新約全書 使徒パウロ コリントびとにおくれる後書のちのふみ

第 十 三 章



  1. われいま第三次みたびめなんぢらに至らん 二人あるひは三人の證人あかしびとの口によりすべての事さだまるべし
  2. われさきに爾曹なんぢらつげたり われ第二次ふたゝびめなんぢらに覿あひしとき語りし如く罪を犯しゝ者とそのほかの人々に今またあらかじめ暌違はなれをりつぐ われまたいたらば必ずゆるさじ
  3. これなんぢらキリストのわれありて語るあかしもとむるによりてなり 彼は爾曹なんぢらむかひて弱からず 爾曹なんぢらうちつよきなり
  4. かれよわきよりて十字架につけられたれど神のちからよりいきたり 我儕われらも彼にあり弱者よわきものなれど爾曹なんぢらむかふ神のちからよりて彼とともいき
  5. なんぢら信仰にをるいなみづから省みみづから試むべし 爾曹なんぢらもしすてらるゝ者ならずばイエスキリスト爾曹なんぢらうちにあり これみづかしらざらん
  6. われらすてらるゝものにあらざるを爾曹なんぢらしらんことをわれのぞむ
  7. 我儕われらなんぢらがすこしも惡を行はざらんことを神に願ふ これわれらのなることをあらはすにあら我儕われらすてらるゝ者の如くみゆるも爾曹なんぢらが善を行はんことを願ふなり
  8. そはわれら眞理まことさからひてちからなし 眞理まことしたがひてちからあればなり
  9. われらよわくして爾曹なんぢらつよきときはわれ喜ぶ 我儕われら願ふ所は爾曹なんぢらまったくならん事なり
  10. 是故このゆゑわれ暌違はなれてあるときこれ書遺かきおくこれなんぢらに覿あはんときしゅわれに賜ひし權威すなはちやぶためあらたつために賜ひし者にしたがひてきびし爾曹なんぢらあしらふことなからんためなり
  11. 此外このほかまたいはん 兄弟よ 爾曹なんぢら喜びかつまったくなりかつ慰めかつ心をおなじうしかつ和睦やはらぐことをせよ しからば愛と平安へいあんの神なんぢらとともあら
  12. なんぢらきよ接吻くちづけをもてたがひあひとふべし
  13. すべての聖徒なんぢらにやすきとへ
  14. ねがはくはしゅイエスキリストのめぐみと神の愛と聖靈の交際まじはりなんぢらすべてともあらんことを アメン

新約全書哥林多こりんと後書のちのふみ をはり



| 新約全書目次 | 哥後 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 總目次 |