主 の 聖 声


 
 創世記第十五章を開いて頂きたい。そこから、アブラハムの生涯中の一出来事を学びたいと思います。彼は信仰の父と呼ばれました。また、ヘブライ民族の始祖であります。ご承知のように、その先祖を辿ってただ一人の歴史的人物にその起源を見出すことのできるのは、世界全民族中ただこのヘブライ民族あるのみであります。アブラハムはすべての真の信仰の模範であります。ゆえに私共は、私共の父アブラハムを振り返り見とうございます。そは『われ彼をその唯一人なりしときに召し これを祝してその子孫をまし加へたり』(イザヤ書五十一・二)。
 創世記十五章を注意して読むと、神はアブラハムの二つの質問、『何を我に與へんとしたまふや』(二節)と『我いかにして我之を有(たも)つことを知るべきや』(八節)とに対する答として七つの異なった方法において彼に語りたもうを見るのであります。神は
 一、幻示(ビジョン)によって(一節)
 二、御言によって(四節)
 三、聖礼典によって──星(五節)
 四、過去の経験によって(七節)
 五、血によって──犠牲の血(九節)
 六、大いなる暗黒によって(十二、十三節)
 七、火によって(十七、十八節)
語りたまいます。しかして神は今もなお同じ方法をもって今日人間に語りたもうのであります。
 この十五章は『是等の事の後ヱホバの言異象(まぼろし)の中にアブラハムに臨み』という言葉をもって始まっていますが、如何なる事の後でありますか。
 神が語りたもうのには常に時があります。特別な使命の言葉を齎したもう時において殊にしかりであります。この重要な会見に先立った事柄、殊にアブラハムをして火の中より己に語りたもう神の聖声を聞くことを得しめた事柄とは何でありましたか。
 その物語は前の章に述べられておりますが、それは全く受ける価値もない一人の者のためにした献身犠牲の物語、雇傭的な報酬に対する絶対謝絶と克己との物語、メルキゼデクと彼がいと高き神から齎したメッセージとに対する信仰の物語であります。
 神はこれらの事柄に御意を留めていたまいました。多くの男女は、過去の取引や行為が未だ正当に償われていないためや、矯正されていないことのために、神の聖声を聞き損じております。私共はどうでしょうか。これらの事柄において明るくなっておりましょうか。物質上の問題で疚しいところはありませんか。私共の金銭上の問題に狂いはありませんか。ご記憶のように、主はその談話や譬えの中に、金と所有につき、またその使用と濫用についてしばしば語りたまいました。
 もしも私共が私共の物質的生活のこれらの個々の実際的なことについて正しくあるのでないならば、私共は神が火の中から天に属ける事柄について語りたもうのを期待することはできません。

    一、神は幻示に由りて語りたもう(創世記十五・一)

 『黙示なければ民は亡ぶ』(箴言二十九・十八=欽定訳)とはいかに真理でありましょう。ペンテコステの日における約束は、若者は幻を見るべしでありました。歴世歴代これは事実でありました。主の言葉は幻示(ビジョン)の中にアブラハムに臨みました。しかも何たる幻示でしょう。『我は汝の楯なり、しかして汝の優れて大いなる報いなり』(欽定訳)と。ここに、よく聖書にある栄えある現在時称の一つがあります。『我は‥‥‥ならん』でなくして、『我は‥‥‥なり』であります。これは放蕩息子の話において、兄に語られた父の言葉を思い出さしめます。『子よ、なんぢは常に我とともに在り、わが物は皆なんぢの物なり』(ルカ十五・三十一)。父はその臨在を子の良い行いの故にいたしません。『なんぢは常に我とともに在り』。悲哀はただ子がその事実の中から何も得ておらなかったことであります。その臨在は子にとっては何事でもなかった。交際の心もない、常に父がともなりたもうとのこの幸いな事実から来る何の喜びもない。しかし、アブラハムにとってはこれは実にその耳に奏でられる音楽でありました。ここに『神御自身が我らの酬いである』との幻示がある次第であります。これこそは心の純潔の要素、己のためにほかの何ものをも求める必要のない、釈き放たれたる心の要素である次第であります。
  ただキリストのみ聴こゆるところ、
      ただ彼のみ愛せらるるところ。
 清き心とは単に罪に勝つ心というばかりではありません。それは確かに新生の印であります。否、清き心とは私共のすべての願望の純潔、私共が深く熱烈に、また熱心に彼の栄光と御国と崇めとを願う状態であるのであります。かつては断えず自らのために何ものかを貪って止む時がありませんでした。しかしいまや主イエスが我らの到達点であり、我らの目的、また一切の願望である次第であります。
 このような幻示において、神は私共に語りたまいましたか。

    二、神は御言によって語りたもう(四節)

 かような幻示の与えられる時に私共の祈禱は刺戟せられます。アブラハムの信仰は直ちに躍動いたしました、『汝何を我に與へんとしたまふや』。神は聖言をもって答えたまいます、『われ汝に国と人(息子)と民の三つのものを与えん』と。これは全くクリスチャンの生涯の型であります。(一)安息の地、すなわちすべての不安の流浪から安息せしめられた霊魂の状態、(二)内住のキリスト、および(三)多くの霊的子孫。全きクリスチャン生涯はこれら三つのものから成り立っております。この約束の地について一言申し上げましょう。
 これは乳と蜜の流れる安息の地、すなわち、今まで語ってきた主の約束である幸いなる霊魂の状態であります。『おお安息の地、それこそ私の求めるところのものであります』とあなたは仰せなさるでしょう。『地(くに)』という言葉は創世記から申命記までの間に五百回近くも現れて参ります。あの九州ほどもない不思議な小さい国のことであります。あの小さい国からそもそもどれほどの恵みと憐れみとが流れ出たことでありましょう! 私共の今日あるはこのためであります。この驚くべき聖書もそこから参りました。私の救い主もそこからです。すべてのキリスト教国の一切の祝福は彼処から流れ出でました。全地の喜び、代々の華美、皆そこより来ました。しかしてなおも地球上またとなき不思議国となろうとしております。霊魂の聖潔の型として用いられるも不思議なことではありません。
 次に神は仰せられました、『我は汝に一人の子を与える、一子、イサクを汝に与える。(私共にとってはもちろん内住の救い主であります)。しかして彼を通して、我は汝に多くの子孫を与えてやる』云々。

    三、神は聖礼典──星──を通して語りたもう(五節)

 この驚くべき神の約束に続いてなおもう一つの聖声が聞こえました。主は彼を天幕の外に連れ出して天の星を示し、彼の裔はこの空に輝く星のごとく数多くなると保証したまいました。私はこの出来事を好んでダニエル書十二章三節に結び付けます。『衆多(おほく)の人を義(たゞしき)に導ける者は星のごとくなりて永遠にいたらん』と。そればかりではない、私はまたこんな想像を廻らすことを好むものです。アブラハムがあの『神の營み造りたまふ基礎(もとゐ)ある都』(ヘブル十一・十)の天より降るを見たのは、やはりこの同じ時、彼の天幕の門辺においてではなかったろうかと。見ていると多くの輝く星が群がり集まってついにあの都の形になったのではないでしょうか! それはどうであるにしても、聖言は言う、

 『アブラム、ヱホバを信ず ヱホバこれを彼の義となしたまへり』と。

 この聖言は聖書の中に七度記されております。第一はこの章、ロマ書四章に四度とガラテア書に一度、ヤコブ書に一度とであります。『アブラハム、ヱホバを信ず』。アブラハムは自らそれを知りました。神もそれを知りたまいました。誰でもこの意味において神を信ずる時に、彼はそれを知り、神もまた知りたまいます。これは単なる正統派信仰でもなければ、すべての正統派また根本主義的教理への単なる肯定でもありません。これは活ける信仰であります。

