第 二 章



 第一章の大意は世を離れて真心をもって主に従うことでありました。まだ何の感情がありませんでも、断然身も魂も献げました。二章の大意は贖い主を発見することであります。そうですからこのとき初めて心のうちに感情が出て参ります。正直に世を離れまするならば、さっそく救い主を発見して、救い主の恵みを味わうことを得ます。
 一節『さてナオミには、夫エリメレクの一族で、非常に裕福なひとりの親戚があって、その名をボアズといった。』
 ルツはボアズのことを少しも知りませなんだ。けれどもボアズと面会することを得ました。ボアズはこの人の贖いびとでありました。親類という言葉には贖いびとという意味があります。二十節の終わりを見ますと『その人はわたしたちの縁者で、最も近い親戚(贖いびと=文語訳)のひとりです』とあります。それゆえにこの憐れむべきルツのために、力ある贖いびとがありました。このルツはたぶん寂しい心をもって、またたぶん心配してベツレヘムに参りましたでしょう。けれどもそこに贖いびとがあって、格別にルツを恵み、ルツを愛し、ルツのために働く力をもっておりました。
 愛する兄弟姉妹よ、あなたが断然世を離れて、正直に身も魂も献げなさいましたならば、あなたの思う所にまされる恩恵と能力を持っていたもう贖いびとがあります。あなたのために溢れるほどの恵みを備えていたまいます。その人は『非常に裕福な(大いなる力の=文語訳)』人であります。それゆえにあなたを助け、あなたを全く救い、あなたに恵みを溢れしめたもうことができます。私共はたびたび不信仰のために、私共の贖い主は力の弱い者のように思います。不信仰によりて主イエスの力と恵みの富を信じません。けれども聖書の黙示によりて心の目が開かれますれば、私共の贖い主は力ある御方でありますから、必ず私共を全く救い、ほんとうに溢れるほど恵みを与えたもうことのできるのが解ります。詩篇八十九篇の十九節をご覧なさい。
 『昔あなたは幻をもってあなたの聖徒に告げて
  言われました、(すなわち神はこれを黙示したまいました)
  「わたしは勇士に栄冠を授け(われ助けを力ある者に委ねたり=文語訳)」』
 おお、ハレルヤ。父なる神は、私共の救いと私共の助けを、力ある者すなわちイエスに委ねたまいました。また黙示録十九章十六節には、キリストを『王の王、主の主』と言うてあります。おお、目を挙げてあなたの贖い主をご覧なさい。私共の贖い主は実に王の王、主の主でありますから、必ず私共に全き潔めを与え、全き満足と慰めを与えたもうことができます。
 ここで注意すべきことは、エリメレクとナオミがカナンの地を去りました時にさえも、かかる贖い主があったのであります。かかる恵みに溢れたる贖い主がありましたのに、その贖い主を信用せずして、恵みを求めるためにモアブに行きました。おお、堕落しておる人は贖い主の栄光を知りません。主イエスの栄光を信じません。自分の肉欲に従って喜びと力を求めます。おお、皆様のためにかかる力ある贖い主があります。今日それをお信じなさい。ルツは未だその人を知りませなんだが、その人は喜んでルツのために贖いの力を伸ばしました。
 二節『モアブの女ルツはナオミに言った、「どうぞ、わたしを畑に行かせてください。だれか親切な人が見当たるならば、わたしはその方のあとについて落ち穂を拾います。」』
 既に世を捨てた者は、第一に霊の糧を慕うて、これを得んと願います。これは自然であります。今生まれし嬰児は自然に乳を慕います。そのようにほんとうにこの世を捨てて身も魂も献げた者は、第一に霊の糧を求めます。出エジプト記を見ますると、十四章において神はイスラエル人を救いたまいまして、十五章において救われたイスラエル人は救いの喜びをもって神を讃美しますが、すぐそののち十六章においてこの救われた人々に神は毎日マナを与えたまいましたから、彼らはそれを拾い、それを食して、それによりて養われました。私共も新しい恵みを得ましたならば、自然、聖書を開いて、聖書より霊の糧を求めるようになります。
 雅歌一章にも同じことを見ることができます。七節を見ますと
 『わが魂の愛する者よ、
  あなたはどこで、あなたの群れを養い、
  昼の時にどこで、それを休ませるのか』
 八節
 『女のうちの最も美しい者よ、
  あなたが知らないなら、群れの足跡に従っていって、
  羊飼たちの天幕のかたわらで、
  あなたの子やぎを飼いなさい。』
 忠信に主に従う者の足跡に従えよ。忠信に主のために働く者の側におれば、必ず霊の糧を得ることができます。ちょうどそのようにルツは刈り入れに行った働き人の側に養いを求めました。
 二節終『ナオミは彼女に「娘よ、行きなさい」と言ったので、』
 三節『ルツは行って、刈る人たちのあとに従い、畑で落ち穂を拾ったが、彼女ははからずもエリメレクの一族であるボアズの畑の部分にきた。』
 『はからずも』自分の贖い主の地面に参りました。はからずも恵みを受ける所に参りました。必ず神がその足を導いて、恵みの井戸に導きたもうたに相違ありません。私共もそのようにはからずも主に面会して、主の恵みを頂戴します。熱心に霊の糧を求めますれば、聖書から光を与える言葉を見出します。或いは偶然に主イエスを表す聖言を受けます。或いははからずも主の現れたもう集会に導かれて参ります。ルツはそのようでありました。神に導かれて偶然にボアズの畑に参りました。
 ルツは養いを求めました。そうして自分の力で養いが得られると思いました。けれどもいま養いでなくして養い主ご自身を見出し、その養い主の恵みによりて養いを得ました。ちょうどそのように私共はたびたび己を信用して霊の糧を求めます時に、偶然に主に出会って、その恵みの御手より養いを受けることがあります。
 四節『その時ボアズは、ベツレヘムからきて、』
 英語ではこれは実に力ある言葉でありまして and behold すなわち『見よ』という言葉があります。この時にルツははじめて贖い主を見ることを得ました。その時にまだボアズの恵み、ボアズの力、ボアズの贖いを知らなかったに相違ありませんが、ボアズを目をもって見ることを得ました。
 『刈る者どもに言った、「主があなたがたと共におられますように。」』
 それゆえにルツはボアズの口より恵みの言葉の出ずるのを見ました。ボアズは他の人を恵みたい人であると知りました。そうですから初めよりボアズの恵みを見ることを得ました。もとよりルツはボアズが自分を恵むとは知りません。また自分のような者はボアズの恵みを得ることはとてもできないと、心のうちに思ったに相違ありません。けれどもとにかくボアズは恵み深い人であると、初めより知ることを得ました。
 私共の刈り入れの主人は、喜んで刈り入れの働き人のうちにご自分を表したまいます。刈り入れの働き人に近づき、その人々に恵みの言葉を語りたもう主であります。私共がほんとうに罪人を捜して、罪人の魂を刈り入れるならば、主は必ずたびたびご自身を私共に表したまいます。伝道館が粗末な所であっても、主はたびたびそこでご自身を表し、その御栄えをもってそこを満たしたまいます。どんな粗末な説教所でありましても、刈り入れの主人はそこに御自身の御言を照らし、恵みを溢れしめたまいます。
 けれどもその時に刈り入れ人ばかりでなく、この詛われし国の女も、その刈り入れの主人の恵みを得ました。
 八節『ボアズはルツに言った、』
 そうですからルツはいま顔と顔を合わせて贖い主に面会することを得ました。今まではただ遠い所からボアズを見ることを得たのみであります。また幾分かボアズの恵みを悟ることを得たのでありますが、今はじめて自分に対する恵みの言葉を聞くことを得ました。この二章においてボアズは二度ルツに面会し、その二度とも新しい恵みを与えております。この八節より十三節までのところは第一の面会のところで、第二の面会は十四節であります。どうぞ御霊に教えられて、よくこの聖言の意味を味わいとうございます。主は第一に何を勧めたもうかならば、
 『娘よ、お聞きなさい。ほかの畑に穂を拾いに行ってはいけません。またここを去ってはなりません。わたしのところで働く女たちを離れないで、ここにいなさい。』
 『ここにいなさい』、これはちょうどヨハネ伝十五章にある『わたしにつながっていなさい』という勧めと同じことであります。ほかに行かず、ほかに彷徨わず、どうぞここで養いを求めよ。我は汝に豊かなる養い、豊かなる富を与えることができるゆえ、ほかに彷徨わずにここにいよ。どうぞ断えず我より恵みと喜び、また平安と力を求めよ。どうぞわが働き人と共にわがそばにおりて、彼らと共にわが養いを受けよ。これは恵み深き贖い主の私共に対する勧めであります。
 またそれのみならず、九節をご覧なさい。ボアズはルツに保護を与えることを約束しました。
 九節『人々が刈りとっている畑に目をとめて、そのあとについて行きなさい。わたしは若者たちに命じて、あなたのじゃまをしないようにと、言っておいたではありませんか。あなたがかわく時には水がめのところへ行って、若者たちのくんだのを飲みなさい。』
 そうですからルツは主の保護のもとに安全でありました。断えずボアズに守られて悪を去りて安心して働くことを得ました。またそれのみならず、渇く時にはいつでも水を飲むことを許されました。私共の主人なる贖い主も、私共にこの二つの約束を与えたまいます。主の翼のもとに護られることと生命の水を飲むことであります。
 ルツはこの言葉を聞きて、どんなにその心のうちに確信ができたことでありましょう。どんなに心に力があったことでしょう。今までもそこで穂を拾いましたが、異国人として遠慮しておりました。けれどもいま主人の言葉、主人の約束を得ましたから、遠慮せず、確信してそこに留まることを得ました。また彼女の心のうちにどんなに安心ができたことでありましょうか。おお、愛する兄弟姉妹よ、私共もそのように主と面会して主の言葉を得ますれば、心のうちに確信、喜び及び安心ができます。ボアズは格別にこんな安心をルツに持たせとうございました。
 また十節を見ますれば、ルツはどうしてそれを受け入れましたかが解ります。ルツはもがいて、精を出してボアズの約束を信じようといたしたでしょうか。いいえ、そうではありません。ルツは信用すべき人の言葉を容易に信じました。少しももがかず、そのままその言葉を受け入れました。信仰とは何でありますかと言えば、それです。
 十節『彼女は地に伏して拝し、彼に言った、「どうしてあなたは、わたしのような外国人を顧みて、親切にしてくださるのですか。」』
 これは信仰であります。主の言葉を聞き、主の前にひれ伏してその言葉を真として主を崇める、これが真の信仰であります。信仰は恵みを知ります。また信仰は神に感謝します。信仰は神に礼拝します。信仰は己を低くします。けれども信仰は神がなぜ恵みを与えたもうかそのわけを知りません。この十節に『どうして』とあります。信仰はいつでもこの『どうして』を尋ねます。いかにしてこの汚れたる者が、いかにしてこの賤しい者が神の恵みを得ることができるか、信仰はそれを知りません。けれども信仰は贖い主を信用します。しかして贖い主の御言を受け入れますから感謝します。
 主は続いてその人に語りたまいます。
 十一節『ボアズは答えて彼女に言った、「あなたの夫が死んでこのかた、あなたがしゅうとめにつくしたこと、また自分の父母と生まれた国を離れて、かつて知らなかった民のところにきたことは皆わたしに聞こえました。」』
 ボアズはルツのことを悉く知っておりました。彼女がナオミに孝行であること、またモアブの地を離れたことなどをみな知っておりました。十二節を見ますと、ルツが主に依り頼んでいることをも知っていました。
 十二節『どうぞ、主があなたのしたことに報いられるように。どうぞ、イスラエルの神、主、すなわちあなたがその翼の下に身を寄せようとしてきた主からじゅうぶんの報いを得られるように。』
 ボアズはこれを知っておりましたから、ルツに親切を表し、懇ろに彼女に語りました。その次の節に、
 十三節の終『あなたはこんなにわたしを慰め、はしためにねんごろに語られました。』
 ルツはボアズにかように申しています。
 神はこれによりて私共にも教えたまいとうございます。私共を導き、私共にご自分を見せしめ、ご自分に面会することを教えたまいとうございます。おお、愛する兄弟姉妹よ、主はかようにあなたに懇ろに語りたまいとうございます。懇ろにご自分を表して、あなたの心を慰めたまいとうございます。これはルツの第一の面会です。
 十四節より第二の面会であります。
 十四節『食事の時、ボアズは彼女に言った、』
 これは他の面会で、二、三時間のちのことであります。ボアズはもう一度ルツを呼びて、彼女と語りました。ルツはもう一度ボアズの声を聞くことを得ました。またこの時ボアズはルツに前よりも一層まさりたる恵みを示し、なおなお大いなる賜物を与えました。ルツは第一の面会のとき大いなる恵みを得、そのために慰めをも確信をも得ましたが、今この第二の面会において愛を得、さらに親しい交際に進み、さらに大いなる確信を得ることができました。
 『ここへきて、パンを食べ、あなたの食べる物を酢に浸しなさい。』
 ボアズは今ルツを自分に近づかせ、自分の台に坐らせ、自分と共に食事をさせました。おお、実に幸いであります。神はそのように私共をだんだんご自分に近づかせ、ご自分と親しき交わりに入れたまいとうございます。これはちょうど雅歌五章一節のようであります。
 『わが妹よ、わが花嫁よ、
  わたしはわが園にはいって、わが没薬と香料とを集め、
  わが蜜蜂の巣と、蜜とを食べ、
  わがぶどう酒と乳とを飲む。
  友らよ、食らえ、飲め、
  愛する人々よ、大いに飲め。』
 ボアズはそのようにルツを招きました。主イエスはそのように私共を招き、ご自分の天に属ける養いを与えたまいとうございます。私共は主イエスご自身と交わり、主ご自身のテーブルに坐りて、主ご自身と共に食事を頂戴することを得ます。
 またそれのみならずご自身の御手より養いを受けます。十四節の中頃に
 『彼女が刈る人々のかたわらにすわったので、ボアズは焼麦を彼女に与えた。彼女は飽きるほど食べて』
 ボアズは自分の手をもってルツに養いを与えました。これは愛の徴であります。主は私共に霊の糧を与えるばかりでなく、私共に愛を表してその養いを与えたまいます。主イエスが終わりの晩、弟子たちと共に食事をしたもうた時、格別にユダの心を引き、これを悔い改めに導きとうございましたから、格別に彼に愛の徴を表して、ひとつまみの食物を彼に与えたまいました。ひとつまみの食物を与えたもうたことは、格別に愛を表す徴でありました。ボアズは今ルツにその愛の徴を表しました。私共の主はかように私共に愛の徴を与えたまいます。そうですから詩篇二十三篇の終わりに『わたしの杯はあふれます』とあります。実にそうであります。主の御手より養いを得て『飽きるほど食べ』ることを得ます。また
 『残した。(その残りを納む=文語訳)』
 十八節を見ますと、これを後にナオミに与えました。『かつ食べ飽きて、残して持ちかえったものを取り出して与えた』。すなわちここでボアズの手より貰った糧を、他の人にまで分け与えることを得ました。それによりて他の人をも飽かせることを得ました。おお、兄弟姉妹よ、私共が直接に主の御手より聖言を得まするならば、それによりて自分が満足するのみならず、またそれによりて他の人々をも養うことができます。他の人々もそれを受けて飽くことを得ます。
 けれどもそれのみではありません。十五節でルツはもう一度畑に出ましたが、その時ボアズはルツが去ったのち、ルツの聞かない間に、働き人に命じてルツのために恵みを備えしめました。
 十五節『そして彼女がまた穂を拾おうと立ちあがったとき、ボアズは若者たちに命じて言った、「彼女には束の間でも穂を拾わせなさい。とがめてはならない。」
 十六節「また彼女のためには束からわざと抜き落としておいて拾わせなさい。しかってはならない。」』
 ボアズはそのようにルツのために企てました。それゆえにこれよりルツは多くの穂を拾いました。これはボアズの恵みでありました。ボアズがその働き人にそれを命じましたから、ルツは多くの穂を拾うことができたのであります。ルツは或いは自分の熱心によりてそれを拾ったと思ったかも知れません。けれどもそうではありません。ボアズの恵み深き企てのためでありました。ボアズがことさらに穂を残し置けと命じたからであります。主はたびたび私共のためにそれを命じたまいます。私共はたびたび自分の熱心のために、或いは自分の祈りのために、大いなる恵みを得たと思うかも知れませんが、そうではありません。主のご命令のためであります。主が与えたもうたのです。主がそれを働き人に命じたまいましたから、私共がそれを拾うことを得たのであります。
 詩篇四十二篇八節を見ますと、『昼には、主はそのいつくしみをほどこし』とあります。この日本訳は少し弱うございます。この『ほどこし』は原語で『命じ』という字であります。神は私共にその恵みを得させるように、天の使いにそれを命じたもうのであります。また詩篇四十四篇の四節にも、『神よ、なんじはわが王なり。ねがわくはヤコブのために救いをほどこしたまえ』(文語訳)。これも『救いを命じたまえ』であります。救いの恵みは神の命令です。誰もそれを妨げることはできません。神はあなたのために全き救いを命じたまいます。そうですから心配はありません。ただあなたが正直に身も魂も献げますれば、必ず神はそのご命令によりて、あなたにその全き救いの大いなる賜物を与えたまいます。詩篇六十八篇二十八節『なんじの神はなんじの力をたてたまえり』(文語訳)。これも原語は『命じたまえり』であります。これは感謝すべき言葉ではありませんか。これは実に確信を与える言葉であります。神はあなたがた御銘々のために、力をも、溢れるほどの恵みをも命じたまいました。そうですから私共の方にさえ妨げるものがありませんならば、必ず神のご命令によりてそれを受けることができます。
 ルツはそのようにボアズの命令のために、ボアズの恵みを得ました。ルツはそれを知りませなんだが、これはボアズの命令でありましたから、溢れるほどの恵みと豊かなる養いを得ました。
 十七節『こうして彼女は夕暮れまで畑で落ち穂を拾った。そして拾った穂を打つと、大麦一エパほどあった。』
 ルツはそれほどたくさんの穂を拾うことを得て帰りました。
 十八節『彼女はそれを携えて町にはいり、しゅうとめにその拾ったものを見せ、かつ食べ飽きて、残して持ちかえったものを取り出して与えた。
 十九節『しゅうとめは彼女に言った、「あなたは、きょう、どこで穂を拾いましたか。どこで働きましたか。」』
 ナオミはこの多くの穂を見て驚きました。そのように私共も多くの恵みを受けますならば、他の信者がそれを見て、何処でそれを貰いしやと尋ねます。私共がこんな聖別会から帰りました時、或いは独り静かに神を求めて帰りました時、或いは主の御前で静かに聖書を学んだのち、恵みの重荷を持って参りますれば、人々はそれを見て何処にてそれを得しやと尋ねるはずです。
 ルツはまだボアズのことをほんとうに知りません。十九節の終わりの方を見ますれば、ただその人の名だけを知っております。その恵みを知っておりました。その富をも知っておりました。けれども大切のことをまだ知りません。ボアズのほんとうの栄光を知らず、またその愛をも知りません。ボアズが贖い主であることをまだ知りません。多くの信者もその通りであります。幾分か主イエスの恵みを知っております。またその恵みを経験しました。その名とその力、またその御品性を知っております。けれどもほんとうにその栄光をまだ知りません。ほんとうにその愛を知りません。ルツは今まで大いなる恵みを得ましたが、さらにまされる恵みを受けるはずでありました。おお、兄弟姉妹よ、あなたは今まで神より恵みを得ましたでしょう。またそのために心のうちに溢れるほどの喜びもありましたでしょうが、主はなおそれよりまされる恵みをあなたのために備えていたまいます。
 ルツは二十節の終わりにそれを初めて知りました。
 二十節の終わり『ナオミはまた彼女に言った、「その人はわたしたちの縁者で、最も近い親戚(贖いびと=文語訳)のひとりです。」』
 これは大いなる黙示であります。ルツはこれを聞いて必ずこういう望みが起こったと思います。すなわち贖いびとがあれば死んだ夫の地面をまた得ることができ、贖いびとがあればそのためにもう一度富を取り返すことができる。ルツの心の中にそのような新しい望みが起こりました。神は私共銘々に贖い主たる主イエスを見せたまいました。その贖い主は私共が罪のために失った霊の富を返したまいます。アダムの失った富を主イエスは贖って、それをことごとく取り返したまいます。それを聞いて私共はどんな望みが起こりますか。パウロはヘブル書のうちに、その信者たちに贖い主イエスのことを知らせとうございました。その信者たちがまだ肉に属ける者で、霊に属ける者でありませなんだから、彼らにさらに深い恵みを受けさせるために、天に昇った祭司長たるイエスのことを示しました。言葉を換えて言えば、贖い主なるイエスのことを示したのであります。
 おお、兄弟姉妹よ、主はこういう救い主であります。贖い主であります。私共のためにも、罪のために失った霊の富をことごとく取り返したもう御方であります。私共を全く罪のうちより救い出し、汚れとサタンの手より全く救い出して、もう一度エデンの園の恵みを与えたもう救い主であります。『その人はわれらにちなみある者にしてわれらの贖いびとの一人なり』(文語訳)。おお、感謝します。目を挙げて天に昇りたもうた贖い主をご覧なさい。この主はあなたのために円満なる救いを備えたまいました。この主はその富に従って、あなたのために天に属ける富と天に属ける幸いをすでに備えていたまいます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 目次 |