新約全書使徒ペテロ前書まへのふみ

第 一 章



  1. イエスキリストの使徒ペテロ ふみをポント ガラテヤ カパドキヤ アジア ビテニアにちりとゞまれる者
  2. すなはち父なる神 福音にしたがはしめイエスキリストの血にそゝがれしめんとしてそのあらかじめしりたまふ所にしたがみたま聖潔きよめをもて選び給ひし人々に贈る ねがはくは爾曹なんぢら恩寵めぐみ平康やすきまさん事を

  3. ほむべきかな神 われらのしゅイエスキリストの父 かれそのおほいなる矜恤あはれみ我儕われらを再びうみ 我儕われらをしてイエスキリストのよみがへり給ひしことによりいけのぞみを得させ
  4. またわれらのために天にをさめあるくちけがれず衰へざる嗣業を得しめ給ふなり
  5. なんぢら信仰によりて神のちからまもられすでそなへある所の末時すゑのときあらはれんとするすくひうるなり
  6. これより爾曹なんぢら喜べり 今しばら各樣さまざまの艱難にあふうれへざるを得ずといへどかへっよろこびをなせり
  7. 爾曹なんぢらの信仰を試みらるゝはくつきんの火に試みらるゝよりもたふとくして爾曹なんぢらイエスキリストのあらはれ給はん時に稱讚ほまれ尊貴たふとき光榮さかえうるに至らん
  8. 爾曹なんぢらイエスを見ざれどもこれを愛し今見ずといへども信じて喜ぶ その快樂よろこびいひがたくかつ榮光さかえあり
  9. そはなんぢら信仰のしるしすなはち靈魂たましひすくひを得るによる
  10. 爾曹なんぢらうくる所のめぐみを預言せし預言者たちこのすくひかゝる事を探索さぐりもとめかつ推究おしたづねたり
  11. すなはち彼等そのうちをるキリストのみたま キリストのうけんとする苦難くるしみそののち得んとするさかえあらかじめあかししたるいつころいかなる時を示せると推究おしたづねたり
  12. 彼等は默示をかうむりて そのつたふる所の事おのれのためあら爾曹なんぢらためなることをしれそのつたへし事は今天よりおくり給ふ聖靈によりて福音をつたふる者の爾曹なんぢらつぐる所の事なり 斯事このことは天の使等つかひたちしらんことをねがへり
  13. され爾曹なんぢら心の腰におびしてつゝしみイエスキリストのあらはれ給ふ時なんぢらにきたらんとする恩惠めぐみを疑はずして望むべし
  14. なんぢら孝子かうしなるにより從前さき蒙昧くらき時の慾にならふことなく
  15. 爾曹なんぢらめし給ふ聖者きよきものならひすべておこなひきよくすべし
  16. そはしるしてわれきよければ爾曹なんぢらきよくすべしとあればなり
  17. 人を偏視かたよりみ各人おのおのおこなひよりさばく者を爾曹なんぢらもし父とよばば世にやどれる日をおそれてすごすべし
  18. そはなんぢらあがなはれて先祖よりつたはりたるむなしおこなひより離れしは銀やきんの如きくつる物によるあら
  19. きずなくしみなきこひつじの如きキリストの寳血たふときちよれることをしればなり
  20. キリスト世基よのもとゐおかざりし先にさだめられこの末時すゑのとき爾曹なんぢらためあらはれ給へり
  21. 爾曹なんぢらはキリストをよみがへらせかつこれにさかえあたへ給ひし神をキリストによりて信ずる者なり 是故このゆゑ爾曹なんぢらの信仰とのぞみは神によれ
  22. 爾曹なんぢらすでにみたまにより眞理まことしたがひて靈魂たましひきよいつはりなく兄弟を愛するにいたりたればきよき心をもてたがひあつあひ愛すべし
  23. 爾曹なんぢらが再びうまるゝはくつべきたねよるあらくつべからざるたねすなはちかぎりなくたもつ神のいけことばよるなり
  24. それ人は既に草の如くそのさかえすべての草の花の如し 草はかれその花はおつ
  25. されしゅことばかぎりなくたもつなり 爾曹なんぢら宣傳のべつたふる福音はすなはちこのことばなり


| 新約全書目次 | 彼前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 總目次 |