頌美ほめまた祝謝しゅくしゃせり アメン

新約全書路加るか傳福音書 をはり



| 新約全書目次 | 路 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 總目次 |