第三章 昇天の主とその大いなる賜物



『汝わが汝になすべきことを求めよ……なんぢの靈のふたつの分の我にをらんことを願ふ』──列王紀下二章九節

 エリヤは大胆な神の証人あかしびとであり、神の民の指導者でありました。しかしいま神は彼らよりエリヤを取り去らんとしておられます。そこで、エリシャは神の証詞あかしを続行するために後に残されてしまうのであります。彼は責任を感じ、彼自身に能力ちからの必要を感じました。この章において私共は、いかにして彼が確信と能力とを獲得したかを読むのであります。
 この物語において我々は、贖罪あがないの御業を遂げて父なる神のもとに帰り往きたまいますキリストの型と予示(foretaste)とを見ます。主はなすべき大事業を後に残して行きたまいました。その責任は、社会的地位もこの世の勢力もない少数の弟子たちの上にかかっておりました。しかし主は、弟子たちが『まされる助け主』を受けることにより、充分な能力を受け得るよう計画なさっておいででした。その助け主は、彼らを導きてすべての真理を知らしめ、彼らと常にともに在し、彼らを主の道に導く御方でありました。
 故に主が昇天したまいました時、弟子たちはエルサレムに帰って参りました。彼らの心には大いなる約束がありました。主は彼らに待てと命じたまいました。故に弟子たちは、主との最後の晩餐を共にした部屋に集まり、そこで祈りました。彼らは、彼らの主イエス・キリストは御座みくらに昇りたもうた、それ故に主の御名によって祈ることができると知っておりました。
 彼らは主イエスと偕なる三年の間に驚くべき祝福を受けました。それは驚くべき光であり教訓でありました。彼らは神の能力とその愛と仁慈いつくしみとの顕れた、驚くべき光景を見ました。しかしいま彼らは新しく大きな必要に遭遇し、新しい約束を与えられました。故に彼らは助け主を祈り求めたのでありました。
 確かに彼らにとってその時は、祈ってなどいることができる時ではなかったでありましょう。むしろ、出掛けて行って彼らが見た事件を人々に知らせたい心で一杯でありましたろう。しかし、主イエスは彼らに祈れと告げたまいました。今まで彼らが如何にたくさんの祝福を受けたといたしましても、彼らにとってもっともっと驚くべきほどのことがあるのです。主イエスは勝れる助け主が来ると告げたまいました。

勝れる助け主

 『勝れる』ものが何かあり得ましょうか。彼らの傍らに常に肉体を取りたまえる神の子を持ち、その御口より恩恵めぐみの言と旧約聖書の解釈を聞くこと以上に勝るものがありましょうか。愛に満ちて微笑みたもう主と共に居ること以上に勝ることがありましょうか。
 しかし主は勝れる助け主を待つように彼らに命じたまいました。しかも主は彼らを去るのではありません。主は彼らといつまでも偕にいたまいとうございました。そこで弟子たちは次の事を学ばねばなりませんでした。すなわち、主イエスが肉体にて彼らと共におり、外部より彼らに教えたもうた代わりに、今やキリストは聖霊によって彼らの心の中に宿りたもうということであります。
 キリストは聖霊によって彼らの心をきよめ、教えたまいたいます。そうすれば彼らは主に服従し、主のみちを歩むことができるからであります。キリストご自身が彼らの智慧と義とになり、彼らの聖と救贖あがないとになりたまいます。聖霊に由りてうちに宿りたもうキリストであります。
 それ故に彼ら弟子たちは跪いて祈りました。彼らが今まで受けたより大きな祝福のために祈りました。主が彼らに語りたもうた勝れる助け主を祈り求めたのであります。
 皆様は今まで受けたものより勝った恩恵を、謙って祈り求める必要はないでしょうか。皆様が罪の重荷の取り除かれ、永遠の生命を確信するを得たことを喜び、またキリストご自身を喜んでおられるのは、もちろん良いことであります。しかし、聖霊に由り皆様の心の中に『現されたる』キリストを持ち、聖霊に由って皆様の衷に『形づくられたる』キリストを持つことは、より勝れることではないでしょうか。聖霊によりキリストは『彼らの心の衷に住処すみかを持ち』彼らの衷に『形づくられ』たもうことを欲したもうのであります(ガラテア書四章十九節。何と驚くべき御言でしょう)。主はまだ彼らの中にかくのごときものとなっていたまわなかったのでした。

如何にして受くべきか

 さてこれらのことは、この美しく驚くべき物語の中に、型(type)として私共に示されてあります。そしてこの物語から私共は、皆様も私も昇天したもうた主より如何にして『勝れる助け主』の大いなる賜物を受けうるかを、非常に多く学ぶことができるのであります。
 最初の八節において我々はエリヤをして『汝わが汝になすべきことを求めよ』と言わしめた誘因を見ます。エリヤは最初からそれを言いませんでした。エリヤをしてかく言わしむるようにさせたものがあったのであります。神は、神を求める者が全心より求めているか否かを試みたもうのであります。

試   験

 何が誘因となったでしょうか。何がエリシャに『なんぢの靈の勝れる分』を求めることを可能ならしめたのでしょうか。
 試験は各々滞留した場所でやって来ました。エリシャは、とどまって彼の新しい地位につくように誘惑されました。しかしエリシャは耐え忍び、それに打ち勝って、確固としてエリヤと共に歩み続けました(ヘブル書六章十二節)。彼はエリヤと共に居ることを欲し、最後まで彼と共に歩み抜くことを欲しました。幾度も彼は試みられました。幾度もエリヤ自身も『請ふ汝こゝにとゞまれ、請ふ汝こゝに止れ』と申します。しかしエリシャはエリヤと共に進み行くことを堅く決心します。彼は耐え忍んだのでありました。
 しかしそればかりではありません。預言者のともがらの勧誘がありました。預言者の徒は、エリヤが彼らと共にいたふるい時代は終ってしまいましたと、繰り返し繰り返し注意いたしました。そしてエリシャ自身がエリヤの代わりとなることを準備すべきで、彼らもエリシャが止まることを欲していますと告げました。いずれの場所でもこれが言い出されました。
 しかしエリシャはその勧誘に抵抗して、かたくエリヤと共に歩み続けました。彼は非常に厳粛に、あたかも献身の誓いのごとくに『ヱホバは活く、なんぢの靈魂たましひは活く』と申しました。そして『我なんぢをはなれじ』と三度も繰り返しました。約束を獲得し、御霊を受けております者は、信仰の試みや肉的煩慮にもかかわらず、真っ直ぐに前進して行く人であります。彼は主と偕に歩みます。主に伴うことは彼の欲望のすべてであります。彼は何事によっても主との交際まじわりを妨げられないように注意しております。彼は如何なる時も主と偕に歩むのであります。
 『二人すゝみゆく』(六)。これを皆様の聖書に印を付けなさい。そしてついに『彼ら二人はヨルダンのほとりたちける』(七)。ヨルダンを渡った後も『彼ら進みながら』(十一)とあります。エリシャは彼と一歩一歩確く共に歩みつつ、主なる神と偕に前進したのでありました。

傍観者となるか、分担者となるか

 この物語の中には、まだ他の人々がおります(七)。彼らは善良な忠実な人々ではありますが、共に進み行きませんでした。『預言者のともがら五十人ゆきてはるかたちて望めり』。彼らは何事が起るか見んと欲しました。疑いもなく彼らは非常に興味を持っておりましたが、それに干与し自分も受けようとは致しませんでした。これと同様なものが他にもございます。『ヱリコに在る預言者の徒對岸むかひにありて彼を見て……』(十五)。
 おお、友よ、傍観者となり、分担者とならないでいることは易うございます。もちろん傍観者も深い興味を持っております。彼らは神の御手のお働きを知りたく、見もしとうございます。彼らは他人が祝福された話を聞くことが好きであります。しかし彼らは、一歩進んでその恩恵めぐみに与ろうとはいたしません。彼らは主と偕に居ることを堅く続けないのであります。
 ピリピ書三章を見ましょう。これは主と偕なりつづけた者の大いなる章であります。彼が自己の回心と献身とを語っているのを見ます(七)。『さきに我が益たりし事はキリストのために損と思ふに至れり』と。
 そして次に彼は『然り、我は……凡ての物を損なりと思ひ』と申します。これは彼の回心より三十年後に書かれたのでした。自分は今なお同じ態度を保ち、同じ標準に従っています。自分は三十年前と同様、今日も『凡ての物を損なりと』思っています。何となればいよいよ『キリストとその復活よみがへりの力とを知り、又その死にならひて彼の苦難くるしみにあづかる』(十)ことを欲する故です。パウロはかくして主と偕に居ることを継続してきたのであります。
 『二人すゝみゆくに』。彼は『既に全うせられたりと言ふにあらず、唯これを捉へんとて追求む』と告白しています(十二)。彼は一歩一歩主と偕に歩み続けました。『唯この一事を務む、即ちうしろのものを忘れ、前のものに向ひて勵み、標準めあてを指して進み、神のキリスト・イエスに由りて上に召したまふめしにかかはる褒美を得んとて之を追求む』。彼は主と一つになっているのであります。
  我が主と一つ。主の十字架にも恥辱はづかしめにも、
   侮蔑さげすみにも、槍にも、茨にも。
  主の愛に捉へられ、われ主のみなを取れり、
   世の嘲笑あざけりの故にわれ主を去るべきかは。
 おお、これこそ、我々一人びとりの精神となり、心となりますことを。励みて前進しなさい。我ら心の中において『主の活き給ふごとく、我も主を去らじ』と、献身の誓いをしなさい。
   わが救主よ、われ汝に從はん、
   汝はわがために寳血を流し給へり
   されば全世界われを見棄つとも、
   汝の恩惠めぐみにより我は汝に從はん。
 かくして彼ら二人進み行けり。

四つの段階

 さて彼ら二人が立ち寄った場所が非常に詳細に記されてあります。私は確かに聖霊がこれらの場所より教訓を学べと言いたもうがごとく感じます。何故ならばそれはかつて大事件が起った場所であるからです。
 例えば皆様がワーテルローへ行ったとなさい。皆様は決してこれはブリュッセルや他の場所に比べて少しも興味のないベルギーの一寒村であるなどとは思わないでしょう。皆様はここでかつて大会戦がなされ、ここで英軍が抵抗してナポレオンの軍勢を打ち破ったのであると申しますでしょう。かくその場所は皆様に感銘を与えるのです。
 もし皆様が今日インドのラクナウに行きますならば、千八百五十六、七年のあのセポイの反乱の恐怖すべき当時を思い出すでしょう。そのところが皆様の心に訴えるのであります。
 それですから彼らがこれらの場所に行った時、そこで起った事件の記憶が彼らの心に語ったに違いないのであります。

罪を切り捨てること

 一、ギルガル。これはイスラエルの民が約束の地に入った時、割礼を行った場所であります。『時にヱホバ、ヨシユアにむかひて我今日けふエジプトの羞辱はづかしめを汝らの上よりまろばしされりとのたまへり。是をもてその處の名を今日こんにちまでギルガル(まろび)ととなふ』(ヨシュア記五章九節)。神がエジプトの羞辱を転ばし去りたもうたのでした。しかして皆様も私も『手をもてせざる割禮を受くる』ことを命ぜられております。『キリストの割禮によりて肉の體を脫ぎ去る』ところの割礼であります(コロサイ二章十一節)。即ちキリストの割礼によって全部のものを脱ぎ捨て、我々自らを肉と霊とのすべての汚穢けがれより潔むるものであります。
 これは神が我々のために準備して下さったことであります。パウロがここで用いた『脫ぎ去る』というギリシャ語は非常に深い意味がございます。肉の罪を完全に除き去るという意味を表すところの一語のギリシャ語を知らなかったパウロは自分でそれを工夫したのではないかと思われます。Ap-ek-duseiという語であります。この語を組み立てるために二つの前置詞が用いられてあります。apoは汚穢を皆様の中より全く取り出すという意味です。ekはそれを遠ざけてしまうという意味です。これが心の汚穢を徹底的に除去するところのキリストの割礼の能力ちからであります。
 同じ語が十五節に『ぎて』と訳されてあります。また三章九節にも用いられています。すなわち『脫ぎて』とは徹底的に完全にの意味を含んでいるのです。
 おお、このことがなされた時に来る幸福さいわいなる平安よ。おお、回心せざる生涯の最後の羞辱が転ばし去られる時の幸福なる自由よ。
 そのギルガルでエリヤはエリシャを試験いたしました。もし皆様が主を求めていますならば、主は皆様を試験なさいます。神は全き心をもって神を求むる者を望みたまいます。故に神はギデオンがその軍隊を試験しましたように、彼らを試験したもうのであります。しかしてその試験に堪え得ません者を送り帰してしまいたもうのであります。
 『ここにとゞまれ』(二節)とは甘んぜよ、満足せよという意味です。皆様は非常にたくさんの祝福を今までに受けられました。皆様は肉の罪の体より救われました。それで充分ではないでしょうか。しかし主は皆様がそこに止まることを望みたまいません。主は皆様が全く明け渡していますか、祈禱いのりが真剣でありますか否かを試験したまいとうございます。
 エリシャは試験に堪えました。『我なんぢをはなれじ』と申しました。そこで『彼ら兩人は進みゆけり』。

神の契約

 二、ベテルは次に留まった場所であります。ベテルはイスラエルの歴史の上で非常に重要な場所であります。そこでヤコブは神と契約を結びました(創世記二十八章二十節)。そして神は彼にそれを思い出させておいでになります(同三十一章十三節)。『我はベテルの神なり。汝彼處かしこにて柱にあぶらそゝぎ彼處にて我に誓をたてたり』。ベテルは神との契約の地であります。
 皆様は主とご一緒にそこに行ったことがございますか。主は皆様をそこまで導きたまいましたか。そこで皆様は霊も心も肉体も主にお委ねなさいましたか。そうすれば主の側として、主は皆様に満ち足れる祝福を与えんと契約なさいます。もし皆様が神との契約に入っていますならば、皆様は『代々限りなく神はわがもの、我は神のもの』であることを知っていらっしゃるはずです。
 おお、ベテルに来り、皆様が神のもの、神は皆様のものであることを見出すことの幸福さいわいよ(雅歌二章十六節)。
 そしてここでも再びエリヤは『請ふ、汝こゝにとゞまれ』(四節)と言いました。皆様はいま満足なさっているのではないでしょう。いま欲していらっしゃるすべてを得ているのではないでしょう。或る人は「これで充分である」と言いがちであります。
 しかしエリシャは申しました。『ヱホバはく、なんぢの靈魂たましひは活く、我なんぢをはなれじ』と。そして彼ら二人は進み行きました。

信仰の勝利

 三、彼らはエリコに参りました。栄光さかえある勝利の地であります。イスラエルの民が神の能力ちからによって、城壁をめぐらした敵を撃破した場所であります。民らは敵と戦いました。そして信仰によって敵を滅ぼしたのでした。
 皆様が主とともに前進して行きます時に、神は皆様にちょうどエリコにおけるごとく、信仰による栄光ある勝利を示したもうことがあるでしょう。皆様の性質の中に城砦とりでを構え、とても逐い出すことができないように見える或る敵が、神の軍勢いくさの君を信頼して、幾度も幾度も信仰によって周囲を進軍する時に、神の能力によって征服され、逐い出されてしまったことがあるでしょう。
 皆様はエリコにおいて勝利を得た経験があるでしょう。そしてもう一度『こゝに止まれ』との誘惑が参ります。しかし二人は進み行きました。

死と復活よみがえり

 四、彼らはヨルダンに来ました。──『エリヤその外套うはぎをとりて之を卷き水をうちけるに此旁こなた彼旁かなたにわかれたれば二人は乾ける土の上をわたれり』(八節)。
 ヨルダンは聖書にては死と復活とを現しています。イスラエルの子輩こらがヨルダンに下った時、死に下ったのです。しかし彼らは新しき生命に上り来り、その地を彼らのものとして要求いたしました。
 死と復活。皆様は主とご一緒にここまでおいでになりましたか。
 ロマ書六章は死と復活の章であります。『かくのごとく汝らも己を罪につきては死にたるもの、神につきては活きたる者と思ふべし』(十一)。死と復活とを通過したのは主イエスばかりではなく、皆様もまた主と偕に進むべきであり、皆様もまた主のごとく甦りたるもの、即ち罪より自由となり、新しき生命の中を歩むべく、神につきて活きたるものとなり得ることを知ったでありましょう。かくしてガラテア書二章二十節におけるパウロのごとく『我キリストと偕に十字架につけられたり。最早われ活くるにあらず、キリスト我が内に在りて生くるなり。今われ肉體に在りて生くるは、我を愛して我がために己が身を捨て給ひし神の子を信ずるに由りて生くるなり』と、我々は信仰によってあかしすることができるのであります。
 おお、死と復活とを味わいし者の幸福さいわいよ。

祈   禱いのり

 かくしてエリヤはエリシャに語ることができたのであります。エリヤは『汝わが汝になすべきことを求めよ』と言い得たのであります。しかしてエリシャは恩恵めぐみ能力ちからとの盈満を欲し、またその責任の重きことを痛感しつつ、『なんぢの靈のふたつの分の我にをらんことを願ふ』と叫んだのでした(九節)。
 もし主が今朝皆様を顧みて問いたもうと致しますれば、皆様は躊躇なく『霊の二つの分』と答えることができますでしょうか。これが皆様の最も深い欲求であり、心の願う唯一のものでありましょうか。もし私共にそのような精神があり、何かより高いものに対する切なる欲求を持っているとしますれば、それは幸福さいわいなことであります。それが私共を真の能力にまで導くのであります。『汝わが汝になすべきことを求めよ』。主が御霊によって今朝皆様の霊魂たましいにこの問いをなさいましたら、皆様は何とお答えなさいますでしょうか。
 しかし私共はしばしば、宮の麗しの門に置かれていた跛者あしなえのような行為おこないをすることが多いのです。私共はただ一時的な恩恵を求めます。彼は食物を買うため僅かの銅貨を期待しておりました。しかし神は彼のためにそれ以上の驚くべき恩恵を備えていたもうたのであります。それは彼の生涯を変革し、終わりまで続く能力を賦与したもう恩恵でありました。おお、私共神の恩恵の富に随いて求めんことを。神の御旨に随いて我々の生涯を変革する祝福を求められよ。『なんぢの靈の二の分の我にをらんことを願ふ』。
 主イエスがヨハネ伝十四章十四節においてこれらのことを語りつつありたもうた時に、『何事にても我が名によりて我に願はば、我これを成すべし』と言いたまいました。何たる、王の如き御宣言ではありませんか。もし汝が何事でも願うならば、たといそれがすべての賜物のうちでも最大なものなる聖霊の賜物であろうとも、これを成さんと言いたもうのであります。

条   件

 エリシャがこれを受けるために一つの条件がありました。『汝もしわがとられてなんぢを離るゝを見ばこの事なんぢにならん』。『汝もしわれを見ば』という条件であります。エリシャがこれを見るということは驚異であります。然るにエリシャは実際それを見たのでありました。たとい預言者のともがらがそこにいたとしても、彼らは何事も見ることはできなかったでしょう。同様に、見るべきことを見ていないキリスト者がたくさんいるのであります。しかしエリシャはそれを見ました。ゆえに条件は満たされ、彼は霊の二つの分を得ました。そこで彼は『ふるき「我」は今死ねり』と言うがごとくに自分の衣を二つに裂きました。そしてあたかも『今われはキリストを着たり』と言うがごとくにエリヤの外套うわぎを着たのでありました。
 エリシャは彼の師の昇天を見たのであります。これは聖霊を受けるための大きな条件でした。昇天したもうた主を見ること、即ちいま主は御座みくらに在し、万物の王なる支配者、我らのための大祭司となっていたもうのを見ることが必要であります。『汝もしわれを見ば』であります。ヨハネ伝十四章十二節。
 皆様はかつて十字架の上の神の羔羊こひつじを仰ぎ見たことがありますでしょう。その時、皆様の重荷が取り除かれました。そしてそれは『如何に多くとも汝の罪は赦されたり』と皆様の耳にささやいたでしょう。皆様は十字架に付けられたまいし主を見たのです。
 そしてたぶんまた甦りたまいしキリストを見たこともありますでしょう。ちょうどペテロとマリヤとになしたもうたごとく、主は御自身を皆様に啓示したまいましたでしょう。その時、皆様はキリストが甦りたもうたことを知りました。主は勝利を得たまいました。そして皆様もその勝利に与り、新しき生命の中を歩むようになったのでした。そして再び神は皆様に昇天したもうたキリストを見ることを得させたまいます。すなわち主はいま御座に在し、全く救うことを得たもう栄光さかえある王なることを見させたもうのであります。
 エリシャはそれを見ました。皆様はそれをご覧になりましたか。即ち主は御座に在し、皆様は地上に在りてなお闘いつつあるゆえに、主は皆様の上に聖霊を注ぎ、皆様をして主のためにあかしし、この世の中を主と偕に歩む主の忠実なる助け人またしもべたらしめたもうのであります。それは皆様の周囲の人々をして『エリヤの靈エリシャの上にとゞまる』、即ち『キリストの霊かの人の上にとどまる』と言わしめんがためであります。
 おお、今日の聖霊降臨節ペンテコステにおいて聖霊による栄光ある変革がなされ、ここにおられる一人びとりが互いに『キリストの霊かの人の上にとどまり、我々は彼の中にキリストを見る』ということができますように。



| 1 | 2 | 3 | 4 | 附録 | 目次 |