     『活ける信仰を息吹きてよ
         さらば受くる者すべて
      己が中に確証を持たん
         しかして意識的に信ぜん』

 この種の信仰は、今日よく見られるところの怠け切った朦朧たる信仰、何ら為すところのない、働きの伴わぬ信仰とは、自ずから異なっております。『アブラハムは神を信ず、しかしてそれは彼の義と認められたり』。それが義ではなかった、しかしそれはその芽生え、すべての義しきの種子でありました。しかして神がこの種子に御目を留めたもうた時に、神はそれを現実なる実物と数えたもうたのであります。ここに義を着せられることの真の教理があります。『アブラハム、神を信ず、しかしてそれ』、すなわち(キリストの地上三十三年間の個人的の御義ではない、それがさながら外套のように私共を覆い包むと考えられてはならない)アブラハムの信仰が彼の義として彼に着せられたのであります。義を着せることの聖書の教えは、消極的には、主の贖いの御血の故にもはや私共の罪と悪とを私共に負わせざることであり、積極的には、そこに聖霊によって植え付けられる信仰、主イエスに対する信仰であって、その信仰が私のために義と数えられるのであります。愛する皆様、皆様は決して次のような思想を持たれることのないようにお勧めする、すなわち私共はキリストの個人的の義に包まれて、怪しい点も欠点も皆そのまま蔽われることにより、自ら衷は聖くなる必要がないというような思想であります。一瞬たりともかかることを信じてはなりません。これはただ、義を着せられる聖書の教理のもじりかえに過ぎません。
 かくてアブラハムの第二の質問は続けられました、『いかにして知るべきや』と。彼は己が信仰への印が欲しかったのであります。真の確信を要求したのであります。しかして神は恵み深くもこれを許したまいましたが、すなわち

    四、神は過去の経験によりて語りたもう(七節)

 神はアブラハムをして、彼を召しまた選んでカルデラのウルより導き出したもうたのは、彼、主ご自身であることを憶い出さしめたまいました。携え出でたまいし御方は必ず携え入りたまいます。己が国を去れと命じたまいし御方は、必ず他を与えたまいます。これは私共の経験においても大切な点であります。私共を聖め別ち、携え出でたまいし御神は、必ず私共を約束の地に携え入りたまいますし、またしかなしたまわなければなりません。一は他を保証するところのものであります。静かに座して過去を憶い、その様々なる経験を思いめぐらすは大いなることであります。それによって私共は神の導きの御手を見るを得、当時は単なる偶発事としか思われなかったことも、実は神の恩寵と仁慈の致す摂理であったことを悟ることができるのであります。
 アブラハムは、しかしなお満足いたしませんでした。彼はこれらの幻示と聖言、聖礼典と経験とをもって堅くせられ得るよりも、なおより深い確信を憧れておりました。そこで神は再び語りたまいますが、このたびは

    五、神は犠牲の血によりて語りたもう(九節)

 神はアブラハムに四つの犠牲を献ぐべきことを命じたまいました。これは数百年の後、かのシナイ山下において制定せられたあの犠牲と全く同一のものであり、偉大なる犠牲、キリスト・イエスの四重の型である次第であります。酬恩祭(レビ記三・一、牝牛)、罪祭(レビ記四・二十八、牝山羊)、愆祭(レビ記五・十五、牡羊)、燔祭(レビ記一・十四、家鳩の雛)。ここに確信のための大いなる秘密があります。アブラハムはこれらの犠牲を中より裂けと命ぜられました。これは確かに『真理の言葉を正しく分かち教う』べきを語っておりますが、すなわち能力ある犠牲の意義を明らかに了解すべきこと、それを主の前に提出してその効力を訴えるべきことなどであります。
 アブラハムがかく為すや否や、直ちに荒き鳥は来ってこれを奪い去ろうと致しました。これはお互いの経験においてもいかに事実でありましょうか。信仰もてキリストの血の功績を訴えて神に近づく時、不信仰の荒き鳥は、常にこの犠牲を奪い去ろうと待ち構えております。後に学ぶことでありますが、聖霊の証はただこの犠牲に対して与えられるのであります。私共はこれを識ることのいかに遅きものでありましょう! 私共は深くこれを感じておりますか、事の全体は一にかかってここに、このキリストの十字架にあるということを! 私共はこのことについて真剣に醒めておりましょうか。聖霊はただこの幸いなる犠牲に対して証して下さるのだとの一事は、私共の深い動かない信念、また自覚となっておりましょうか。御聖霊をして私共の霊魂の衷にまで来らしめるもの、それは私共の降服(全的明け渡し)でも献身でもない、主の十字架に対する信仰への応答としてであります。『我にはわがキリストへの明け渡しのほかに誇るところあらざれ』と使徒パウロは申しません。しかし今日、なお多くの人々の誇りと尊みとはそこにあります。否々、パウロはただかの犠牲、贖い主の御苦難をのみ誇りと致しました。しかしてこれは神の聖言の全体を一貫している思想であります。
 私の受けた唯一の恩恵、また一切の恩恵は、皆かくのごとくにして参ったものであります。私の驚くべき献身、降服の行為に由ってではありません。否々(一千度も否と申します)、そうではなくして、ただカルバリの十字架、神の愛子の犠牲を通してのみ、ただそれによってのみ、我は一切をキリストに委ね奉ることを得せしめられたのであります。

