二 つ の 不 思 議


 
 造り主なる御神の人類贖いの御経綸において、彼が造られし者のこの大業に参与、協力することを望まれるという、これほど大いなる不思議はありません。しかも、人がまたかかる大いなる栄誉を卑しめ、等閑に附して顧みないとは、これまた驚くべき悲痛事であり、不思議であります。
 この悲哀と悲劇とは、神の聖なる預言者たちの口を通して、幾たびとなく彼の聖なるページに映し出されているのでありますが、神は彼らを通してその厳粛なるご悲嘆を洩らし、一人の同情者をも、禱告者をも、使者をも、救い手をも、相談相手をも、ないしは救い主をも尋ね出したもうことができないと仰せいたもうのであります。今、そのような聖言の七つばかりをお示しいたしましょう。

    一、憐 れ む 者 な し
                 ──詩篇六十九・二十──

 主イエスが衷心の感情や愛情を露骨に顕したもうたことは稀でありますが、いくつかの例外がありました。主はただに群衆を憐れみたもうたばかりでなく、弟子たちを御許に召し寄せて、しか語りたもうたと記されております。それは明らかに、失われたる者、滅びる者に対して同じ憐憫が彼らの心にも注がれるようにとの願いの起されるためでありました。ここに私共は詩人を通して、キリストが御自身の圧倒せられるばかりの御悲哀の中に、憐憫を懐く者を見回し求めたまいつつも、その一人をだに得られたまわない御有様を見せられる次第であります。

    二、苦 し む 者 な し
                 ──イザヤ六十三・三──
 
 もちろん、キリストと偕に神の怒りの酒ぶねを踏むことのできた者は一人もありません。この恐ろしい業はただ神ご自身のみが、その化身の独り子の人格において、よく成し遂げ得たまいしところであって、ちょうど彼の顕現の時、世の贖いの書の印を解くに堪える者が彼のほかに一人もなかったがごとくであります(黙示録五・四、五)。さわれ、ゲツセマネにおいてお選びの三人は主の御悲哀に与るを許されながら、一人として主と偕に一時をも守り得る者がありませんでした。ダビデの三勇士は敵陣を衝いて天晴れベツレヘムの井の水を汲み来りましたのに(サムエル後書二十三・八〜十七)、救い主の三勇士は、いぎたなくも皆まどろみ眠って不覚を取ってしまったのであります。彼と偕にする者なし、一人もあるなし。主は酒ぶねを踏みたもうことばかりでなく、そこに至る道程をもただ一人、踏みしめたまわなければならなかったのであります。

    三、福 音 を 携 え 往 く 者 な し
                 ──イザヤ四十一・二十六〜二十八──

 『一人だに告るものなし』、『一人だに聞するものなし』、『一人だに‥‥‥きくものなし』、『よきおとづれを告るもの‥‥‥一人だになし』、『謀略(はかりごと)をまうくるもの一人だになし』、『みな‥‥‥無きもののごとし』、『空しきなり』。
 『感謝せよ』と預言者はなおも語を続けます。『わが僕、わが心よろこぶわが撰人(えらびゞと)をみよ‥‥‥かれ異邦人(ことくにびと)に道をしめすべし』。ああ! 今日のこの明るき時代においてさえ、キリストに代わりて全権大使となり、栄光の主と偕に同労者たるの栄誉に応え奉る者のいかに少なきことでありましょう!

