ルツ記霊的講解

          ビー・エフ・バックストン講述
          米   田   豊   筆記



総  論



 この小さき書物によりて、神は私共に大切なることを教えたまいます。贖いの深い意味、または贖われることの広い恵みを教えたまいとうございます。二章の二十節を見ますれば、その終わりの方に『その人はわたしたちの縁者で、最も近い親戚(贖いびと=文語訳・以下同)のひとりです』とあります。ルツはこのとき初めてそれを知りましたが、だんだんその贖いびとの恵みを経験し、ついに四章の十四節において『女たちはナオミに言った、「主はほむべきかな、主はあなたを見捨てずに、きょう、あなたにひとりの近親(贖いびと)をお授けになりました」』とあります。そうですから神はルツに贖いびとを与えたまいました。これは神の大いなる恵みでありました。またその恵みのうちには、ほかに種々の恵みが含まれておりましたから、私共はそれによりて神の贖いびとの恵みを知ることを得ます。神は私共各自のために、大いなる贖いびとを立てたまいましたが、私共は或いはその円満なる恵みをまだ経験しないかも知れません。どうぞこの小さい書物によりて、贖い主なる主イエス・キリストの大いなる恵みを悟りとうございます。
 イザヤ書四十三章一節『ヤコブよ、あなたを創造された主はこう言われる。イスラエルよ、あなたを造られた主はいまこう言われる。「恐れるな、わたしはあなたをあがなった。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのものだ。」』わたしはあなたをあがなった、これはただあなたの罪を赦し、また潔めるばかりでなく、全く神のものとなる意味であります。この節の終わりに『あなたはわたしのものだ』とありますように、贖われた者は全く神のものとなり、また神と一つになったのでありますから、実にこれは大いなる恵みであります。新約のテトス書二章十四節に同じことを見ます。『このキリストが、わたしたちのためにご自身をささげられたのは、わたしたちをすべての不法からあがない出して』、これは第一です。『良いわざに熱心な選びの民を、ご自身のものとして聖別するためにほかならない』、これは第二です。またその『ご自身のものとして』とあるのは第三です。すなわちご自分のものとならしめたまいます。次に『良いわざに熱心な』、これは第四です。すなわち熱心を与えて燃ゆる者となしたまいます。贖い出され、潔められ、神のものとなり、また燃ゆる者となる。これはみな贖いということのうちに含んでいる恵みであります。もし私共がまだ聖霊の火を受けず、またまだ主イエス・キリストと一つになりませんならば、まだほんとうに贖われるという意味を知らない者であります。贖われることの深い意味は、ペンテコステのバプテスマによりて、初めて知られるものであります。
 ルツはモアブの人で、神に詛われた国の者でありました。けれどもその人が神の御手に贖われて、ボアズの妻となりました。ちょうどそのように神に詛われし罪人が、神の恵みを得てその贖いを経験し、ついには主イエスの花嫁となることを得るのであります。これが贖われることの意味であります。おお、どうぞ聖霊に教えられて、この書の深い意味を学び、それを経験いたしとうございます。
 さればルツ記の主意は何でありますかならば、エペソ書五章二十五節以下に書いてあることであります。『キリストが教会を愛してそのためにご自身をささげられたように、妻を愛しなさい。キリストがそうなさったのは、水で洗うことにより、言葉によって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、また、しみも、しわも、そのたぐいのものがいっさいなく、清くて傷のない栄光の姿の教会を、ご自分に迎えるためである』(二十五〜二十七節)。これは贖われることです。主イエスがかように、私共を瑕のない、しみのないご自分の新婦とならしめたまいとうございます。また続いてそこを見ますれば、『キリストが教会になさったようにして、おのれを育て養うのが常である』(二十九節)。キリストはただいまその目的をもって、私共を守り養いたまいます。これは実に安息であります。心の安息であります。かように主イエスのものとなりますれば、初めてほんとうの安息を経験することを得ます。さればルツ記の主意は、他の方面より申しますれば、安息であります。
 一章九節をご覧なさい。『どうぞ、主があなたがたに夫を与え、夫の家で、それぞれ身の落ち着き所を得させられるように』。しかしかくモアブに帰る道を踏めば、必ず真の安息を得ることはできません。ルツは己の国を捨て、神の国に参りましたから、真の安息を得ました。三章一節に『時にしゅうとめナオミは彼女に言った、「娘よ、わたしはあなたの落ち着き所を求めて、あなたをしあわせにすべきではないでしょうか」』。主イエスはそのように、私共に真の安息を与えたまいます。ヘブル書四章にペンテコステの恵みを神の安息と言われてあります。すなわちこれは罪よりの安息、肉欲よりの安息、この世の誘惑よりの安息で、ペンテコステの恵みによりてこの安息を得ることができます。言い換えれば主イエスと一つになれば、真の安息を得るのです。そうですからルツ記を見れば、ペンテコステの恵みを受ける道を見るのであります。ユダヤ人は二千年前に、ペンテコステの日に毎年ルツ記を読みました。彼らは主イエスを悟りませんから、ルツ記の深い意味を悟ることができませなんだでしょうけれども、何かペンテコステに深い関係があると思うて、毎年この小さい書物を読みました。
 さて今はだんだん主イエスの再臨の時が近づいていますが、私共はこのルツ記によりて、主イエスの新婦となることについて知ることを得ます。この世にある間、主と一つになることは実に幸いであります。ヨハネ伝十五章にあるように、私共は主におり、また主が私共にいたまいますれば、それによりて多くの果を結びます。これは大いなる栄えであります。ペンテコステの栄えであります。けれどもキリストが与えたもう恵みはそればかりではありません。後の世において新婦たる栄えを経験するのであります。兄弟姉妹よ、私共はこのルツ記によりて、再臨したもう主を迎える準備をいたしとうございます。潔められて主のものとなり、新婦の資格を得るために、厳粛に祈りをもって、この書を開きとうございます。また大いなる望みをもってこれを学びとうございます。
 ルツ記と雅歌とは霊の意味において、深い関係があります。ルツ記においては、詛われし者がいかにして主のものになることを得るやを知り、雅歌においてはその主イエスのものとなりし新婦と、主イエスとの美わしい愛の関係を知ることができます。それゆえに霊的の意味において第一にルツ記、第二に雅歌を読んで、ペンテコステの恵みを知ることができるのであります。
 ルツ記全体を見ますれば、ルツにとりて三つの時代がありました。はじめに彼女はイスラエル人の妻となりました。そのゆえに自分もイスラエル人となりました。そのために自分も神の契約のうちに入りました。神の恵みを受け入れ、神のものとなりました。まだ神の国には参りませんけれども、また神の国の人と交わることを得ませんけれども、やはりイスラエル人であります。キリスト信者のうちにもこういう人があります。もはや主イエスを自分の救い主としましたから、自分は救われた者、また神の国の一人となりて、神の契約のうちに入り、神の恵みを得ました。その時までは詛われし国の一人でありましたが、今は神の国の一人となりました。けれどもまだ神に遠い生涯を送っています。神に近づき、神と交わり、また聖徒と交わりませんけれども、やはり神の国の一人であります。或る人はそのように、信仰の生涯ではありますが、まだ実に低い生涯を送っています。そんな人にはコリント後書六章十七節を勧めなければなりません。ルツがモアブにいた時に、こういうことを勧めるはずでありました。『彼らの間から出て行き、彼らと分離せよ、と主は言われる。そして、汚れたものに触れてはならない。触れなければ、わたしはあなたがたを受けいれよう』、なお七章一節『愛する者たちよ。わたしたちは、このような約束を与えられているのだから、肉と霊とのいっさいの汚れから自分をきよめ‥‥‥』。肉に属ける信者にこういう勧めを致しとうございます。おお、ここにいなさる愛する兄弟姉妹の中に、神に遠ざかって生涯を送っていなさる御方があれば、どうぞこのコリント後書の勧めに耳を傾けて潔められなさい。どうぞ身も魂も全く神に献げて、神のものとなることをお求めなさい。神は必ずあなたを潔めて、ご自分のものとならしめたまいます。ルツの伝記の中にかように第一の時代がありました。
 けれどもルツは神の国に帰りました。二章を見れば、ルツは神の国にとどまり、神の恵みを経験し、平安と安息を受けることを得ました。ボアズの顔を見、ボアズの声を聞き、ボアズの手より恵みと養いを受けることを得ました。ルツは神の国に帰りましたから、すぐさまかかる経験を得ました。皆様のうちにそんな人がありますれば、その方は誠に幸いな方であります。贖い主なる主イエスと交際し、主イエスに守られ、主イエスに恵まれ、主イエスに養われ、直接に主の御手より霊の養いを受け、神の喜びと平安を経験するのは、実に幸いなことであります。これはルツの伝記における第二の時代でありました。
 けれどもそれよりさらに幸いなる時代が参りました。ルツはなおなお美わしい経験に進み、贖い主となおなお親しい交わりに入ることを得ました。すなわちルツはボアズの新婦となりました。おお、愛する兄弟姉妹よ、あなたはもはや幾分か神の国の恵みを得、また主イエスと交わりましたならば、あなたはまだもっと親しい交わりに進み、もっと深い恵みを経験し、主イエスの新婦となりて、主イエスと全く一つになることができます。ルツの伝記のうちにおいて、これは第三の時代でありました。私共もペンテコステの恵みを受けて、主イエスと全く一つになりますれば、すなわち言い換えれば主イエスの新婦となりますれば、かような親しい交わりに入ることを得ます。ルツはその時に、ただボアズの手より恵みを受けるばかりでなく、ボアズ自身と一つになり、ボアズのものはみな自分のものとなりました。これは実に幸いなる経験であります。ルツはボアズと一つになりましたから、ボアズの宝はみな自分の宝となりました。コリント前書三章二十一節に『すべては、あなたがたのものなのである』とあるとおりであります。おお、ハレルヤ。神の宝はかかる経験を得た信者のものとなります。神のものはすべてみなその人のものであります。『パウロも、アポロも、ケパも、世界も、生も、死も、現在のものも、将来のものも、ことごとく、あなたがたのものである。そして、あなたがたはキリストのもの、キリストは神のものである』(同二十二、二十三節)。おお、実に感謝すべきことであります。
 またエペソ書一章三節を見れば、同じことを見ます。『ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神はキリストにあって、天上の霊のもろもろの祝福をもって、わたしたちを祝福し』。もはや霊のもろもろの祝福を与えたまいました。ただ毎日なくてならぬ祝福を僅かばかり与えたもうのではありません。ご自分の宝をことごとく私共に与えたまいましたから、いつでも必要の時に、自分の思うままに、それを受けることができるのであります。おお、兄弟姉妹よ、聖霊のバプテスマによってかように主イエスと一つになり、主イエスの新婦となり、主イエスのご慈愛を経験し、また主イエスの霊の恵みをことごとく自分のものとすることを得ます。どうぞこのたび主が私共の悟りを開いて、そのことを見せしめ、またそれを実現せしめたまわんことを祈ります。これを体験すれば、私共はいつも雅歌の経験、またヨハネ伝十五章の経験を持つことができます。またエペソ書にあるように、天の処にとどまりて主と親しく交際することを得ます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 目次 |