第 三 章



 二章においてルツがボアズから豊かなる恵みを得たことを読みました。私共もそのように主の御手から豊かなる恵みを得たことを感謝します。けれども二章の終わりにおいて、ルツは実に喜びの音信を聞きました。すなわちボアズが自分共の贖いびとであるということを聞きました。そのためにルツはその時からその贖いを思い、その贖いを待ち望んで、今までのようにただボアズの畑で穂を拾うことだけでは満足ができません。これからはボアズ自身を願います。ボアズの愛、またボアズと一つになることを願います。これがほんとうの贖いであります。私共も今までは主イエスの恵みを拾うて、それによって心の喜びと満足とを得ておりました。けれども主イエスは私共の贖いびとであります。心の潔めを受けることは幸いです。また聖霊の恵みと聖霊の力を受けることも幸いでありますが、私共の特権はなおなお進んで主イエスの贖いを経験することであります。すなわち主イエスと一つになることです。コリント前書一章三十節をご覧なさい。『あなたがたがキリスト・イエスにあるのは、神によるのである。キリストは神に立てられて、わたしたちの知恵となり、義と聖とあがないとになられたのである』。そうですから主ご自身を受けますれば、そのために天に属ける潔めを心のうちに受け、心が潔められて真の聖潔を経験します。また主ご自身を受け入れますれば、贖いの深い意味を知って、主はわが贖いとなりたまいます。おお、兄弟姉妹よ、どうぞそのように主イエスと一つにおなりなさい。そのために主イエスご自身を受け入れなさい。主イエスの贖いをお求めなさるようにお勧めいたします。
 一節『時にしゅうとめナオミは彼女に言った、「娘よ、わたしはあなたの落ち着き所を求めて、あなたをしあわせにすべきではないでしょうか。」』
 『落ち着き所』、主イエスと一つになれば、それこそほんとうの落ち着き所です。そのために真の安心を得ます。そのために罪の嵐より救われて休むことを得ます。またそのためにサタンに勝利を得ることができます。そうですからほんとうに安息することを得ます。マタイ伝十一章を見ますと、その終わりの方に二つの安息について言ってあります。安息の経験とさらに深い安息の経験とが書いてあります。二十八節に『すべて重荷を負うて苦労している者は』、これは格別に罪人を指す言葉です。『わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう』。私共は銘々この招きに従って主イエスの許に参りまして、主より休みを得ました。けれども次にもう一つの勧めがあります。二十九節『わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう』。これは別のことです。主イエスの軛を負うならば、そのために主と一つになり、主と偕に同じ途を踏まなければなりません。軛というものは二匹の牛が一緒に負うものであります。私共が主イエスの軛を負いますれば、その時より主と一つになり、主と一緒に歩み、主と偕に働き、主と共に交際することを得ます。しかしてそのためになおなお深い安息を経験することができるのであります。『そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう』。これはほんとうに天に属ける安息であります。ちょうどルツ記三章のように、神は私共のために、そのような落ち着き所を備えたまいました。
 二節『あなたが一緒に働いた女たちの主人ボアズはわたしたちの親戚(これは贖いびとという意味であります)ではありませんか。』
 どうしてその安息を得ますかならば、ボアズが贖いびとであるからであります。そのためにルツは安息の特権を持っておりました。イスラエルの法律上の特権がありました。法律に従って安息を受けることができるのです。これは実に幸いであります。ルツはそれゆえに堅固なる信仰をもって、それを求めることを得ました。これは法律上正当の安息でありますから、大胆に信仰をもって、それを求めることを得ます。二章においてルツはボアズの恵みを求めました。けれども今はただ恵みを求めません。法律を指して、法律上の特権を請求します。私共もそのように、一方より見ればただ神の恵みを受けるというだけでなく、神の法律に従って正当に受けられる私共の特権を願って、神の御前に出るのでありますから、堅固なる真の信仰をもって神の御前に出で、それを求めることを得ます。ルツはそれを知りました。そんな特権のあることが解りました。
 さてどうしてその恵みを求め、その恵みを経験いたしますか。多くの人は聖書を読んで神の恵みを知ります。けれどもどうしてそれを得、それを経験すべきやをまだ知りません。すなわち信仰の途をまだ存じません。この三章において、神は懇ろに私共に信仰の途を教えたまいます。ナオミは懇ろにルツを教えます。その特権を受けるためにボアズのところに行くには、その次の節をご覧なさい。
 三節『それではあなたは身を洗って油をぬり、晴れ着をまとって』
 身を洗えよ。これは第一に必要のことです。まず主の聖きに適わぬことを断然捨てなければなりません。これは理に適うことであります。潔き潔き贖い主を受け入れとうございますならば、潔き潔き贖い主と一つになりとうございますならば、まず第一にすべての汚れを脱ぎ去らなければなりません。コリント後書七章一節の勧めのようであります。『愛する者たちよ。わたしたちは、このような約束を与えられているのだから』、私共は既に美わしい約束を得ましたが、ただその面白い意味を知っただけで満足すべきではありません。既に貴い約束を得ましたから、『肉と霊とのいっさいの汚れから自分をきよめ』これは良心に適うことです。聖書に書いてありませんでも、私共の良心に教えられてそれを知るはずです。第一に肉と霊とのすべての汚れより潔めることが必要であります。私共は自分で自分の心を潔めることはできませんが、悔い改めて罪を去ること、罪と汚れを捨てることはできます。そうすればキリストの血によって潔められます。神は私共に第一にこれを望みたまいます。既に主イエスの美わしさを幾分か見ましたならば、また主の聖潔を見、その主と一つになることを望みまするならば、必ず主に潔められて己を潔くするはずであります。
 どうぞヨハネ第一書三章をご覧なさい。一節で神の子となることを得ました。またそれによりて神の慈愛を感じます。『わたしたちが神の子と呼ばれるためには、どんなに大きな愛を父から賜ったことか、よく考えてみなさい』。しかしそればかりではありません。二節にあるように、心のうちに大いなる望みがあります。それは何ですかならば主イエスの花嫁となることであります。そうですから三節において『彼についてこの望みをいだいている者は皆、彼がきよくあられるように、自らをきよくする』。おお、愛する兄弟姉妹よ、あなたは正直に悔い改めましたか。聖書に教えられて、正直に全く肉と霊とのすべての汚れを捨てましたか。この聖別会の初めの集会で、神はあなたに光を与えて、あなたの生活の上にも、また心のうちにも、汚れのあったことを示したまいましたでしょう。その罪と汚れを既に悔い改めましたか。いかがです。誰でも必ず主イエスの再臨の時に、その前に出たいと願います。しかしそのためにこの聖別会において、神が語りたもう時に、神が光を与えたもう時に、神がこれぞと指さしたもう汚れと罪を断然捨てて、自らを潔くしなければなりません。これは第一に必要のことです。
 第二に、ルツはボアズのところに行かねばなりません。その時にボアズは何をしていましたかならば、二節の終わりをご覧なさい。『彼は今夜、打ち場で大麦をあおぎ分けます』。主イエスはそのような人、そのような救い主であります。私共はこの大麦を簸りたもう神に近づかなければなりません。マタイ伝三章を見ますと、十一節の終わりに『このかたは、聖霊と火とによっておまえたちにバプテスマをお授けになるであろう』。そうですからすぐに十二節が出て参ります。『箕を手に持って、打ち場の麦をふるい分け、麦は倉に納め、からは消えない火で焼き捨てるであろう』。すなわち主イエスは大麦を簸る御方であります。それゆえに私共がこの主イエスに近づきますれば、主は必ず私共の心をも思いをも、また生涯をも行いをも働きをも探りたまいます。私共の金を費やす方法をも、食物をも飲み物をも、休む時のこと、働く時のこと、友達に接する時のこと、家庭の有様などすべて簸りたまいます。心の奥までも簸りたまいます。
 詩篇百三十九篇一節に
 『主よ、あなたはわたしを探り、
  わたしを知りつくされました。』
とあります。またその二十三節を見ますと『どうか、わたしを探ってください』という祈りがあります。この祈りは当然の祈りであります。けれどもこの一節は祈りではありません。『あなたはわたしを探り、わたしを知りつくされました』、すなわち事実であります。恐ろしい事実であります。もはや私共を知っていたまいます。箕をもってその大麦を簸りたまいます。なおその詩篇の続きをご覧なさい。
 『あなたはわがすわるをも、立つをも知り、
  遠くからわが思いをわきまえられます。
  あなたはわが歩むをも、伏すをも探り出し』
毎日の小さいことにおいても神はあなたを探り、それによりてあなたの心を知りたまいます。あなたが正直に身も魂も献げておるや否やを、その小さいことによりて判断したまいます。この三節の『探り出し』という言葉の原語は、ルツ記の『あおぎ分ける(簸る=文語訳)』という字と同じで、ふるい出しという意味であります。主は私共の毎日の生涯における小さいことをもふるいたまいます。『わがもろもろの道をことごとく知っておられます』。おお、あなたは主のご慈愛を知りとうございますならば、主の贖いを経験しとうございますならば、大麦を簸りたもう主の許に来なければなりません。私共はたぶんそれを恐れ、そのようなことを願わないかも知れません。私共は心の喜びを願います。力を願います。光を願います。けれども主の御手の働きを願わないかも知れません。けれども今朝正直に主があなたをふるいたもうことをお願いなさい。
 ルツはボアズの許に参りました。それのみならず、ボアズに全く身を委ねました。ボアズの足下に身を委ねました。これは信仰の行いであります。信仰とはただ言葉を信ずることだけではありません。主イエスに身を委ねることであります。主の御足下に伏して、全く己を主に任せ、身も魂も委ねることであります。ルツのようにボアズの足下に参ることです。ヨシュア記五章十三節十四節をご覧なさい。ヨシュアは主の足下に倒れて、主に身も魂も献げました。『ヨシュアがエリコの近くにいたとき、目を上げて見ると、ひとりの人が抜き身のつるぎを手に持ち、こちらに向かって立っていたので、ヨシュアはその人のところへ行って言った、「あなたはわれわれを助けるのですか。それともわれわれの敵を助けるのですか」。彼は言った、「いや、わたしは主の軍勢の将として今きたのだ」。ヨシュアは地にひれ伏し拝して言った、『わが主は何をしもべに告げようとされるのですか」』。ヨシュアはそんな態度をもって主に献身し、主に従いました。そうですから主は何と言いたまいましたかならば、六章二節をご覧なさい。『見よ、わたしはエリコと、その王および大勇士を、あなたの手にわたしている』。ヨシュアは自分を主の手にわたしましたから、主はエリコをヨシュアの手にわたしたまいました。ボアズの足下に参りまして、ボアズに身を委ねることは、ちょうどそのようなことであります。主は必ずさっそく我エリコを汝の手にわたさんと言いたまいます。
 ルカ伝を見ますと、たびたび主イエスの足下に倒れた人の話が書いてあります。まずはじめに七章三十八節、これはマリアの話であります。『泣きながら、イエスのうしろでその足もとに寄り、まず涙でイエスの足をぬらし、自分の髪の毛でぬぐい、そして、その足に接吻して、香油を塗った』。イエスの足下に倒れるということは、そのように砕けたる心をもって、また愛をもって、主に身も魂も献げることであります。次に八章三十五節『悪鬼を追い出してもらった人が着物を着て、正気になってイエスの足もとにすわっているのを見て』。この人はイエスの足下に坐して、イエスと親しき愛の交わりができました。またその四十一節『イエスの足もとにひれ伏して』。これはヤイロの祈りのところです。執り成しの祈りのところです。おお、イエスの足下にひれ伏しておれば、生命──よみがえりの生命を受けるほどの祈りができます。また十章の三十九節に『主の足もとにすわって、御言に聞き入っていた』。私共もイエスの足下において真理について光を受けます。そこで主イエスの教えを受けることができます。また十七章十六節『イエスの足もとにひれ伏して感謝した』。これは感謝のところです。どうぞこの六つの引照を深く考えて、主イエスの足下にお近づきなさい。主イエスの足もとにひれ伏して、主に身も魂も献げることは、真の信仰であります。
 ルツは自分の特権を知り、またボアズが信ずべき人であることを知りて、かように大胆にその特権を求めてボアズの足下に参りました。そうですから九節でボアズはルツに語り、ルツはボアズの恵みを求めました。
 九節の終わりに『あなたは最も近い親戚(贖いびと=文語訳)です。』
 『贖いびと』、ルツはそれを要求します。あなたは贖いびとですから、あなたを信用します、という大いなる願いと信仰と望みをもって、ボアズに一切を委ねました。それゆえにボアズは十三節にそれについて取り扱うことを約束いたします。
 十三節の終わりに『主は生きておられます。‥‥‥わたしはあなたのために親戚の義務をつくしましょう(我汝のために贖わん=文語訳)。』
 そうですからルツはボアズの約束を得ました。まだその贖いを経験しません。けれども贖い主の堅い約束を受けましたから、その約束を信じてそこを去ることを得ました。ボアズは必ずその言葉の通りに事を行うと信じて、そこを去りました。
 されども空しくはそこを去りません。ボアズはルツに豊かなる恵みを与えました。
 十五節の終わりに『ボアズは大麦六オメルをはかって彼女に負わせた。』
 私共も主に面会しますならば、主の足下に参りますならば、必ず何も得ずに空しく帰るようなことはありません。その時に火のバプテスマを得ませんでも、その時に全き贖いを経験しませんでも、空しくは帰りません。必ず多くの恵みを持って帰ります。そうですからそれによりても、ボアズは必ずその約束を成し遂げるということを、なお堅く信仰することを得ます。
 十八節『しゅうとめは言った、「娘よ、この事がどうなるかわかるまでお待ちなさい。あの人は、きょう、その事を決定しなければ落ち着かないでしょう。」』
 これは真の望みです。信仰の望みです。主にすべてを委ね奉りましたから、主に法律上の特権を願いましたから、必ず主は躊躇せずしてそのことを取り扱い、恵みをもって贖いたまいます。私共のうちにたぶんもはや主の足下に参りまして、主に身も魂も献げ、全き救いを得た者もありましょう。またまだそれを経験しませんでも、既に主にそれを願いましたならば、主は必ずそれを成し遂げたもうことを信じて、それを待ち望みなさい。これは信仰であります。
 信仰は第一に法律上の特権を知ることです。神の法律、天の法律に適う特権を知り、またそれとともにそれを願います。第二に信仰は、主イエスの足下に来りて、主に万事を委ね奉ることです。第三に、主にそれを願いましたならば、主が必ずそれを成し遂げたもうことを信じて、それを待ち望み、喜びをもって楽しみ望んでそれを待つことであります。愛する兄弟姉妹よ、どうぞそのような信仰をもって、主イエスが約束したもうた恵みをお求めなさい。主は必ずその法律上の恵みを与えたまいます。必ず聖書に記してあるように、あなたを潔め、あなたを恵み、あなたをご自分の花嫁とならしめ、あなたにご自分の愛を表し、あなたをご自分と一つにならしめたまいます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 目次 |