新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 十 五 章



  1. 兄弟よ さきわがなんぢらに傳へし福音を今また爾曹なんぢらつぐ こは爾曹なんぢらうけしところ これよりたちし所なり
  2. 爾曹なんぢらもしが傳へしことを固く守りいたづらに信ずることなくばこれよりすくはれん
  3. わが爾曹なんぢらに傳へしはうけし所の事にてその第一はすなはち聖書にかなひてキリスト我儕われらの罪のためにしに
  4. また聖書にかなひはうむられ第三日みっかめよみがへり
  5. ケパに現れのち十二の弟子に現れ給へることなり
  6. 如此かくあらはれたまへるのち五百の兄弟の共にあるときまたこれに現れ給へり その兄弟のうちおほくは今なほ世にあり されども既にねむりたる者もあり
  7. 此後このゝちヤコブに現れ又すべての使徒に現れ
  8. 最後に月たらぬ者の如きわれにもあらはれ給へり
  9. そはわれ神の教會を迫害なやませしゆゑに使徒ととなふるにたらざる者にして使徒のうち至微者いとちひさきものなればなり
  10. されわがかくのごとくなるを得しは神のめぐみよりてなり われたまひし神のめぐみ徒然むなしからず われすべての使徒よりも多くつとめたり われともにある神のめぐみなり
  11. 是故このゆゑわれも彼等もかくの如く宣傳のべつた爾曹なんぢらまたかくの如く信ぜり

  12. キリストは死よりよみがへりしと宣傳のべつたふるに爾曹なんぢらのうち死よりよみがへることなしといふ者あるはなんぞや
  13. もし死よりよみがへることなくばキリストもまたよみがへらざりしならん
  14. キリストもしよみがへらざりしならば我儕われらのぶるところ徒然むなしくまた爾曹なんぢらの信仰も徒然むなしからん
  15. かつわれら神のためいつはりあかしをする者とならん 我儕われら神はキリストをよみがへらしゝとあかしすればなり もししにし者よみがへる事なくば神キリストをよみがへらしむる事なかるべし
  16. もししにし者よみがへることなくばキリストもよみがへる事なかりしならん
  17. もしキリストよみがへらざりしならば爾曹なんぢらの信仰は徒然むなしくなんぢらはなほ罪にをら
  18. 又キリストにありねぶりたる者も沈淪ほろびしならん
  19. もしキリストによれ我儕われらのぞみたゞ此世このよのみならばすべての人のうちにてもっとあはれむべき者なり
  20. されど今キリスト死よりよみがへりてねぶりたる者の復生よみがへりはじめとなれり
  21. それ人によりしぬることいで人によりよみがへることいでたり
  22. アダムにつけすべての人のしぬる如くキリストにつけすべての人はいくべし
  23. され各人おのおのその次序ついでしたがはじめはキリスト 次はキリストのきたらんとき彼に屬する者なり
  24. のちかれもろもろまつりごとおよびもろもろの權威とちからほろぼして國を父の神にわたさん これをはりなり
  25. そはかれすべての敵をその足のしたおくときまでは王たらざるを得ざればなり
  26. 最後いやはてほろぼさるゝ敵は死なり
  27. そは神すべての物をキリストの足下あしのしたおき給へばなり 萬物すべてのもの其下そのしたおけりと云給いひたまへるときは萬物すべてのもの其下そのしたおくところの者はその内にあらざることあきらかなり
  28. 萬物すべてのものかれにしたがふときは子もまたみづから萬物すべてのものおのれしたがはしゝ者にしたがふべし これ神すべての物の上にしゅたらんためなり
  29. もししにし者全くよみがへらずばしにし者のためにバプテスマをうけなにためにせんとする かれらしにし者のためにバプテスマをうくるは何故なにゆゑぞや
  30. またなにため我儕われらつねに危險あやうきをる
  31. 我儕われらしゅキリストイエスにあり爾曹なんぢらにつきもてよろこびをさしちかひわれ日々にちにちしぬるといふ
  32. もしわれ人の如くエペソにおいけものと共にたゝかひしならばなにえきあらん もししにし者よみがへらずば飮食のみくひするにしか我儕われら明日みゃうにちしぬべき者なればなり
  33. 爾曹なんぢらみづから欺くなか惡交あしきまじはり善行よきおこなひそこなふなり
  34. なんぢらさめたゞしきを行ふべし 罪を犯すなか爾曹なんぢらのうち神をしらざる者あり われかくいひ爾曹なんぢらはづかしむるなり

  35. 人あるひはとはしにし者いかによみがへるや 如何いかなる身體からだにてきた
  36. おろかなる者よ なんぢまくところのたねまづしなざればいき
  37. 又なんぢがまくところのもの將來のちはゆる所のからだまくあらむぎにてもほかこくにてもたゞたねつぶのみ
  38. しかるを神はおのれこゝろしたがひてこれからだあたたねごとにそのおのおのゝ形體かたちあたへ給ふ
  39. すべての肉おなじ肉にあらず 人の肉あり けものの肉あり 鳥の肉あり うをの肉あり
  40. 天につける物の形體かたちあり 地につける物の形體かたちあり 天につける物のさかえは地につける物のさかえに異なり
  41. 日のさかえあり 月のさかえあり 星のさかえあり この星とかの星とそのさかえまた各々おのおの異なり
  42. しにし人のよみがへるもまたかくの如し くづる者にてまかくちざる者によみがへされ
  43. たふとからざる者にてまかさかえある者によみがへされ弱き者にてまかれ强き者によみがへされ
  44. 血氣のからだにてまかれいからだよみがへさるゝなり 血氣のからだあり れいからだあり
  45. しるしてはじめの人アダムは生命いのちあるたましひとなりをはりのアダムは生命いのちあたふるれいとなるとあるがごとし
  46. れいの者は先にあらかへりて血氣の者さきにありれいの者のちにあるなり
  47. 第一の人は地よりいでて土につき第二の人は天よりいでたるしゅなり
  48. かの土につける者にすべて土につける者はにるなり の天につける者にすべて天につける者はにるなり
  49. われら土につける者のかたちもつ かくの如くのちまた天につける者のかたちもた
  50. 兄弟よ われこれをいはん 血肉は神の國をつぐことあたはず またくづる者はくちざる者をつぐことあたはず
  51. われなんぢらに奥義おくぎつげ我儕われらことごとくねむるにはあら
  52. 我儕われらをはりらっぱのならんときたちま瞬息間またゝくまくゎせん そはらっぱならんときしにし人よみがへりてくち我儕われらもまたくゎすべければなり
  53. このくづる者は必ずくちざる者を しぬる者は必ずしなざる者をきるべし
  54. このくつる者くちざる者をこのしぬる者しなざる者をんとき聖書にしるして死はかちのまれんとあるかなふべし
  55. 死よ なんぢはりいづくある陰府よみなんぢかちいづくある
  56. 死のはりは罪なり 罪のちから律法おきてなり
  57. 我儕われらをしてわがしゅイエスキリストによりかちを得しむる神にしゃ
  58. 是故このゆゑが愛する兄弟よ 爾曹なんぢら貞固かたくしてうごかつねはげみしゅわざつとめそはなんぢらしゅありそのなすところのはたらき徒然むなしからざるをしればなり


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |