第 一 章



 ルツ記の始めに堕落の話が記してあります。
 一節『さばきづかさが世を治めているころ、国に飢饉があったので、ひとりの人がその妻とふたりの男の子を連れてユダのベツレヘムを去り、モアブの地へ行ってそこに滞在した。』
 これは堕落の話であります。この人は神に遠ざかって詛われし国に行きました。神が恵みを与える方法に遠ざかって、神の宮もなく、祭壇もなく、神が定めたもうた仕方をもって神に近づくことのできないモアブの国に参りました。この人はそんな処に喜んで行きました。これは神の民の堕落であります。またただ彼処に行ったばかりでなく、そのモアブの地に『滞在』しました。また、
 二節の終わりに『彼らはモアブの地へ行って、そこにおったが、』
 既に神に遠ざかりましたから、彼処に留まりました。これは悲しむべき堕落であります。一度神に遠ざかれば、神に帰ることが困難になって参ります。されば、どうぞ私共はこのことを覚えて恐れとうございます。
 この人は堕落しましたから、だんだんすべての恵みを失いました。神に遠ざかったために種々の損失をいたしました。死もありました。苦しみもありました。また失望もありました。
 三節に『ナオミの夫エリメレクは死んで、ナオミとふたりの男の子が残された。』また、
 五節に『マロンとキリオンのふたりもまた死んだ。』
 そうですからナオミはだんだん苦しみと失望に陥りました。この一章の終わりを見ると、彼女は自分のことを何と言ったかというなら、『ナオミは彼らに言った、「わたしをナオミ(楽しみ)と呼ばずに、マラ(苦しみ)と呼んでください。なぜなら全能者がわたしをひどく苦しめられたからです」』(二十節)と申しました。この人が神の国におった時の名は「楽しみ」でありましたが、堕落しましたからその名は変わって「苦しみ」となりました。いつでもこの通りです。サタンに誘われ、いろいろの利益を得ようと思って、神に遠ざかりますれば、必ず楽しみを失って、苦しみのみを経験するようになって参ります。けれども神に立ち帰れば、ちょうどその反対に、苦しみという名を取り去って楽しみという名を与えたまいます。イザヤ書六十一章三節を見れば、それを見ます。『悲しみにかえて喜びの油を与え』。
 このナオミは堕落によりて、かようにだんだん苦しみを受けて、失望と悲しみに陥りました。けれども神はその人に恵みを表したまいました。この六節を見ますと、喜びの音信があります。
 六節『モアブの地で、主がその民を顧みて、すでに食物をお与えになっていることを聞いたので』
 これは実に喜びの音信であります。神がもう一度その民を恵み、その民に豊かなる恵みを与えたもうということを聞きました。そうですからナオミはそれを信じて、立ち帰りました。神の国におる民が恵みを得ましたから、堕落せる者がそれを聞いて立ち帰りました。今日もその通り、キリスト信者が神の恵みを得まするならば、それによりて堕落しておる者が恵みを求めて神に立ち帰ります。私共はこのたび聖霊のバプテスマを求めてここに集まりました。しかしこれは私共自身のためばかりでなく、私共がここで恵みを受けますならば、モアブの地に苦しんでおる信者がそれを聞いて、恵みを求めて神に立ち帰るようになります。されば、どうぞ堕落せる信者のために、このたび豊かに神の恵みを受けとうございます。
 さてこのナオミとオルパ及びルツの三人は、『共に立って、モアブの地から』イスラエルの国に帰らんと出立いたしました。けれどもこの三人は互いによほど違います。ナオミは立ち帰りましたが、その心のうちには少しも自分の罪を感ずる心がありません。今まで長い間、神に遠ざかって堕落していましたから、砕けたる心をもって悔いて帰るはずでありましたが、彼女のうちにかかる感情がありません。また彼女は神の恵みを感じて、喜んで帰るはずでありましたが、かえって呟きながら、神を咎めて帰りました。二十節、二十一節をご覧なさい。ただ神を咎めております。神は恵みをもってこの人を導き、また恵みを与える目的をもっていたまいましたのに、この人は神の愛の御心と、恵まんとしたもう御目的を知らず、その御慈しみに感ぜずして呟きました。この人の苦しみはただ自分の罪のためでありましたから、自分の罪を懺悔して神に帰るはずでありました。しかるにかように呟きて帰りました。神に信頼する心が少しもなく、また少しも祈らず、ただ呟きながら帰りました。或る人はそのように神に帰ります。けれどもとにかく、神に立ち帰ることは善いことで、神はその人に必ず恵みを与えたまいます。神はこの婦人を豊かに恵みて、幸いに導きたまいました。神はその呟きを忘れて、豊かに報いたまいました。神はかように憐れみ深き御方であります。この神に立ち帰ることは幸いであります。しかし私共は、呟きて神を咎めながら帰ってはなりません。どうぞ砕けたる心をもって帰りとうございます。今までの苦しみは自分の罪の実であることを知って、今までの堕落は自分の汚れの結果であることを感じて、神のご慈愛を感謝して帰りとうございます。私共が神に帰りますならば、ホセア書六章の一〜三節のごとく、必ず神の豊かなる恵みを受けます。
 『さあ、わたしたちは主に帰ろう。
  主はわたしたちをかき裂かれたが、またいやし、
  わたしたちを打たれたが、
  また包んでくださるからだ。
  主は、ふつかの後、わたしたちを生かし、
  三日目にわたしたちを立たせられる。
  わたしたちはみ前で生きる。
  わたしたちは主を知ろう。
  せつに主を知ることを求めよう。
  主はあしたの光のように必ず現れいで、
  冬の雨のように、わたしたちに臨み、
  春の雨のように地を潤される。』
 砕けたる心をもって立ち帰る者に、神はあしたの光が現れて来るように、必ずご自身を顕したまいます。
 第二に、オルパもその時に一緒に立ち帰りました。
 七節『ユダの地へ帰ろうと、ふたりの嫁を連れて道に進んだ。』
 けれどもほんとうに帰るように心のうちに決めたのではありません。正直なる心がありませなんだ。ナオミとルツが帰りますから、自分も一緒に帰ろうとしましたが、心のうちに堅い決心があったのでありませんから、ついに神の国に行かずに、また己が国のモアブに帰ってしまいました。もう一度偶像を撰んだのであります。十五節にナオミはルツに向かって、『ごらんなさい。あなたの相嫁は自分の民と自分の神々のもとへ帰って行きました』と申しました。すなわちオルパは自分の神、すなわち偶像を捨てることができず、またこの世を全く捨てることができず、詛われたる国に留まりて幸いなる神の国に参りませなんだ。兄弟姉妹よ、私共はオルパの記事によりて警戒しとうございます。私共は全く心の偶像を離れませんならば、必ず主のものとなることができません。また必ず主の恵みを受けることができません。どうぞ断然身も魂も献げるように、心をお決めなさい。心のうちに幾分にても偶像を愛する心、またこの世を愛する心が残っておりますならば、決してペンテコステの恵みを受けることはできません。
 ロトの妻もソドムの町を離れました。けれども心のうちにソドムを愛する愛が残っておりましたから、ソドムを慕うて後ろを顧みました。そのために彼女の上に刑罰が臨みました。どうぞ全く心を決めて、断然世と罪とをお捨てなさい。詩篇七十八篇の八節に『その心が定まりなく、その魂が神に忠実でないやからとならないためである』とありますが、そこにあるエフライムは、そのようにその心定まらず、その魂神に忠実ならざる者でありましたから、そのために失敗しました。或いは同じ篇の三十七節には『彼らの心は神にむかって堅実でなく、神の契約に真実でなかった』とあります。不忠の分子が心のうちに残っておりますれば、必ず神の豊かなる恵みを受けることができません。
 第三に、ルツも帰りました。ルツは心を定めて、正直なる決心をもって帰りました。
 十六、十七節『しかしルツは言った、「あなたを捨て、あなたを離れて帰ることをわたしに勧めないでください。わたしはあなたの行かれる所に行き、またあなたの宿られる所に宿ります。あなたの民はわたしの民、あなたの神はわたしの神です。あなたの死なれる所でわたしも死んで、そのかたわらに葬られます。もし死に別れでなく、わたしがあなたと別れるならば、主よ、どうぞわたしをいくえにも罰してください。」』
 ルツは心よりこの決心をしました。どうぞ私共もこのように、心より主に従い、主に伴い行くことを決心して、主のものとなりとうございます。今より死に至るまでその決心をもっておらねばなりません。今より十字架を負い、主と共に恥を受け、主と共に死する心を定めて、主に離れぬように決心いたしとうございます。これは真の決心です。全く今までの偶像を捨て、全くこの世を捨て、忠信に主に従い、死に至るまでその決心をもっていとうございます。
 これはピリピ書三章七節のごとき決心であります。『しかし、わたしにとって益であったこれらのものを、キリストのゆえに損と思うようになった。』ルツの決心はこれでありました。また同じ章の十四節をご覧なさい。『目標を目ざして走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与を得ようと努めているのである。』ルツもちょうどこの通りでありました。おお、どうぞこのパウロのごとく、またこのルツのごとく、心を定めてこの世よりお離れなさい。主イエスにお従いなさい。
 このルツ記一章を見れば、ルツは三度試験を受けました。ナオミは彼女に三度自分の国モアブに帰るように命じました。第一は、
 八節『しかしナオミはふたりの嫁に言った、「あなたがたは、それぞれ自分の母の家に帰って行きなさい。あなたがたが、死んだふたりの子とわたしに親切をつくしたように、どうぞ、主があなたがたに、いつくしみを賜りますよう。」』
 第二は、
 十一節『しかしナオミは言った、「娘たちよ、帰って行きなさい。どうして、わたしと一緒に行こうというのですか。あなたがたの夫となる子がまだわたしの胎内にいると思うのですか。」』
 また、第三は、
 十五節『そこでナオミは言った、「ごらんなさい。あなたの相嫁は自分の民と自分の神々のもとへ帰って行きました。あなたも相嫁のあとについて帰りなさい。」』
 そのように三度試みられました。兄弟姉妹よ、あなたが心を定めて主に従いとうございますならば、必ずその決心を試験せられます。主はその決心が真のものであるや否やを試したまいます。けれどもどうぞこのルツのように、帰れよと言われても、どこまでも主に従って、主に伴い行くと堅くご決心をなさい。そう致しますればこのルツのごとく、溢れる恵みを頂戴することを得ます。主イエスと一つになることを得ます。
 二十二節『こうしてナオミは、モアブの地から帰った嫁、モアブの女ルツと一緒に帰ってきて、大麦刈りの初めにベツレヘムに着いた。』
 ナオミがモアブの地に行きました時は、国に飢饉があった時でありましたが、今帰った時は豊かなる刈り入れの時でありました。神に立ち帰れば、誰でも豊かなる恵みを経験することを得ます。またそれのみならず、この『大麦刈りの初め』の時は過越の祝いの時でありました。そうですから過越の祝いを守りて、皆一緒に喜びました。堕落した者が立ち帰りますれば、神はいつでもその人に必ず救いの喜びを与えたまいます。以前に最初の悔い改めをした時と同じ救いの喜びを与えたまいます。
 愛する兄弟姉妹よ、どうぞこの一章に教えられて、断然世を離れ、断然偶像を捨て、断然今までの願望を擲って、主イエスに身も魂も献げてお従いなさい。主はあなたに豊かなる恵みを与えたまいとうございます。ルツのように正直に身も魂も献げて主を求めますれば、主はさっそく溢るる恵みを与えたまいます。しかしそればかりでなく、それよりだんだん進んでなおなお全き喜び、全き平安、全き霊の宝を与えたまいます。おお、今日主イエスはあなたを呼びたまいます。主イエスはあなたをご自分のものとならしめたまいとうございます。どうぞルツのごとく、主に従うように心のうちにお決めなさい。

  (一)主の召し聞くわれ いまおのれを捨て
     十字架をとりつつ 主に従い行かなん
     (コーラス)
       みちびかるるまま すすみ行くわが身
       いずくの果てへも 主に従い行かなん

  (二)血のあせしたたる ゲツセマネの憂い
     厭わでなめたもう 主に従い行かなん

  (三)照る日もかくるる カルバリのなやみ
     忍びて死にたもう 主に従い行かなん

  (四)すすみゆくわれと あめつちのあるじ
     世の終わりまでも 常に偕なりたもう
     (コーラス)
       行くわれを盈たす みたまにたよりて
       いのちのみかむり 望みつわれ進まん



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 目次 |