新約全書 使徒パウロ コリントびとにおくれる後書のちのふみ

第 八 章



  1. 兄弟よ われマケドニヤの諸敎會をたまはりし神のめぐみ爾曹なんぢらつぐ
  2. すなはおほいなるなやみうちこゝろみうくるとき彼等の喜びはなはだしくまたおほいなるそのひんかれらのをしみなく施す所の富厚とみあらはせり
  3. われこれをあかしす 彼等聖徒のため施濟ほどこしを共にせん事をせつ我儕われらに求め
  4. みづかねがひその力量ちからしたがかつその力量ちからすぎて施すことをせり
  5. 如此かくおこなひて我儕われらのぞみなししのみならず神の意旨みこゝろしたがまづおのれしゅあたへ次に我儕われらあたへたり
  6. 是故このゆゑ我儕われらテトスがさき爾曹なんぢらをしてこのめぐみを行はしむる事をはじめたれば今これを成就せんことを彼に勸む
  7. なんぢら諸事もろもろのことすなはち信仰とことばと知識とすべて勉勵はげみおよび我儕われらむか愛心あいしんとめる如くこのめぐみにもとむべし
  8. われかくいふ爾曹なんぢらに命ずるにあらされほかの人はげむによりてなり またなんぢらの愛のまことを試みんがためなり
  9. 爾曹なんぢらわれらのしゅイエスキリストのめぐみしる かれはとめる者なりしが爾曹なんぢらためまづしき者となれり これなんぢらがかれ窮乏まづしきよりとめる者とならんためなり
  10. われ施濟ほどこしの事についておもひを示せり これなんぢらのえきなり そは爾曹なんぢらほかの人にさきだこの事を一年前に行ひはじめしのみならず以前はやくよりこれを行はん事を願へる者なればなり
  11. されば今なんぢらそのなすところを成遂なしとげ爾曹なんぢらあつねがひしごとくその所有もちものしたがひこれ成遂なしとぐべし
  12. もし人ねがふこゝろざしあらばそのなきところによらそのあるところによりうけ給ふべし
  13. われほかの人を安逸やすくして爾曹なんぢら困苦くるしめんとするにあら平均ひとしくせんことをおも爾曹なんぢらあまりあるをて彼等のたらざるを補ひ
  14. またかれらのあまりあるを爾曹なんぢら不足たらざるを補ひて平均ひとしくせんがためなり
  15. しるして多くあつむる者もあまりあらずすくなあつむる者もたらざる事なしとあるが如し

  16. 爾曹なんぢらむかふ熱心をわれおなじくテトスの心に賜ひし神にしゃ
  17. そはかれすゝめいれかつ熱心なる者にしてみづかねがひ爾曹なんぢらゆけ
  18. またわれら彼とともに一人の兄弟をつかはせり この人は福音をもて諸敎會のうち頌美ほまれを得たる者なり
  19. 第此しかのみならず我儕われらしゅさかえ爾曹なんぢらの熱心をあらはさんとて掌理つかさどるところのこの餽物めぐみたづさふるために諸敎會にえらばれて我儕われらともゆくものなり
  20. 我儕われらの彼をおくりしは許多おほく餽物めぐみ掌理つかさどることによりつゝしみて人にとがめうくることなからんためなり
  21. 我儕われら如此かくするはしゅの前のみならず人の前にもよからんことをはかるなり
  22. 我儕われらまた一人の兄弟を彼等とともつかはせり 我儕われらしばしば彼を多事おほくのことに用ゐてその熱心なるをしる かれ深く爾曹なんぢらを信ずるによりて今ことに熱心になれり
  23. テトスの事をいはば彼は我儕われら伴侶ともなり 又われととも爾曹なんぢらためつとむる者なり 二人の兄弟たちのことをいはば彼等は諸敎會の使者つかひなり キリストのさかえなり
  24. 是故このゆゑに彼等とまた諸敎會の前に爾曹なんぢらその愛と我儕われら爾曹なんぢらについてほこりしことのあかしとをあらはすべし


| 新約全書目次 | 哥後 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |