新約全書使徒パウロ ガラテヤびとおくれるふみ

第 二 章



  1. 十四年ののちわれバルナバとともにテトスを伴ひてまたヱルサレムにのぼ
  2. わがのぼりしは默示しめししたがへるなり 異邦人のうちおいのべし所の福音を彼等につげまたひそかに名ある人等ひとたちこれつげたり そはいまつとむる所また既につとめし所の事の徒然むなしくならざらんがためなり
  3. われともありしテトスはギリシヤびとなるになほしひてはこれに割禮をうけさせざりき
  4. そはひそかいれられしいつはりの兄弟あるによりてなり 彼等のひそかいりしは我儕われらがイエスキリストにありたもつところの自由をうかゞ我儕われらを奴隷とせんがためなり
  5. われら一時ひとゝきこれに服する事をせず は福音のまことつねに爾曹なんぢらともあらんことを望めばなり
  6. かの名ある者よりわれうけしことなし 彼等はいかなる人なるにもせよわれおいあづかる所なし 神はかたよる者にあらの名ある者われにをしへそへしこときなり
  7. かへって彼等はペテロが割禮をうけたる者に福音をつたふることをゆだねられし如くが割禮をうけざる者に福音をつたふることをゆだねられしを
  8. (ペテロに能力ちからあたへて割禮をうけたる人の使徒となしし者またわれにも能力ちからあたへて異邦人の使徒となせり)
  9. またわれたまひし所のめぐみしりしにより柱とおもはるゝヤコブ ケパ ヨハネもその右手みぎのてあたへわれとバルナバにまじはりを結べり これわれらは異邦人に至り彼等は割禮をうけたる者に至らんためなり
  10. 彼等のたゞねがふ所は我儕われら貧民まづしきもの眷顧かへりみん事なり 我儕われらまたこの事はもとより進んでなさんとする所なり
  11. ペテロ アンテオケに至りしとき彼にせむべき所ありしによりわれ當面まのあたりこれをいましめたり
  12. そはヤコブよりきたる者のいまだ至らざるさきにはペテロ異邦人とともしょくしたれども彼等が至るにおよびて割禮をうけたる者をおそ退しりぞきて異邦人とわかれたればなり
  13. そのほかのユダヤびとも彼とともいつはりおこなひをなしバルナバもつひそのいつはりおこなひさそはれたり
  14. われかれらが福音のまことしたがたゞしく行はざるを見すべての人のまへおいてペテロにいひけるは なんぢユダヤびとにしてし異邦人の如く行ひユダヤびとの如く行はざるときはなんぞ異邦人をしひてユダヤびとならはししたがはせんとする
  15. それわれらは生來うまれながらのユダヤびとにして異邦よりいでたる罪人つみびとあら
  16. されど人の義とせらるゝは法律おきておこなひよるあらたゞイエスキリストを信ずるによるなるをしる このゆゑ我儕われら律法おきておこなひよらずキリストを信ずるによりて義とせられんがためにイエスキリストを信ず そは律法おきておこなひよりて義とせらるゝ者なければなり
  17. もしわれらキリストにありて義とせられん事をねがひなほ罪人つみびとならばキリストは罪のしもべなるか きはめしからず
  18. が先にこぼちこのものを今もしふたゝたてなばみづかその罪人つみびとなるをあらはすなり
  19. われ律法おきてより律法おきてむかひてしねこれ神にむかひいきためなり
  20. われキリストとともに十字架につけられたり もはやわれいけるにあらず キリストわれありいけるなり 今われ肉體にありいけるはわれを愛してためおのれすてし者すなはち神の子を信ずるによりいけるなり
  21. われは神のめぐみ徒然むなしくせず し義とせらるゝこと律法おきてよらばキリストの死は徒然いたづらなるわざなり


| 新約全書目次 | 加 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 總目次 |