新約全書使徒パウロ ガラテヤびとおくれるふみ

第 六 章



  1. 兄弟よ もしはからずもあやまちおちいる者あらば爾曹なんぢらのうちみたまに感じたる者 柔和なる心をもてこれ規正たゞすべし また自己みづからをもかへりみよ おそらくはなんぢさそはるゝことあら
  2. なんぢら彼此たがひの勞をかくしてキリストの律法おきてまったうすべし
  3. 人もしあることなくしてみづかありとせばこれみづから欺くなり
  4. 各人おのおのそのなすところをかんが如此かくせば誇るもとゐはたゞおのれありて人にあら
  5. そは人おのおのそのおふべければなり
  6. されど道ををしへらるゝ者は道ををしふる者にすべて有益なる物を分予わけあたふべし
  7. みづかあざむなかれ 神はあなどるべき者にあらそは人のまくところの者はまたそのかるところとなるなり
  8. おのが肉のためまくものは肉より敗壞くつるものをかりとりみたまのためにまくものはみたまより永生かぎりなきいのちかりとるべし
  9. 善を行ふにおくするなかそはもしうむ事なくば我儕われら時に至りて穫取かりとるべければなり
  10. 是故このゆゑ機會をりあらばすべての人に善をなすべし 信仰のともがらにはわけこれなすべし

  11. 爾曹なんぢらわが親手てづからなんぢらに書遺かきおくもじいかおほいなるかを見よ
  12. おほよそ肉についてうるはしからんことをねがふ者は爾曹なんぢらに割禮をこれたゞおのれキリストの十字架のためせめらるゝことをまぬがれんがためなり
  13. そは割禮をうけたる彼等なほみづか律法おきてを守ることをせず 彼等が爾曹なんぢらに割禮をうけさせんとするは爾曹なんぢらの肉において誇らんとおもふなり
  14. されわれにはたゞわれらのしゅイエスキリストの十字架のほかに誇る所なからんことを願ふ このキリストによりわれ世にむかへば世は十字架につけられ世のわれむかふもまたしか
  15. それイエスキリストにおいては割禮をうくるもうけざるもえきなくたゞあらたつくられし者のみえきあり
  16. おほよこの規矩のりしたがひてあゆむ者にねがはくは平康やすき恩惠めぐみとあれ 神のイスラエルにもまたしか
  17. 今よりのちたれわれわづらはすなかそはわれ身にイエスの印記しるしおびびたればなり
  18. 兄弟よ ねがはくは我儕われらしゅイエスキリストのめぐみなんぢらのれいともならんことを アメン

新約全書加拉太書がらてやのふみ をはり



| 新約全書目次 | 加 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 總目次 |