新約全書 使徒パウロ コリントびとにおくれる後書のちのふみ

第 七 章



  1. されば愛する者よ 我儕われらこの約束を得たれば肉とれいすべてけがれさり自己みづからきよくし神をおそれて聖潔きよきことを成就すべし
  2. 爾曹なんぢらわれらを受納うけいれ我儕われらたれにも不義をなさずたれをもそこなはずたれをもかすめし事なし
  3. われ如此かくいふは爾曹なんぢらせめんとにあらそはわれ既にいへる如く爾曹なんぢらつね我儕われらの心にありて共にしにともにいきんとおもへばなり
  4. われ爾曹なんぢらを信ずることおほいなり 又なんぢらによりほこりおほし 我儕われらうくすべて患難なやみうちにもわれに慰め滿ちよろこあまりあり
  5. そはわれらマケドニヤに至れる時我儕われらの肉すこしもやすきことなく各樣さまざま患難なやみにあひそとには爭い内にはおそれありき
  6. されど心うれふる者を慰め給ふ神テトスの至るにより我儕われらを慰め給へり
  7. たゞその至るによりのみならず爾曹なんぢら思慕したふところ又憂愁うれふるところ又われにむか爾曹なんぢらの熱心をわれつぐるとき彼がみづか安慰なぐさめを得たるその安慰なぐさめ我儕われらを慰め給へり 是故このゆゑわれますます喜べり
  8. われふみ爾曹なんぢらうれへしめしをさきにはくひたれども今はくひそはわれそのふみより爾曹なんぢらうれへしめしは暫時しばらくあひだなりしをしりたればなり
  9. 今わが喜ぶは爾曹なんぢらうれへしめしによるあら爾曹なんぢらうれへ悔改くひあらたむることをしによりなり なんぢら神にしたがひてうれふるにより我儕われらすこしそこなはるゝ事なし
  10. それ神にしたがうれひくひなきすくひうる悔改くひあらために至らしむ されど世のうれひは死にいたらしむるなり
  11. 爾曹なんぢらが神にしたがひてうれへし所の事を爾曹なんぢら如何いかなる勉勵はげみまた自訴いひひらきまた忿恚いかりまた畏懼おそれまた戀慕したひまた熱心また罪をせむる心をしゃうぜしや 一切すべてなんぢら彼事かのことおいみづかきよきことをあらはせり
  12. われふみ爾曹なんぢらおくりしは不義をなしたる者のためにあらず 又不義をうけたる者のためにもあらたゞわれらが爾曹なんぢらためもつところの熱心を神の前にて爾曹なんぢらあらはさんことをおもひてなり
  13. 是故このゆゑ我儕われら安慰なぐさめを得たり 我儕われら安慰なぐさめを得たる上にテトスのよろこびより益々ますます喜べり そはテトスの心なんぢらもろもろより平安やすきを得たればなり
  14. われ爾曹なんぢらの事を彼にほこりしかどこれはぢとせず 我儕われら爾曹なんぢらかたりことのみな眞實まことなりし如くテトスの前にほこりことまた眞實まことなり
  15. 彼は爾曹なんぢら衆人すべてのもの恐懼おそれ戰慄おのゝきおのれをむかへて從ひしことをおもひいだし益々ますますその心に爾曹なんぢらを愛せり
  16. われすべての事を爾曹なんぢらゆだぬべきを信ず 是故このゆゑに喜べり


| 新約全書目次 | 哥後 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |