第四章 神の聖言みことば能力ちからある効果



たふとき大なる約束』──ペテロ後書一章四節

 私共は去る三日間、私共の心の中に御約束のうちのあるものを成就していただくためにここに集まって来たのであります。さて私共はこの聖言みことばを考えながら、貴き大いなる約束の能力ちからと、それが何を私共になすことができるかを見ようではありませんか。
 それは何と力強い期待を私共の心の中に起すではありませんか。皆様や私のために天より来った約束なのであります。
 ここに学校へ通っている子供がいて、非常に自転車を欲しがっていたとします。ついにその父親は彼の誕生日の贈り物として買ってやると言いました。おお、この少年の心の中に起された喜悦よろこびは如何ばかりでしょう。その期待、その歓喜はどれほどでしょう。この少年は父親がこの約束を成就してくれることを疑わない。しかも惜しげもなく見事なもので約束をかなえてくれ、その日には立派な自転車がいただけるということを少しも疑いません。
 さて、神の約束は皆様に来ている。それは皆様の心の中に熱心を起したでしょうか。それは歓喜と、喜悦に満ちた期待とを起したでしょうか。それは皆様の心の中にかかる効果をもたらすはずであります。私共の神は私共が願ったり思ったりするにまさって御忠実であり、その約束を成就なさる方であります。
 神の約束は天みずからによって署名された、天からの銀行紙幣のようなものであります。私共の日常使用している銀行紙幣はちょうど約束のようなものです。その上に「支払の約束」が記されてあります。それはイングランド銀行によって与えられた約束のごときものであり、皆様はイングランド銀行を信用なさるゆえに、その紙片をあたかも金貨のごとく受け取りなさいます。それは使用され、要求されるまでは、それ自身に何等価値のないものです。金貨はそれ自身に一定の価値を持っております。しかし銀行紙幣はそれを使用しない限りは価値を生じないものであります。しかしもし皆様が用いなさるならば、それはあたかも金貨と同様に全額の価値を生ずるのであります。
 神の約束もちょうどこのようなものであります。もし私共がそれを要求し、使用しさえすれば、私共にとって全額の価値を持つようになるのであります。

約束による祝福

 さて神のこれらの約束は、私共の霊的生命に非常に密接に、致命的に関係しているのであります。ゆえに私共が生命のパンなる約束を食らうならば、私共は強いキリスト者の生命を持つようになるのであります。
 ヨハネ伝十四章を開いてみましょう。この章において主は御自身の御言ということを非常に強調していらっしゃるのを見ます。二十一節と二十三節において私共は驚くべき約束を与えられています。これはたぶん聖書の中で最も驚くべき約束でありましょう。『わが誡命いましめを保ちて之を守るものは(私はこの誡命なる言葉のうちに主の全部の御言を含めとうございます)、即ち我を愛する者なり。我を愛する者は我が父に愛せられん、我も之を愛し、之に己を顯すべし』。かくして私共は主と交際まじわりをもち、主を友とし、伴侶として知ることができるのであります。
 二十三節。──『人もし我を愛せば、わがことばを守らん、わが父これを愛し、かつ我等その許に來りて住處すみかを之とともにん』。ゆえに私共はキリストの御言によって、父と子なる神の内住の臨在を有つことができるのであります。
 十五章七節を見てごらんなさい。『汝等もし我に居り、わが言なんぢらに居らば、何にてものぞみに隨ひて求めよ、らば成らん』。ゆえに主の御言が私共の中におることが絶対的に必要であります。その時にのみ私共は祈禱いのりにおいて能力ちからあるものとなるのであります。私共は『キリストの言をしてゆたかに汝らのうちに住ましめよ』と命ぜられています(コロサイ三章十六節)。『豐に』とは何と幸福さいわいなる言葉でありましょう。キリストの言葉をして皆様の心の中に全能力を発揮せしめなさい。御言を、それが皆様に与えんと言いたもう喜悦よろこび平安やすき慰藉なぐさめと共に皆様の心の中に住まわしめなさい。

増し加わる恩恵めぐみ

 ペテロはこれらの貴き大いなる約束を語らんとするに際し、彼の心の中に一つの目的を持っておりました。彼はこの書翰を受け取るキリスト者のことを考えていました。彼は彼らが「増し加わる恩恵」を持たんことを願ったのです。『恩惠と平安と汝らに增さんことを』(二)。これがペテロの中にありました。これが彼をしてこの書翰を記さしめたのであります。彼は恩恵と平安とが彼らに増加されんことを願っておりました。彼はあたかも「汝らは既に恩恵と平安とを受けている。しかし私は汝らが今既に持っているところの二倍も、否、五倍をも受けんことを願っている」と言うがごとくであります。ただ増すのではなくて、倍加されんことこそ願わしいのです。
 ペテロは既に私共の神の驚くべき能力ちからを経験しておりました。彼はこれが誇張した祈禱いのりでないことを知っていました。神は『生命と敬虔とにかゝはすべてのもの』(三)を私共に与えたまいましたゆえに、このことは必ず経験できると知っていたのであります。
 それはあたかも富める父親が、その子の必要の一切を銀行に預金したかのごとくであります。一切はそこにあります。ゆえにその子はそれを信じ、それを引き出せばよいのであります。神はあたかも天の銀行に生命と敬虔とに係わる一切を皆様のために預金したもうたかのごとくであります。
 私共のために蓄えておいて下さるとは、神の仁慈いつくしみの何たることでありましょう(詩篇三十一篇十九節)。生命に係わるすべてのものとは、皆様が存在するところのことを言うのであり、敬虔に係わるすべてのものとは、皆様がなすところのことを指すのであります。キリスト者生涯の二大要素たる皆様の存在と行為に係わる一切のものは、キリストに在りて皆様のものなのであります。

激   励

 ペテロはたぶん大部分は、彼によって救われた愛するこれらの信者たちがこのことを理解し、かくして神に相応しく歩む者となるために必要なものとして、彼らのために蓄えられてあるこの恩恵めぐみを要求せんことを願ったのであります。故に彼は十三節において彼らを激励せんと欲していると言っております。『我は尚この幕屋に居るあひだ、汝らに思ひいださせて勵ますを正當なりと思ふ』。そして三章一節には、『愛する者よ、われ今この第二のふみを汝らに書き贈り、第一なると之とをもて汝らに思ひ出させ、そのいさぎよき心を勵まし』と言っております。
 ペテロは彼らが鈍れて行くのではないか、これらのことを彼らの心から忘れていってしまうのではないかと心配しました。そこで彼は『汝らを勵ます』或いは『汝らを覺ます』と言ったのです。これは、弟子たちが舟にて眠りたもう主を覚ましたというところに用いられていると同じギリシャ語であります。「あなたがたは眠ってしまったのではなかろうか。ゆえに私はあなたがたを神の約束に対して、またあなたがたの周囲の状態について覚ましたいと願う」と言えるがごとくであります。
 彼は彼らが神の約束を正当に使用していないことを恐れていた様子が見えます。彼は八節にて『此等のもの汝らの衷にありて彌增すときは……實を結ばぬこと無きに至らん』と言っております。彼は彼らが実を結ばないものとなることを恐れたのです。これが彼の書翰を彼らに書いた理由わけであります。彼は彼らが『盲人めしひ』(九)であり、遠くを見ることができず、正しい視界を持っていないことを恐れました。また彼らが忘れやすいこと(九)を恐れました。即ち『己がふるき罪をきよめられしことを忘れ』、かつてのごとく今もなお赦されしことを喜ぶのを、忘れてしまったことを恐れました。
 彼は彼らが『世の汚穢けがれをのがれしのち、またこれにまとはれ』ることを恐れていたのです(二章二十節)。纏われるとは何たる意味深い言葉でありましょう。これは束縛され、様々の些事により活動を妨害されるという意味であります。ペテロはこれらのキリスト者が『復これに纏はれ』ることを心配しました。それゆえに彼はこれらの『貴き大なる約束』を彼らに思い出させたのであります。

第一の結果──滅亡ほろびをのがれること

 彼は彼らがこの約束を豊かに彼らの心に受け入れることを願いました。彼は彼らがこれらの約束によって『世に在る慾の滅亡をのがれ、神の性質に與る者と』なるように告げています(四)。これらの活ける約束はその中に潔める能力ちからを持っていて、この世の運命である滅亡よりのがれしむるものなのです。
 『のがれ』──ペテロはこの言葉を愛していたかのようであります。二章十八節では『まよひうちにある者等ものどもより辛うじてのがれたる者』と言い、二十節にては『彼等もし……世の汚穢けがれをのがれしのち』と言っております。私共が当然受くべき滅亡と汚穢より解放される幸福さいわい。『のがれる』という言葉は、たとい如何に滅亡や誘惑が私共の周囲まわりにありましても、私共は神の約束により、衣を潔く保ちて歩むことができるという福音を私に告げるのであります。
 私の日本における親しき友の一人がまだ少年時代のことでありました。或る日、街の伝道所に何気なく入って説教を聞いた時、『活ける神』という言葉を聞きました。これが彼を救った福音の言葉となりました。彼は主イエスのために輝かしく立ち上がりました。そして彼の学校であかしをいたしました。しかるに校長はこれを聞いて、「お前は祖国に対する裏切り者である」と言って学校を放逐してしまいました。武士さむらいにとって、裏切り者と呼ばれ、また学校を放逐されることは非常に辛いことでありました。そしれそれは今後の彼の前途を破壊することでもありました。しかしこの少年は主のために大胆な勇気を持っておりました。彼は真理を見て、それに従ったのであります。
 しかるに暫くすると、彼は罪がなお彼を支配していることを発見しました。彼はこのために非常に熱心に主に祈り求めました。彼は彼の心の腐敗から救われんことを求めました。
 ある日、彼は私もよく知っている小さな部屋で、神の言を読みつつ祈っておりました。そのとき神は『その名をイエスと名づくべし。己が民をその罪より救ひ給ふ故なり』(マタイ一章二十一節)という御言によって彼に語りたまいました。それとちょうど同様に、腐敗よりも救いたもうと教えられました。そこでその少年は主イエスは彼をうちなる腐敗より救いたもう御方なることを発見しました。そして彼はその完全なる救いに喜ぶ新しい生涯を始めました。

第二の結果──『神の性質』

 しかし今日の御言の中にはこれ以上のことが含まれています。今までのは消極的な恩恵めぐみでありました。積極的な恩恵はより以上に驚くべきものであります。『神の性質に與る者』(四)であります。主イエスは、樹の善し悪しはそのによって知られると言いたまいました。しかして私共は新たに生まれかわり、性質は変化されると教えられています。そして貴き大いなる約束によって神の性質が与えられるのであります。
 何ものも、その性質によりその容貌すがた行為おこないとが規定されるのであります。周囲がどんなであろうとも常に純白であるのが百合の花の性質であります。天空に高く舞い上がるのが鷲の性質であります。燦然と輝くのが金剛石ダイヤモンドの性質であります。さらば神の性質を持つとは如何なる意味でしょうか。それは皆様が生来うまれつきの欲望や性癖の代わりに、愛なる性質、聖なる性質、罪を憎む性質を持つようになることを意味します。罪を行ってはいけないからそれを避けるのではなく、罪を憎む性質をもつのです。また自己を犠牲にする性質であります。何故ならば、神の御性質は御自身を犠牲にして我々に御自身の最も善きものを与えたもうからであります。
 皆様も私も聖霊によって神の性質を有つことができます。我々は聖霊を受けることができます。主の弟子たちは聖霊を受けた時、聖霊は彼らの衷において能力ちからとなりたまいました。それは聖潔きよめと勝利のための能力、彼らの心と生活とにおける喜悦よろこびのための能力であります。
 ペテロは『この故に勵み勉めよ』(五)と言い続けます(十節及び三章十四節をも御覧なさい)。

励み勉めよ

 悲しむべきことは怠惰なキリスト者がいるということであります。霊的に怠惰なのです。彼らは自らを奮い起こして神の御言を読み、神を祈り求めません。ペテロはこの傾向のあることを知って、御約束とその充実せる内容との故に『勵み勉めよ』と言っているのであります。恩恵めぐみと主イエス・キリストを知ることにおいて成長せんがために勉励なさい。
 私共は同様な勧告をヘブル書六章十一、十二節に見ます。『我らは汝等がおのおの終まで前と同じはげみをあらはして全きのぞみを保ち、怠ることなく、信仰と忍耐しのびとをもて約束を嗣ぐ人々にならはんことを求む』。
 このようにペテロは私共に勉励なれと告げ、恩恵に恩恵を増し加えて行けと命ずるのであります。『汝らの信仰に德を加へ、德に知識を、知識に節制を、節制に忍耐を……加へよ』。皆様の中のある御方は周囲の状態により、特に信仰に忍耐を加える必要があるでしょう。そして『忍耐に敬虔を、敬虔に兄弟の愛を、兄弟の愛に博愛を』、即ち皆様が行き会う人々に対するきよき愛を加えなさい。すべてこれらのことを加えなさい。そして神の言が『此等のもの』を加えよと命じたもう以上は、これは幸福さいわいにも私共にでき得ることなのであります。
 聖霊は私共にこれらの段階を登らしめ、いよいよ高きへと引き上げたまいます。キリスト者生涯とはかくのごとく恩恵に成長する生涯を指すのであります。それは私共が訓練されつつあり、また自身を訓練しつつあるという意味であります。何故ならば、教育とは大部分、少年少女をして彼等自身を訓練することができるように、訓練することをいうからであります。しかしてここにあるごとく、私共は敬虔において訓練され、また私共自身を訓練することができ、しかして一歩一歩と前進することができるのであります。

『躓くことなからん』

 これには驚くべき結果があります。『汝ら躓くことなからん』と十節に記されています。汝ら墮落することなからん。汝らの足は堅きもといのある岩の上にあらん。
 あまりにも多くの人々が後戻りして、喜悦よろこび平安やすき祈禱いのりを失っているのは悲しむべきことであります。しかしここに墮落しない秘訣があるのです。

堂々たる入国

 ペテロは十一節においてもう一つのことを語っております。『かくて汝らは我らの主なる救主イエス・キリストの永遠とこしえの國に入る恩惠めぐみを豐に與へられん』。これは堂々たる入国であります。これはパウロが望んでいたところであります。『如何いかにもして死人の中より甦へることを得んが爲なり』と(ピリピ三章十一節)。
 我々は宜しくこの堂々たる入国のために祈るべきであります。これは港に入ってくる船の比喩たとえであります。或る船は港に入ってきたが、暴風雨のために壊れております。帆檣ほばしらの大半は折れ、帆は裂けています。その船はようようのことで港に這うようにして入って来たのでした。その船はいまや安全たることを得ました。しかしそれだけに過ぎません。他の一つの船が入港して参りました。全部の帆は張られ、索具つなぐは整頓され、全船、船首より船尾に至るまでよく艤装されています。楽隊は奏楽し、波止場では友人らが歓迎すべく待っております。その船は港に堂々と入って来たと言えるのです。
 これがここの比喩であります。私共はこのように神の国に堂々と入国したいものであります。私は、勝利ある臨終ほど未信者に明確な証詞あかしをなすものはないと思います。私は日本でこれを発見しました。キリスト者の臨終を見て、それによってキリストは真の救主であることを悟った人々の物語をたくさん知っています。
 さて私共はこれらの十二の節によって貴き大いなる約束の能力ちからの幾分を学びました。
 私共この銀行紙幣を使用いたそうではありませんか。私共はこの銀行紙幣を受け取り、愛と喜悦よろこびと善き業、または周囲の人々に対する親切と助力たすけなどに換えようではありませんか。
 かくしてキリストは崇められたまいます。皆様は謙らされるでしょう。しかしキリストは崇められ、皆様の霊魂たましいは信仰による喜悦と平安やすきとに満たされるのであります。



| 1 | 2 | 3 | 4 | 附録 | 目次 |