新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 二 章



  1. ペンテコステの日にいたりて弟子たちみな心をあはせて一處ひとゝころありしに
  2. にはかに天より迅風はげしきかぜの如きひゞきありて彼等がする所のいへみて
  3. ほのほごときもの現れわかれて彼等各人おのおのの上にとゞま
  4. こゝおいて彼等はみな聖靈に滿みたされその聖靈のいはしむるに從ひて異なる諸國くにぐに方言ことばを言いひはじめたり
  5. 時に敬虔つゝしみあるユダヤびと天下の諸國くにぐによりきたりてヱルサレムにとゞまれる者ありき
  6. この音おこりしによりおほくの人々あつまりけるが各人おのおのおのが方言くにことばを彼等の語れるをきゝさわぎあへり
  7. みなおどろあやしみつゝたがひいひけるは この語る者はすべてガリラヤびとならず
  8. 如何いかにして我儕われらおのおのうまれし所の方言くにことばを彼等よりきく
  9. 我儕われらはパルテアびと メヂアびと エラムびとおよびメソポタミア ユダヤ カパドキア ポント アジア
  10. フルギア パムフリア エジプト又クレネに近きリブエの地などにすめる者 又ロマよりきたりをるものあるひはユダヤびと及びそのをしへいりし人
  11. 又クレネびとアラビヤびとなるに彼等が我儕われら方言くにことばをもて神のおほいなるみわざを語るをきくかと
  12. 皆おどろきいぶかりたがひいひけるは いかなるゆゑぞや
  13. あるひあざけりて この人々はうま葡萄酒ぶだうしゅ滿みたされたる者なりといふものあり
  14. こゝおいてペテロ 十一人とともにたち聲をあげて彼等にむかひいひけるは ユダヤびとおよびすべてヱルサレムにすめる者よ 爾曹なんぢらよくわがことばきゝこれしれ
  15. 今は晝の九時なれば爾曹なんぢら逆料おもふごとくこの人々はゑへる者にあら
  16. これすなはち預言者ヨエルによりて語れる所なり
  17. 神いひたまはすゑの世にいたりわれわがみたまをもてすべての人にそゝが爾曹なんぢら子女むすこむすめも預言すべし 又なんぢらの幼者わかきもの異象まぼろしをみ老者おいたるものは夢をみるべし
  18. そのときわれわがみたまわがしもべなるをとこをんなそゝがん 彼等もまた預言すべし
  19. われ上なる天に奇跡ふしぎを現し下なる地に休徵しるしあらはさん 即ち血あり火ありけぶりあるべし
  20. しゅおほいなる顯赫日いちじるしきひきたらさきに日はくらく月は血にかはら
  21. すべしゅの名をよび賴む者はすくはるべし
  22. イスラエルの人々よ 此等これらことばきけ それナザレのイエスは爾曹なんぢらしるごとく神かれにより爾曹なんぢらうちなしたへなる能力ちから奇跡ふしぎ休徵しるしとを爾曹なんぢらあかしたまへる所の人なり
  23. この人は即ち神のさだめむねあらかじしりたまふ所にかなひわたさる 爾曹なんぢらは無法の手をもてこれを捕へ十字架につけて殺せり
  24. 神はその死のくるしみときこれよみがへらせ給へり 彼は死につながをるべき者ならざればなり
  25. そはダビデ彼についいひけるは われわが前にしゅの常にいますを見る そのわが右にいますわがうごかされざるためなり
  26. 是故このゆゑわが心はたのしわが舌は喜べり かつわが肉體はのぞみをら
  27. これなんぢわがたましひ陰府よみすておかず又なんぢの聖者きよきもの朽果くちはてしめざるがゆゑなり
  28. なんぢすでにわれ生命いのちみちを示す われなんぢの前におきよろこびみたたしめんと
  29. 人々兄弟よ われ始祖しそダビデにつきはゞかる所なく爾曹なんぢらに語る これ當然しかるべきことなり 彼は既にしにはうむられその墓は今日こんにちに至るまで我儕われらうちにあり
  30. 彼は預言者にして神これにちかひたてその血統ちずぢうちより一人をあげくらゐつかしめんとちかひたまへるをしり
  31. あらかじこの事をさとるがゆゑにキリストのよみがへる事につきかたりて 彼は陰府よみすておかれずまたその肉體も朽果くちはてずといへるなり
  32. 既に神はイエスをよみがへらせ給へり 我儕われらは皆その證人あかしびとなり
  33. 是故このゆゑに彼は既に神の右にあげられ約束の聖靈を父よりうけて今なんぢらがみるところきくところの者をそゝげ
  34. それダビデは天にのぼりしことなし しかるに彼みづからいふ しゅわがしゅいひけるは
  35. われなんぢの敵をなんぢ足凳あしだいなすまでわが右にすべしと
  36. されすべてイスラエルの全家ぜんか爾曹なんぢらが十字架につけこのイエスをたてて神これをしゅとなしキリストとなしたまひしことをたしかしれ
  37. 彼等これをきゝそのさゝるゝが如し こゝおいてペテロとほかの使徒たちとひけるは 人々兄弟よ 我儕われら何をなすべき
  38. ペテロ彼等にいひけるは 爾曹なんぢらおのおの悔改くひあらためて罪のゆるしを得んがためにイエスキリストの名によりてバプテスマをうけさら爾曹なんぢらも聖靈のたまものうくべし
  39. この約束は爾曹なんぢらおよび爾曹なんぢらの子孫またすべて遠人とほきものすなはちしゅたる我儕われらの神にめさるゝ人々につくなり
  40. また多言おほくのことばをもてあかししてすゝめけるは 爾曹なんぢらこのよこしまなる世より救出すくひいだされよ
  41. その時このことば聞納きゝいれし者はバプテスマをうけたり 是日このひ弟子にくはゝれる者おほよそ三千人
  42. 彼等は常に使徒たち敎訓をしへをうけ交接まじはりをなしパンをさくことゝ祈禱いのりとを務む
  43. こゝおい敬畏おそれ人々の心にしゃうず 又使徒たちより許多おほく奇跡ふしぎなるわざ休徵しるしおこなはれたり
  44. 信者はみな一處ひとつところあつまり諸物すべてのものを共にし
  45. 產業とその所有もちものうり各人おのおのの用に從ひこれ分與わけあたへぬ
  46. 日々心をあはせて殿みやをりまた家においてパンをさき歡喜よろこび誠心まごゝろをもてしょくともにし
  47. 神を讚美ほめすべての民によろこばる しゅすくはるゝ者を日々敎會にくはへたまへり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |