新約全書使徒パウロ ガラテヤびとおくれるふみ

第 五 章



  1. イエスキリスト我儕われらときて自由を得させたり 是故このゆゑ爾曹なんぢらかたくたちふたゝび奴隷のくびきつながるゝなか
  2. われパウロ爾曹なんぢらにいふ 爾曹なんぢらもし割禮をうけなばキリスト更に爾曹なんぢらえきなし
  3. われまた割禮をうけたる各々おのおのの人についあかしその人は全き律法おきてを行ふべき者なり
  4. なんぢら律法おきてよりて義とせらるゝ者はキリストとかゝはりなくめぐみよりおちたる者なり
  5. われら望む所のものすなはち信仰をて義とせらるゝことをみたまよりまつなり
  6. それキリストイエスにありては割禮をうくるもうけざるもえきなくたゞ愛によりはたらく所の信仰のみえきあり
  7. なんぢらさきにはよく走りたり 爾曹なんぢら眞理まことしたがはざるやうさゝふることをしや
  8. そのすゝめ爾曹なんぢらめす者よりいづるにあら
  9. 少許すこし麪酵ぱんだね全團かたまりをみなふくらしむ
  10. 爾曹なんぢらついてはわれなんぢらが少しも異念ことなるおもひいだかざることをしゅよりて信ず たれにても爾曹なんぢらわづらはす者はその審判さばきうくべし
  11. 兄弟よ われもし今もなほ割禮をのべなんせめらる事あらん もししかせばもはや十字架につまづくことやむべし
  12. 爾曹なんぢらを亂す者のみづか爾曹なんぢらよりはなれんことを願ふ
  13. そは兄弟よ 爾曹なんぢらめしかうむりて自由を得たる者なればなり されどその自由をうる機會をりとして肉にしたがなかたゞ愛をたがひつかふることを
  14. それおのれの如くなんぢとなりを愛すべしといへこの一言ひとつのことばすべての律法おきてを全うするなり
  15. なんぢらつゝしめもしたがひに呑噬かみくらはゞおそらくはたがひほろぼされん

  16. われいふ なんぢらみたまよりあゆむべし さらば肉の慾をなすことなからん
  17. そは肉のねがひみたまさからみたまねがひは肉にさからこのふたつのものたがひ相敵あひもと是故このゆゑ爾曹なんぢら好む所の事をなすを得ず
  18. され爾曹なんぢらもしみたまに導かるゝときは律法おきてしたあらざるべし
  19. それ肉のおこなひ顯著あらはなり すなは苟合こうがふ汚穢をくゎい、好色
  20. 偶像につかふること 巫術ふじゅつ仇恨きうこん、爭鬪、妒忌とき忿怒ふんど分爭ふんさう、結黨、異端、媢嫉ばうしつ
  21. 兇殺きょうさつ醉酒すゐしゅ、放蕩などの如し 此等これらの事につきわれかつ爾曹なんぢらかゝる事をなす者は神國かみのくにつぐべからずとつげしその如く今またあらかじめこれつぐ
  22. みたまの結ぶ所のは仁愛、喜樂、平和、忍耐、慈悲、良善りゃうぜん、忠信
  23. 温柔おんじう撙節そんせつ かくの如きたぐゐを禁ずる律法おきてはある事なし
  24. それキリストに屬する者は肉とその情および慾とを十字架につけたり
  25. もしわれらみたまよりいきなばまたみたまよりあゆむべし
  26. たがひいかりたがひにねたむことをなし虛榮むなしきほまれもとむなか


| 新約全書目次 | 加 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 總目次 |