    四、答 う る 者 な し
                 ──イザヤ五十・二──

 神は人に向かって語ることを愛したまいます。そして幾度となく呼び掛けたまいます。しかし、ああ! いかにしばしば神『われ呼びたれども汝らこたへず、手を伸べたれども顧みる者なし」と仰せたまわざるを得なかったことでありましょう(箴言一・二十四)。
 友の呼ぶ時、どんなに喜んで私共は応答いたしますか。地上の君主の求める時、どんなに速やかにその臣下たちは返答を致しますか。義務のかかる時、何かこの世の危険の叫ぶ時、名誉、流行、富、快楽などのその声を挙げて呼ぶ時、百千の人々は聞こうとして待ち構えております。しかし、偉大なる能力の神、ご慈愛に富む私共の天の御父、彼が自らを卑しくして語りたもうのに、一人もこれに答える者がないというのであります。

    五、と り な す 者 な し
                 ──イザヤ五十九・十六──

 福音書の言葉は、キリストが人々の不信仰に驚かれたもうたことを告げておりますが、ここには、神が中保(なかだち)なきを奇しみ、また神が真に顧み、真に救わんと憧れ、また真実赦しを喜びたもうのを、信ずる者のないことを驚かれたもうと記されております。
 神の聖言は私共の祈りにおいて三重の切願(せがんで止まないこと)を示しております。すなわち、私共自らのために(ルカ十八・一〜七)、他の人々のために(ルカ十一・五〜八)、および神の栄えのために(出エジプト記三十二・七〜十四)であります。
 神は私共が他の人々の欠乏に無関心であり、また神を祈り負かす力のような大いなる家督の権を軽んずることを怪しんでおいでなさるのであります。

    六、神 を 捕 う る 者 な し
                 ──イザヤ六十四・七──

 聖書の中に、これほど私共の心を奪う御言はありません。塵をもって造られた微弱なる受造物たる人が、全能の造物主を捕らえ奉る能力と特権とを持つことができると。実にこれは一切の想像に超絶した御言葉であります。人が自ら励ましてこの驚くべき一事を為そうとしないのを、神が驚異をもって託ちたもうのも、実に当然の至りであります。人は殆ど超人ごとと思われることをさえなそうとして、あらゆる努力を惜しみません。しかしこの一事、あらゆる超人ごと中の超人ごと、しかもまた幼児さえもなし得るこの一事を、人は全く卑しめ、また無視し終わるのであります。

    七、破 れ 口 に 立 つ 者 な し
                 ──エゼキエル二十二・三十──

 垣を繕う者、すなわちイスラエルのためにとりなす者が一人もなかったばかりでなく、ああ! 神は一人の破れの狭間に立つをも見出し得ないというのであります。
 昔、アブラハムは、平野の町々のために禱告して垣を繕い、かくしてロトを滅亡より救い出しました。しかし、もし彼が、更に一歩を進めて破れ口に立ちふさがり、罪のソドムに宣べ伝えたならば、彼らはもっと何かなし得たではなかったでありましょうか。主イエスは、単に祈るアブラハムばかりでなく彼らに宣べ伝えるヨナ──天よりの徴──さえあったならば、ソドムも早く麻を着、灰を蒙って悔い改めていたであろうとの意を洩らしていたもうのであります。
 フランシス・コイラードは著しいことを言われました。『キリストの世を救いしは単に栄光の中にあっての祈りによってではない、彼は自らを与えたもうたのである。世界教化のために我らの祈禱も、自らは自ら痛痒を感ぜぬ程度のものを与え、犠牲的のことの前にたじろぐようであっては、せっかくの祈禱も苦々しき矛盾に過ぎない』と。
 願わくは神の御座よりのこれらのご悲嘆、とこしえよりのこの悲痛事、機会を怠り、特権を軽んじ、使命を無視し、私共の手の間より速やかに逸して永遠に失い去られんとする地上の彼らの悲劇、私共の心を奮い起こして神の恵み深き召しに応え奉らしめたまわんことを。アーメン。
 


  昭和十年十二月二十日発行
  昭和二十九年九月一日再版     定価金八十円
 ------------------------------------------------------------------------------------------
 【不 許 複 製】

  訳 者  小  島  伊  助

    東京都武蔵野市境一四一六
  発行人  落  田  健  二

    東京都千代田区神田鎌倉町一
  印刷所  東陽印刷製本株式会社
 ------------------------------------------------------------------------------------------
   東京都武蔵野市境一四一六
 発行所  バックストン記念霊交会


| 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
| 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |