第百十三篇  題目 感謝のすゝめ



  1. ヱホバをほめまつれ 汝等なんぢらヱホバのしもべよほめまつれ ヱホバのみなをほめまつれ
  2. 今より永遠とこしへにいたるまでヱホバのみなはほむべきかな
  3. 日のいづるところより日のいるところまでヱホバのみなはほめらるべし
  4. ヱホバはもろもろの國の上にありてたかく その榮光みさかえは天よりもたかし
  5. われらの神ヱホバにたぐふべき者はたれぞや 寶座みくらをその高處たかきにすゑ
  6. おのれをひくゝして天と地とをかへりみ給ふ
  7. まづしきものをちりよりあげともしきものを糞土あくたよりあげて
  8. もろもろの諸侯きみたちとともにすわらせ そのたみのきみたちと共にすわらせたまはん
  9. 又はらみなきをんなに家をまもらせ おほくの子女こらのよろこばしき母たらしめたまふ ヱホバをほめまつれ

 百十三篇より百十八篇の終迄はユダヤ人が過越祭の時に常に歌へる詩なり。故にマタイ伝廿六・卅に『彼ら讃美を歌ひて後オリブ山に出でゆく』とあるは其時是等の詩篇の一つ又は皆を歌へるならん。過越祭は救の記念なる故、此六つの詩は格別に救を感謝する詩なり。その大意以下の如し。
 百十三篇  神は人に同情し給ふ
 百十四篇  神の臨在の力
 百十五篇  活ける神を信ぜよ
 百十六篇  救の杯
 百十七篇  諸の國の感謝
 百十八篇  主の御業
▲百十三篇の分解
 (一〜三)感謝を促す
 (四〜六)神の御性質を感謝す
 (七〜九)神の御業を感謝す



| 目次 | 緖言 | 總目次 |