新約全書使徒パウロ ガラテヤびとおくれるふみ

第 一 章



  1. 人よりにあらず又人によらずイエスキリストと彼を死よりよみがへらしゝ父なる神によりたてられたる使徒パウロ
  2. 及びわれともあるすべての兄弟ガラテヤの諸敎會にふみを送る
  3. なんぢらねがはくは父なる神および我儕われらしゅイエスキリストより恩寵めぐみ平康やすきうけ
  4. キリストは我儕われらの父なる神のむねしたがひ今の惡世あしきよより我儕われら救出すくひいださんとて我儕われらの罪のためおのが身をすてたまへり
  5. ねがはくはさかえ彼にして世々に至れ アメン

  6. キリストのめぐみをもて爾曹なんぢらめしたる者を爾曹なんぢら此如かくすみやかに離れて異なる福音にうつりし事をわれ怪しむ
  7. これは福音にあらある人たゞ爾曹なんぢらみだしキリストの福音をかへんとするなり
  8. 我儕われらにもせよ天よりの使者つかひにもせよもしわれらがかつ爾曹なんぢらつたへし所にさからふ福音を爾曹なんぢらつたふる者はのろはるべし
  9. 我儕われら既にいひしが今またわれその如くいはもしなんぢらがうけし所にさからふ福音を爾曹なんぢらつたふる者はのろはるべし
  10. 今われ人のしたしみを得んことをもとむるや 神のしたしみを得んことをもとむるや あるひは人の心を得んことをねがふや もしわれ人の心を得んことをねがはゞキリストのしもべあらざるべし

  11. 兄弟よ われなんぢらに示す われかつ爾曹なんぢらつたへし所の福音は人よりいづるにあら
  12. そはわれこれを人よりうけまたをしへられず たゞイエスキリストの默示しめしよりうけたればなり
  13. わがさきにユダヤ敎にありしとき行ひたる事を爾曹なんぢらきけすなははなはだしく神の教會をせめかつこれ殘賊ほろぼせり
  14. われまた心を人よりも先祖等せんぞたち遺傳いひつたへあつくしユダヤ敎にありては國人くにびとのうち年相若としひとしきおほくのものまさりたり
  15. しかれどもが母のたいいでし時よりわれえらびおきめぐみをもてわれめし給ひし神
  16. その子を異邦人のなかのべしめんがため心によしとして彼をわが心に示し給へるその時われたゞちに血肉とはかることをせず
  17. またわれより先に使徒となりてヱルサレムにあるところの者にもゆかずアラビヤにゆきまたダマスコに返れり
  18. 三年を經てのちペテロをたづねためにヱルサレムにのぼり十五日彼とともをりしが
  19. ほかの使徒たちにはしゅの兄弟ヤコブをのぞきたれにもあはざりき
  20. わが爾曹なんぢら書遺かきおくる所は神の前にいつはれることなし
  21. 厥後そののちわれスリヤ キリキヤの地に至れり
  22. しかれどもユダヤにあるキリストの諸敎會はかほしらざりき
  23. たゞかれらはさき己等おのれらせめしもの今はそのさきほろぼさんとしたる信仰の道を宣傳のべつたふときゝ
  24. わが事によりて神をあがむることをなせ


| 新約全書目次 | 加 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 總目次 |