    六、神は暗黒を通して語りたもう(十二節)

 やがて太陽は沈みました。荒き鳥もその襲撃をやめたかと思われる間もなく、大いなる暗黒の恐怖が始祖の上に臨みかかりました。やがて彼の子孫が忍ばなければならなかった、かの奴隷生活の四百年を味わわしめた不思議なる預言的前兆またその前味でありました。アブラハムは型において彼らの悲哀に入れられたのであります。思うにこれは全き救いを求めて与えられたすべての者の経験でありましょう。いかに多くの人々がこの事実を語っておりますか。彼らは全く神に信頼し、キリストの血の潔めるすべての力を要求した後に、暫時、疑惑と暗黒の恐怖に全く困惑せしめられているのであります。しかし神はかかることを通してさえ語りたもう。神がアブラハムに、その子孫たちがエジプトにおいて通過しなければならないその暗黒の四百年について語りたもうたのも、大いなる暗黒が彼の上に襲いかかった時においてであります。
 私共においてもその通りであります。神は時に許してかかる経験を私共のものたらしめたまいます。これは後にまたほかの人々を助けることのできるためなのであります。さて、次に

    七、神は火によって語りたもう(十七節)

 これはアブラハムに対する最後の言葉であります。彼は鳥を追い払いました、犠牲は暗黒の中に展べられております。と見るや、たちまち燃ゆる焔の出ずる炬火が現れ、裂かれた犠牲の間を通りました。もしも犠牲が喰らい尽くされ、奪い去られていたならば、火の焔は現れず、神の契約の声は決して聞かれなかったことでありましょう。『火をもて應ふる神を神と爲すべし』(列王紀上十八・二十四)。ここに、今一度、聖霊なる神の象徴を見ます。ここに御霊の証があります。すなわちすべての熱心なる懇求者が己がものとしようとして憧れるところの確信であります。エレミア三十四章には裂かれた犠牲のことが録されておりますが(十八節以下)、契約を結んだ人々の一方が、契約の条件を必ず果たすという厳粛なる誓約として、その分かたれたものの間を通過するのであります。しかし、この場合は全く異なっております。ここにおいては、神御自身、火の徴の下に御聖霊がこの契約の成就せらるべきことの保証者である次第であります。
 『我いかにして我之(この嗣業)を有つことを知るべきや』とアブラハムは叫び出しました。主は火によって答えたもう、しかし重ねてご記憶に訴えたいことは、犠牲の間を通過したものは火であったということであります。
 アブラハムがキリストの日を見て喜んだというのはこの時でありましたろうか。彼は、やがてモリヤの山において更に詳しく見させられなければならなかった真理、彼の独り子イサクの代わりに燔祭として神自ら牡羊を備えたもうたあの事実の閃きを、いま既にここに垣間見させられたことでありましょうか。
 キリストの日、ハレルの詩の語るところの日、過越節の夜にユダヤ人の歌う詩篇、主イエスも最後の晩餐を立って彼の最後の御苦痛に向かいたもうたその道すがら、自ら現に口にせられたまいし同じ言葉、『これヱホバの設けたまへる日なり われらはこの日によろこびたのしまん』と(詩篇百十八・二十四)。あらゆる造られしものを待ち設けし日、全世界の贖いの大いなる日であります。いずれにしても、『よろこび』また『たのしむ』なる文字は詩篇百十八篇二十四節とヨハネ伝八章五十六節とに同じように用いられてあります。
 御聖霊が私共の霊魂の衷において、この日につき、この犠牲について証し、私共の心中にこれを点火したもう時、これこそ主の声が火の只中より私共に語りいたもうのであることを私共は知ります。その時こそ、確信は私共のものであります。私共は言い難くかつ栄光に満つる歓喜をもて喜ぶ次第であります。
 


| 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
| 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |