新約全書 使徒パウロ コリントびとにおくれる後書のちのふみ

第 四 章



  1. われら恩慈あはれみかうむりてこのつとめうけたればあへて臆せず
  2. はづべき隱匿かくれたる事をすて詭譎あしきたくみなさず神のみちみださず眞理まことあらはして神の前におのれすべての人の良心にたゞすなり
  3. 我儕われらの福音もしかくるゝならば沈淪者ほろぶるものに隱るゝなり
  4. かくの如き人はこの世の神その心をくらましたる不信者なり これ神のかたちなるキリストのさかえの福音の光をして彼等をてらさゞらしめんがためなり
  5. われ自己おのれの事をのぶるにあらたゞキリストイエスのしゅたること又われらイエスにより爾曹なんぢらしもべたることをのぶるなり
  6. 光に命じてくらきより照出てりいでしめたる神 我儕われらをしてイエスキリストのかほにある神の榮光をしるの光をあらはさしめんため我儕われらの心をてらし給へり
  7. 我儕われらこのたから瓦噐つちのうつはもてこれおほいにすぐれたるちからわれよりいづるにあらず神のちからなる事のあらはれんためなり
  8. われら四方しはうより患難なやみうくれども窮せず詮かたつくれどものぞみを失はず
  9. 迫害せめらるれどもすてられず跌倒たふさるれどもほろび
  10. われら何處いづくゆくにも常にイエスの死を身におへはイエスのいけることを我儕われらの身にあらはれしむるなり
  11. それわれら生者いけるものの常にイエスのために死にわたさるゝはイエスのいけることを我儕われらしぬべき肉體にあらはれしむるなり
  12. かくて死は我儕われらはたらいのち爾曹なんぢらはたらくなり
  13. しるしてわれ信ずるによりいへりとあるごとく我儕われらかくのごとき信仰のれいあれば信ずるによりいふなり
  14. 我儕われらしゅイエスをよみがへらしゝ者のイエスととも我儕われらをもよみがへらせまた我儕われらをして爾曹なんぢらともたゝしむる事をしれ
  15. 萬事すべてのことは皆なんぢらのえきとなれり はその鴻恩おほいなるめぐみおほくの人の感謝によりて神のさかえあらははさんためなり
  16. 是故このゆゑ我儕われら臆せず 我儕われらそとなる人はやぶるゝとも内なる人は日々にあらたなり
  17. それ我儕われらうく片刻しばらくの輕きくるしみきはめおほいなるかぎりなき重きさかえ我儕われらに得しむるなり
  18. 我儕われらかへりみる所はみゆる所の者にあらみえざる所のものなり そはみゆる所の者は暫時しばらくにしてみえざる所の者は永遠かぎりなければなり


| 新約全書目次 | 哥後 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |