詩篇第二卷

第四十二篇  題目 うなだれたる者の號呼



伶長うたのかみにうたはしめたるコラの子のをしへの歌

  1. あゝ神よ しかの渓水たにがはをしたひあへぐがごとく わが靈魂たましひもなんぢをしたひあへぐなり
  2. わがたましひはかわけるごとくに神をしたふ 活神いけるかみをぞしたふ いづれのときにかわれゆきて神のみまへにいでん
  3. かれらが終日ひねもすわれにむかひて なんぢの神はいづくにありやとのゝしるあひだはたゞわが淚のみ晝夜ひるよるそゝぎてわがかてなりき
  4. われむかしむれをなして祭日いはひのひをまもる衆人おほくのひととともにゆき歡喜よろこびと讃美のこゑをあげてかれらを神の家にともなへり 今これらのことを追想おもひおこしてわがうちよりたましひをそゝぎいだすなり
  5. あゝわが靈魂たましひよ なんぢなんぞうなたるゝや なんぞわがうちにおもひみだるゝや なんぢ神をまちのぞめ われに聖顏みかほのたすけありてわれなほわが神をほめたゝふべければなり

  6. わが神よ わがたましひはわがうちにうなたる さればわれヨルダンの地よりヘルモンよりミザルの山よりなんぢをおもひいづ
  7. なんぢの大瀑おほだきのひゞきによりて淵々ふちぶちよびこたへ なんぢの波なんぢの猛浪おほなみことごとくわが上をこえゆけり
  8. しかはあれど晝はヱホバその憐憫あはれみをほどこしたまふ よるはその歌われとともにあり このうたはわがいのちの神にさゝぐるいのりなり
  9. われわがいはなる神にいはん なんぞわれを忘れたまひしや なんぞわれはあたのしへたげによりて悲しみありくや
  10. わが骨もくだくるばかりにわがてきはひねもすわれにむかひて なんぢの神はいづくにありやといひのゝしりつゝわれをそしれり
  11. あゝわがたましひよ なんぢなんぞうなたるゝや なんぞわがうちに思ひみだるゝや なんぢ神をまちのぞめ われなほわがかほのたすけなるわが神をほめたゝふべければなり

 本篇の大意は神を離れし者が神に立歸る事也。
 一、二節──神を慕ふ熱情
 三節──心の苦(くるしみ)
 四節──過去の經驗の記憶
 六節──現在の交通の斷絕
 七節──心中の戰(たゝかひ)
 九、十節──外部よりの戰
 十一節──信仰
▲四十二篇及び四十三篇に神の御名を七樣に記さる。
 一、神(四十二・一)      二、活ける神(同二)
 三、わが神(同六)       四、わが生命の神(同八)
 五、わが磐なる神(同九)    六、わが力の神(四十三・二)
 七、わが喜びよろこぶ神(同四)
 是等は皆味ふべき神の御名なり。
▲八節に『ヱホバその憐憫をほどこしたまふ』とあるは英譯には『憐憫を命じたまふ(command)』とあり、此方よし。王の王が其憐憫を命じ給ふが故に我等は必ず之を得る也。
 詩篇の中に神が命じ給ふ事の七つの引照あり(但し日本譯には明白ならず)。
一、審判(さばき)を命じ給ふ(七・六)──『なんぢは審判をおほせ出したまへり(the judgement that thou hast commanded)』
二、憐憫を命じ給ふ(四十二・八)──『ヱホバその憐憫をほどこしたまふ(the Lorad will command his lovingkindness)』
三、救助を命じ給ふ(四十四・四)──『ねがはくはヤコブのために救をほどこしたまへ(command deliverances for Jacob)』
四、力を命じ給ふ(六十八・廿八)──『なんぢの神はなんぢの力をたてたまへり(Thy God hath commanded thy strength)』
五、救を命じ給ふ(七十一・三)──『なんぢ我をすくはんとて勅命(みことのり)をいだしたまへり(thou hast given commandment to save me)』
六、契約を命じ給ふ(百十一・九)──『その契約をとこしへに立たまへり(he hath commanded his covenant for ever)』
七、福祉(さいはひ)を命じ給ふ(百三十三・三)──『ヱホバかしこに福祉をくだし(for there the Lord commanded the blessing)』



| 目次 | 緖言 | 總目次 |