新約全書使徒パウロ ヘブルびとおくれるふみ

第 十 章



  1. 律法おきてきたらんとするよき事の影にしてまことの形にあらざれば年ごとにたえさゝぐる所の祭物そなへものて神にきたる者をつね成全まったうすることあたはず
  2. もし成全まったうすることを得ば獻祭者まつるものひとたびきよめられまた罪を覺えざるがゆゑさゝぐることをやめざらん
  3. されど年ごとにこの祭をなすによりて罪をおぼゆることあらはるゝなり
  4. これ牛と羊の血は罪を除くことあたはざるによる
  5. 是故このゆゑかれ世にきたるときいひけるは なんぢ犧牲いけにへ禮物そなへものこのまず たゞわがために肉體をそな
  6. なんぢ燔祭はんさい罪祭ざいさいよろこばず
  7. 厥時そのときわれいひけるは 神よ われなんぢのむねを行はんとてきたすなはわれについてふみしるされたり
  8. 先には犧牲いけにへ禮物そなへもの燔祭はんさい罪祭ざいさいすなはち律法おきてしたがひてさゝぐるものをこのまず又よろこばずといひ
  9. のちには神よわれなんぢのむねを行はんとてきたれりといひそののちなる者をたてためその先なる者を除けり
  10. このむねかなひ我儕われらきよめらる はイエスキリストの一次ひとたびおのが肉體をさゝげしによりてなり
  11. すべての祭司は日ごとにたち奉事つとめをなしいさゝか罪をのぞくことあたはざる同じ犧牲いけにへ屢々しばしばさゝ
  12. されこの人は一次ひとたび罪のためひとつ犧牲いけにへさゝげかぎりなく神の右に
  13. その敵を足凳あしだいとなさん時をまて
  14. そはかれひとつ獻物さゝげものきよまる者を永遠かぎりなく全成まったうすればなり
  15. 聖靈また我儕われらこれあかしそはこの日ののちわれ彼等とたてんとする契約はこれなりといへのち
  16. しゅいひ給はく 律法おきてその心におきそのおもひしる
  17. またその罪と惡とをこゝろとめじとあるがゆゑなり
  18. 既に此等これらゆるしあらんにはまた罪のためにさゝぐることなかるべし
  19. 是故このゆゑに兄弟よ 我儕われらイエスの血によりその我儕われらためひらきたる新しき生路いけるみちよりまくなるその肉體をとほはゞからずして至聖所いときよきところいる事を
  20. かつ神の家をつかさど
  21. おほいなる祭司あれば
  22. 我儕われら誠實まことの心とうたがひいだかざる信仰を保ち心の惡念あしきおもひそゝが淸水きよきみづをもて身をあらはれてちかづくべく
  23. いひあらはす所ののぞみうごかさずして固く守るべし そは約束せし者は誠信まことなればなり
  24. われらたがひかへりみて愛心あいしん善行よきわざ激勵はげま
  25. 會集あつまりやむある人にならふことなく共にあひ勸めその日いよいよちかよるを見てますますかくの如くなすべし
  26. もしわれら眞現まこと曉得さとらせられしのちなほ放縱ほしいまゝに罪を犯さば罪をあがな犧牲いけにへまたあることなく
  27. たゞおそれて審判さばきまつことゝ仇敵さからふもの焚滅やきつくさんとする烈火はげしきひのみのこるなり
  28. モーセの律法おきてすつる者もし二三人にさんにんあかしあらばあはれまるゝことなくしてしぬべし
  29. まして神の子を蹂躙ふみつけみづからきよめられし契約の血を尋常よのつねのものとなし又めぐみほどこれいあなどる者のうくべきその罰のおもきこと幾何いかばかりおもふや
  30. しゅいはく あだむくゆるはわれにあり われむくゆべし 又いはく しゅそのたみさばかん 如此かくいへる者を我儕われらしる
  31. 活神いけるかみの手におちいるはおそるべき事なり
  32. なんぢらむか光照ひかりうけしのちおほいなるくるしみ戰爭たゝかひしのびたりし日を憶起おもひいづべし
  33. あるひ詬誶そしり艱辛なやみをうけ人に觀玩みものの如くせられあるひかゝる事にあふ者にくみすることをなせ
  34. そは爾曹なんぢらわが縲絏なはめある體恤おもひやり またおのがために天におい愈美まさりたる常にたもつべきもちものあるを知り人の爾曹なんぢらもちものうばはんとするをも喜びてうけたり
  35. 是故このゆゑ爾曹なんぢらおほいなるむくいうくべき信仰を投棄なげすつることなか
  36. なんぢら必ずもちうべきものは忍耐なり これ神のむねを行ひて約束の者をうけんがためなり
  37. 片時しばらくありてきたる者きたらん 必ずおそからじ
  38. 義人は信仰によりいくべし 退しりぞかば靈魂たましひこれをよろこびとせじ
  39. され我儕われら退しりぞきて沈淪ほろびに及ぶべき者にあらず 信じて靈魂たましひすくひべき者なり


| 新約全書目次 | 來 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |