第 四 章



 ルツは自分の受けられる特権を要求して、ボアズにその前途を委ねました。ルツはそのためにボアズに依り頼むよりほかに仕方がありません。ルツはただそのことだけができました。それをしたならば、三章十八節のように坐して待つよりほかに途がありません。これからはボアズが働かなければなりません。ボアズは万事を取り扱い、ルツの願いに従って万事を成し遂げます。私共も主に身も魂も献げるよりほかに仕方がありません。神の約束を信じ神の特権を知って、主に万事を任せるよりほかに途がありません。既に正直に万事を主に任せましたならば、坐して待たなければなりません。弟子たちは使徒行伝一章において十日間、このように坐して主イエスの働きを待ち望みました。彼らはもはや昇天したもうた主に万事を委ねましたが、まだ火のバプテスマを得ませんから、坐して待ちました。望みをもって坐して待ちました。
 ボアズは忠実な者でありましたから、早速そのことについて働き出しました。
 一節『ボアズは町の門のところへ上っていって』
 門のところはその時代の裁判所でありました。ボアズはこの問題を裁判所で裁判官の前で決めなければならぬと思いました。このことを公に決しなければなりません。町の人々の前でこれをきれいに決めなければなりません。また法律に適うようにそのことを決めなければなりません。そういう風にしてこの問題を決めますれば確かであります。いつまでも変わりません。そうですからただ愛の問題でなく、また恵みの事柄であるばかりでなく、これは法律上の事柄でもあります。これは実に幸いであります。私共の救い、私共の聖潔、また私共が聖霊に満たされることは、ただ愛のためまた恵みのためばかりでなく、これは律法に適うことであります。そうですから確かであります。永遠に変わらない事柄であります。
 『そこにすわった。すると、さきにボアズが言った親戚の人が通り過ぎようとしたので、ボアズはその人に言った、「友よ、こちらへきて、ここにおすわりください」。彼はきてすわった。』
 二節『ボアズはまた町の長老十人を招いて言った、「ここにおすわりください」。彼らがすわった時、』
 しかして三節からその問題を説きます。それは何ですかならば、第一に産業を贖うこと。それのみならず、第二にルツを贖うこと、この二つであります。三節四節に産業を贖うことについて書いてあります。ほかの贖いびとはこれを聞いて『わたしがあがないましょう』と言いました(四節終わり)。けれども産業ばかりでなく、ルツをも貰わなければならぬことを聞きました。
 五節『そこでボアズは言った、「あなたがナオミの手からその地所を買う時には、死んだ者の妻であったモアブの女ルツをも買って、死んだ者の名を起してその嗣業を伝えなければなりません。」』
 これを聞いてその贖いびとは六節に『それでは、わたしにはあがなうことができません』と申しました。一つのことはできますが、ほかの一つのこと、すなわちルツを贖うことはこの人にはできませんでした。
 さて私共の救いもちょうどそのように二つの問題に分かれております。神はこの世を贖いたまいました時に、この世の産業を贖いたまいました。けれどもそればかりではありません。私共をご自分のものとならしめたまいました。神はただ産業だけを贖いたもうたのみならず、この世とあらゆるものを贖うことを得ました。神は私共を恵み、私共をも罪より贖って、私共にもう一度神の性質を持たしめ、ご自分の花嫁とならしめたまいとうございました。
 主イエスは十字架の上で、この二つのことのために贖いをなしたまいました。第一に産業について、ロマ書八章二十二、二十三節をご覧なさい。『実に、被造物全体が、今に至るまで、共にうめき共に産みの苦しみを続けていることを、わたしたちは知っている。それだけでなく、御霊の最初の実を持っているわたしたち自身も、心の内でうめきながら、子たる身分を授けられること、すなわち、からだのあがなわれることを待ち望んでいる』。私共は主イエスがまた来りて、その花嫁を迎えたもう時まで、心のうちに悲しみ歎いております。けれどもその時に主は私共のために全き贖いをなしたまいます。私共を歎き悲しみより贖い、また私共が罪のために失いましたすべてのものを取り返して、もう一度神の栄光を与えて、神の子たる栄光を表したまいます。これは全き贖いであります。けれどもそればかりでありません、この二十二節にあるように、すべて造られたる物もまたその日を待ち望みます。その日すなわち主の日に、私共のために造られたる、すべての物が、もう一度エデンの園にあったように全き物となります。かようにその日にはこの二十二節と二十三節が成就します。神がそのように産業を贖いたまいます。
 エペソ書一章十三、十四節、『約束された聖霊の証印をおされたのである。‥‥‥やがて神につける者が全くあがなわれ、神の栄光をほめたたえるに至るためである』。主はそのように贖われました者に、いま聖霊を与え、またのちに栄光を与えたまいまして、私共を全き救いに与らせたまいます。マタイ伝十三章四十四節に、同じことを譬話において見ます。『天国は、畑に隠してある宝のようなものである。人がそれを見つけると隠しておき、喜びのあまり、行って持ち物をみな売り払い、そしてその畑を買うのである』。この人とは神の子であります。この世にある宝をご覧なさいまして、それを得んために、喜んでその持ち物をことごとく売りたまいました。この世に下りたもうことにより、また十字架の苦しみによりて、その持ち物をことごとく売りたまいました。そしてそれによりてその畑を買いたまいました。畑をもその中にある宝をも買い上げたまいました。言い換えますれば、主イエスは十字架の上に、すべて造られし物をも、私共をも共に贖いたまいました。罪人なる私共をもご自分の花嫁となすために、畑と共に買いたまいました。ちょうどボアズが産業をもまたルツをも共に贖ったと同じことであります。
 これは実に価の高い贖いでありました。そうですから六節にあるように、ほかの贖いびとはそれを恐れました。
 六節『その親戚の人(贖いびと=文語訳)は言った、「それでは、わたしにはあがなうことができません。そんなことをすれば自分の嗣業をそこないます。」』
 そんなことをすれば必ず産業を損なうと恐れました。またこれは実際、産業を損なわなければできぬことであります。けれども私共の贖い主なる主イエスは、産業を損なうことをも厭いたまわずして、私共を贖いたまいました。これは感謝すべきことであります。主イエスは私共を潔めんがために、また私共に幸いを与えんがために、ただ神の力を伸ばしたもうたばかりでなく、またただ神の恵みを宣べたもうたばかりでなく、ご自分の産業を損ないたまいました。どうぞ深くそれを覚えとうございます。主は十字架の上でその産業を損なわねばなりませんでした。ピリピ書二章をご覧なさい。そこで主が私共を贖わんがために、いかにその産業を損ないたもうたかを知ることができます。マタイ伝十三章の言葉を借りて言えば、いかにして主がその持ち物を売りたもうたかを見ます。六節から見ます。『キリストは、神のかたちであられたが、神と等しくあることを固守すべき事とは思わず』、すなわち第一にその神たるご栄光を捨てたまいました。『かえって、おのれをむなしうして』、神たる御力をも捨てたまいました。それほどに産業は損なわれました。『僕のかたちをとり、人間の姿になられた』、すなわちそのくらい、ご自分を全く捨てたまいました。『その有様は人と異ならず、おのれを低くして、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順であられた』。そうですから私共を贖わんがために、苦しみをも死をも払いたまわねばなりませんでした。私共をも、また産業をも贖うためにかくまでにご自分の産業を損ないたまいました。
 けれどもボアズはルツを受けるために、またその産業を買い入れるために、自分の産業を賭けて、値段を払いました。神の御子はその御栄光をも、その幸いをも、その生命をも賭けて私共を贖いたまいました。ボアズはかようにしてルツを贖う権利を取りました。そのように主イエスはその贖いによりて私共を祝福する権利を取りたまいました。
 九〜十一節『ボアズは長老たちとすべての民に言った、「あなたがたは、きょう、わたしがエリメレクのすべての物およびキリオンとマロンのすべての物をナオミの手から買いとった事の証人です。またわたしはマロンの妻であったモアブの女ルツをも買って、わたしの妻としました。これはあの死んだ者の名を起してその嗣業を伝え、死んだ者の名がその一族から、また郷里の門から断絶しないようにするためです。きょうあなたがたは、その証人です。」すると門にいたすべての民と長老たちは言った、「わたしたちは証人です。」』
 それゆえにボアズはその権利を取りました。ロマ書八章三節をご覧なさい。『律法が肉により無力になっているためになし得なかった事を、神はなし遂げて下さった』。ルツ記四章のほかの贖いびとは弱くして、贖うことができませんでした。ちょうどここにある律法のようであります。けれども神はそのあたわぬ所をなしたまいました。『すなわち、御子を、罪の肉の様で罪のためにつかわし、肉において罪を罰せられたのである。これは律法の要求が、肉によらず霊によって歩くわたしたちにおいて、満たされるためである』。神はその贖いによりて、私共のうちにご自分の聖旨を行わしめたまいます。その贖いによりて私共をご自分の聖旨に適う者とならしめたまいます。これは幸いであります。律法は弱うございますからそれができません。けれども主イエスはその持ち物をことごとく売りて、私共を神の聖き旨に適う者となすことができました。これは実に感謝すべきことです。恵みの大いなること、望みの大いなること、愛の大いなること、喜びの大いなることであります。深く深くそれを味わって、その全き結果をお受けなさるようにお勧めいたします。コロサイ書一章十九節より数節をご覧なさい。『神は、御旨によって、御子のうちにすべての満ちみちた徳を宿らせ、そして、その十字架の血によって平和をつくり、万物、すなわち、地にあるもの、天にあるものを、ことごとく、彼によってご自分と和解させて下さったのである』。これは主が十字架の血によりて産業を贖いたもうことであります。けれどもそればかりではありません。二十一節において私共をも贖いたもうことが書いてあります。主イエスは畑とともにその畑にある宝をも買い入れたまいます。『あなたがたも、かつては悪い行いをして神から離れ、心の中で神に敵対していた』、すなわち先にはモアブ人でありました。けれども『今では、御子はその肉のからだにより、その死をとおして、あなたがたを神と和解させ、あなたがたを聖なる、傷のない、責められるところのない者として、みまえに立たせて下さったのである』。すなわちそのモアブ人を救い潔めて、潔き、汚れのない、瑕のない、花嫁としてご自分の前に立たしめたまいます。ルツ記の方の
 十節に『またわたしはマロンの妻であったモアブの女ルツをも買って、わたしの妻としました。これはあの死んだ者の名を起してその嗣業を伝え』
 『わたしの妻としました』(To be my wife)これは実に幸いであります。わが奴隷となすではありません。わがしもべとなすでもありません。わが妻となす。おお、主はあなたを罪と死より甦らせて、かようにあなたを天のところにおいてご自分と一緒に座らせたまいます。黙示録三章二十一節をご覧なさい。『勝利を得る者には、わたしと共にわたしの座につかせよう。それはちょうど、わたしが勝利を得てわたしの父と共にその御座についたのと同様である』。誰が王の位に坐することを得ますか、ただその花嫁のみであります。ほかの者は決してそれができません。ただ花嫁にだけそれが許されます。神の御子たる主イエスは、私共にそれほどの栄光を与えんがために、そのご自分の産業を損なって、十字架の上において死にたまいました。主イエスはボアズのごとく、このことを天の裁判官の前において定めたまいました。
 ダニエル書七章をご覧なさい。六章と七章の始めを見ますれば、この世の国々の汚れと騒ぎと罪について記してあります。ついに神は裁判を開いて、裁判官の決議によりて御子にこの世の政治を委ねたまいます。九節十節、『わたしが見ていると、
  もろもろのみ座が設けられて、
  日の老いたる者が座しておられた。
  その衣は雪のように白く、
  頭の毛は混じりもののない羊の毛のようであった。
  そのみ座は火の炎であり、
  その車輪は燃える火であった。
  彼の前から、ひと筋の火の流れが出てきた。
  彼に仕える者は千々、
  彼の前にはべる者は万々、
  審判を行う者はその席に着き、
  かずかずの書き物が開かれた。』
 今までこのダニエル書によりて、この世のいろいろの政治と王の有様が書いてありましたが、ついにこの九節においてこの世の王の王、主の主たる御方を見ます。この世の審き主、裁判官である御方を見ます。この審き主は必ず世よりすべての悪を放逐したまいます。『わたしは、その角の語る大いなる言葉の声がするのを見ていたが、わたしが見ている間にその獣は殺され、そのからだはそこなわれて、燃える火に投げ入れられた』(十一節)。すべて悪魔の手だてと謀りごとは毀たれ、この獣は殺され、逐い出されました。それゆえ二十三節にその位とその権威を人の子に委ねたまいました。『わたしはまた夜の幻のうちに見ていると、
  見よ、人の子のような者が、
  天の雲に乗ってきて、
  日の老いたる者のもとに来ると、
  その前に導かれた。
  彼に主権と光栄と国とを賜い、
  諸民、諸族、諸国語の者を彼に仕えさせた。
  その主権は永遠の主権であって、
  なくなることがなく、
  その国は滅びることがない。』(十三、十四節)
 神はかように天の審きにおいて、天の法律に従って御子にすべての権と、すべての勝利と、すべての政治を与えたまいました。ボアズがイスラエルの法律に従って、裁判官の前で、ルツとその産業を贖いましたように、主イエスは天におる者の眼の前において、天の法律に従って、審き主なる神よりすべての権威とすべての力を受けたまいました。救いの力、潔めの力、悪魔を逐い出す力、罪のために得たすべての損害を返す力をことごとく受けたまいました。
 エペソ書三章十節をご覧なさい。『それは今、天上にあるもろもろの支配や権威が、教会をとおして、神の多種多様な知恵を知るに至るためであって』。主イエスは天にあるすべての者の眼の前に、神の全き贖いと救いを示したまいます。コロサイ書二章十四節をご覧なさい。『神は、わたしたちを責めて不利におとしいれる証書を、その規定もろともぬり消し、これを取り除いて、十字架につけてしまわれた』。これは感謝すべきことです。うわべを見ればただ神の子が十字架に釘けられています。けれども信仰を眼をもってほかの点より見ますれば、私共に逆らう者がかしこに釘づけられています。そうですから十五節『そして、もろもろの支配と権威との武装を解除し、キリストにあって凱旋し、彼らをその行列に加えて、さらしものとされたのである』。十字架を見れば、かしこで主イエスが滅ぼされたようでありますが、実はかしこで悪魔が滅ぼされたのであります。信仰がありますれば、この事実を悟ることを得ます。私共は十字架によりて、悪魔が滅ぼされ、キリストが勝ちを得たもうたことを知ります。ボアズが長老たちの前において、ルツを買ったと同じように、主イエスは天に在りて政を執る者の前において、明らかに勝利を得て、私共のために全き贖いをなしたまいました。そうですから私共はその全き贖いを受け入れることを得ます。これは公のことであります。主は公にそれを成し遂げたまいました。
 黙示録五章一節をご覧なさい。『わたしはまた、御座にいますかたの右の手に、巻物があるのを見た。その内側にも外側にも字が書いてあって、七つの封印で封じてあった』。これは産業の地券状であります。けれどもなぜか、その地券状が七つの印で封印してありましたから、何の値打ちもなく、駄目のものとなっていました。そうですから、ヨハネはそれを見て大いに憂い悲しみました。けれども五節を見ますれば『長老(長老とは救われし者また贖われし者であります)のひとりがわたしに言った、「泣くな。見よ、ユダ族のしし、ダビデの若枝であるかたが、勝利を得たので、その巻物を開き七つの封印を解くことができる」』。すなわち産業を贖う者があります。その地券状を受けて、それを効力あるものとすることのできる御方があります。すなわち勝ちを得たもうた贖い主があります。この主イエスは神の位の前にて、また天に在るすべての者の眼の前にて、贖いの権利を取りたまいました。また九節をご覧なさい。『彼らは新しい歌を歌って言った、「あなたこそは、その巻物を受けとり、封印を解くにふさわしいかたであります。あなたはほふられ、その血によって、神のために、あらゆる部族、国語、民族、国民の中から人々をあがない」』。また十一節『さらに見ていると、御座と生き物と長老たちとのまわりに、多くの御使いたちの声が上がるのを聞いた。その数は万の幾万倍、千の幾千倍もあって』。また十三節に『またわたしは、天と地、地の下と海の中にあるすべての造られたもの、そして、それらの中にあるすべてのものの言う声を聞いた、
  「御座にいますかたと小羊とに、
  さんびと、ほまれと、栄光と、権力とが、
  世々限りなくあるように」』。
 主イエスはかように天に在るすべての者の眼の前に、贖いの権利を受け取りたまいました。これは公のこと、法律上のこと、天の法律に適うことであります。
 十三節『こうしてボアズはルツをめとって妻とし』、
 そうですからルツの望みがみな成就しました。三章十八節でボアズの働きを待ち望みました。ボアズは忠信なる者であることを知って、失望せずに、待ち望んでおりましたが、ついにボアズと一つになりました。おおこれは実に幸いであります。そのようの私共も私共の贖い主に依り頼み、身も魂も献げ、私共の受くべき特権を願いまするならば、主は必ずその特権を与えて、その恵みを成し遂げたまいます。
 詩篇四十五篇をご覧なさい。その大意はやはり同じことであります。一節より見ますれば、新郎が戦いに出ることを見ます。また勝ちを得ます。そして十節より新婦のことが記してあります。
 『娘よ、聞け、かえりみて耳を傾けよ。
  あなたの民と、あなたの父の家とを忘れよ。
  王はあなたのうるわしさを慕うであろう。』(十、十一節)
 かように私共も身も魂も献げますれば、また耳を傾けて主の御言に従いますれば、主は私共を受け入れ、私共にそのご慈愛を示したまいます。また十四節十五節、
 『彼女は縫い取りをした衣を着て王のもとに導かれ、
  その供びとなるおとめらは
  彼女に従ってその行列にある。
  彼らは喜びと楽しみとをもって導かれ行き、
  王の宮殿にはいる。』
 神はこの言葉の霊的の意味を、私共に成し遂げたまいとうございます。そうですから主と一つになって、断えず主と交わり、断えず主の恵みを得て、主の許嫁せる花嫁の生涯を送ることを得ます。
 ロマ書七章四節に『あなたがたも、キリストのからだをとおして、律法に対して死んだのである。それは、あなたがたが他の人、すなわち、死人の中からよみがえられたかたのものとなり(すなわち結婚して)、こうして、わたしたちが神のために実を結ぶに至るためなのである』。私共が死より甦りて花嫁となり、主イエスのものとなりますれば、神のために豊かに実を結ぶことを得ます。ヨハネ伝十五章のように、生命の繋ぎに繋がれて、必ず愛の果、喜びの果、忍びの果を結ぶことを得ます。また必ずそのために主に従い、愛に励まされて主と伴い、主と偕にこの世を過ごすことを得ます。
 おお皆様、しかし私共の花婿の御目的は何でありますかならば、他の罪人を救うことであります。他のモアブ人をイスラエルと、イスラエルの幸いに導くことであります。主がこの世に来りたもうた唯一の目的は罪人を救うことでありました。主はこのために身も魂も献げて生涯を送りたまいました。私共がこの主イエスの花嫁となりますれば、この主とほんとうに一つとなりますれば、私共の生涯の目的もこの主の御目的と一つになるはずであります。必ず主の御心を自分の心として、断えず己を捨て十字架を負い、苦痛をも忍んでぜひ罪人を導きたいという心があるはずであります。時を得るも時を得ざるも、いつでも、何処ででも、福音を恥とせずに、主と共に罪人を救うために力を尽くすはずであります。愛する兄弟姉妹よ、主は十字架によりて私共にこの全き贖いを与えたまいました。そうですから私共は主と共に十字架の苦しみを負うて、主と共にこの世を救うことをしなければなりません。身も魂も献げて、主と共に罪人を導かなければなりません。
 かように生涯を送りますれば、黙示録十九章七節のように『花嫁はその用意をしたからである』という叫びが響いて参ります。私共救われし者が全く主と一つになり、主の心と一致し、喜んで主の十字架を負いまするならば、花婿がまた来りたもう時に、私共をその幸いに迎え入れたまいます。その時は近うございます。聖書に書いてある再臨のしるしはたいがいもはや成就しましたから、私共は『主よ来りたまえ』と熱心に祈るはずであります。心の準備ができて、主のために身も魂も献げて花婿の来りたもうことを待たねばなりません。
 おお、愛する兄弟姉妹よ、私共の花婿は思うところにまさる幸いと喜びと栄えを私共に与えたまいます。ルツが初めベツレヘムに参りました時に少しも予期していなかった幸いを、そこで受けることができましたように、私共の思うところ、願うところにいたくまされる幸いを、主は私共のために備えていたまいます。そうですから、どうぞ身も魂も献げて、主イエスの全き贖いをお受け入れなさい。主イエスはその権威をもって必ずサタンの力を砕きたもうことを信じて、主を待ち望みなさい。主は必ずあなたの心のうちに、その大いなる全き救いを成し遂げたまいます。


 ルツ記霊的講解 終



大正 四年一月二十九日印刷
同   年二月 一 日発行
大正十二年六月二十六日再版
大正十四年三月 二十日改版
-----------------------------------------------------------------------------------
   (定価四拾銭)


著 作 者  ビー・エフ・バックストン

     東京市赤坂区氷川町五番地
発 行 者  ジョージ・ブレスウェート

     神戸市吾妻通三丁目十七番屋敷
印 刷 者  佐  藤   為  吉

     神戸市吾妻通三丁目十七番屋敷
印 刷 所  中 外 印 刷 株 式 会 社

-----------------------------------------------------------------------------------

       東京市京橋区銀座四丁目一番地
発 行 所    基 督 教 書 類 会 社
              電話 銀座 四五八六番
              振替 東京 二二七三番


||| 1 | 2 | 3 | 4 | 目次 |