新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 五 章



  1. われまた寳座くらゐする者 なゝついんにて封印せる内外うらおもてに文字あるまきものその右の手にもてるを見たり
  2. われまた一人の强き天の使つかひ おほいなる聲をいだして たれこのまきものを開き封印をとくたふ宣傳ふれつたふるを見たり
  3. しかるに天にも地にも地の下にもこのまきものを開き又これをみることをる者なし
  4. 一人としてこのまきものを開き又これをみるたふる者なきがゆゑわれはなはだしくなけ
  5. 長老ちゃうらうの一人われにいひけるは なくなかれ ユダの支派わかれよりいでたる獅子しゝ ダビデの根すでにかちを得たればこのまきものを開き又このなゝつの封印をとくことをうるなり
  6. われ寳座くらゐおよびよつ活物いきもののあひだ長老等ちゃうらうたちあひだこひつじたちをるを見たり このこひつじさきに殺されし事あるが如し これなゝつつのなゝつの目あり この目は全世界に遣はす神のなゝつれいなり
  7. このこひつじすゝみて寳座くらゐする者の右の手よりまきものとれ
  8. まきものとれるときよつ活物いきものおよび二十四人の長老ちゃうらうおのおの琴をとり またかうもりたるきん香爐かうろとりこひつじの前に俯伏ひれふしたり このかうは聖徒たち祈禱いのりなり
  9. この長老ちゃうらうたち新しき歌をうたひいひけるは なんぢこのまきものとりその封印をとくたふる者なり そはなんぢかつて殺されその血をもて諸族、諸音しょいん、諸民、諸國のうちより我儕われらあがなひて神にせしめ
  10. かつ我儕われらの神のため我儕われらを王となし祭司となし給へばなり われら地に王たるべし
  11. われまた見しに寳座くらゐ活物いきものおよび長老等ちゃうらうたち四圍まはりすべての天の使つかひの聲あるをきけそのかず千々せんせん萬々まんまん
  12. かれら大聲にいひけるは さきに殺されしこひつじは權威、とみ智慧ちゑ能力ちから尊敬たふとき、榮光、讚美をうくべき者なり
  13. われまた天および地および地の下および海の上にある所のすべつくられたるもの 又其中そのなかあるもの皆いへるをきけいはねがはくは讚美、尊敬たふとき、榮光、權力、寳座くらゐする者とこひつじとにして世々かぎりなからんことを
  14. こゝおいよつ活物いきものアメンといへり 二十四人の長老ちゃうらうふして拜せり


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |