心 の 聖 潔 す な わ ち 全 き 愛

(ヘブル書第八章)


 
 本章の初めに『今いふ所の要點は斯のごとき大祭司の我らにある事なり。彼は天にて稜威(みいつ)の御座(みくら)の右に坐し‥‥‥たまふ』とあります。ヘブル書の記者は、これまで多くの驚くべきことを述べてきましたが、その最も驚くべきことは、昇天のキリストが聖父の右に坐しおりたもうという事実であるというのであります。しかして彼はその昇天の主がいかなる御務めを執りたもうかを語らんとして、まず簡単に『キリストは更に勝れる約束に基きて立てられし勝れる契約の中保(なかだち)となりたれば、更に勝る職(つとめ)を受け給へり』(六節)と言っております。ここに三つの勝れることがあります。さればこれに随い、(一)勝れる職、(二)勝れる契約、(三)勝れる約束を順次共に学びたいと思います。

    一、 勝 れ る 職

 キリストのお務めは何に勝るかと言えば、もちろん旧い祭司職に勝るのであります。ユダヤ人は、祭司職は犠牲を献げるためのものであると考えました。実際それはアロンの主なる務めでありました。けれどもそれだけならば祭司の必要はなかったのであります。祭司職の始められない前にも犠牲は多く献げられております。アベルもノアもアブラハムも、すべての族長たちもみな犠牲を献げました。されど祭司職は、シナイにおいて神がその中に降って住まんとしたもうた時に仲立ちのために始められたのであります。
 しかして一層高いキリストの祭司職はこれより遙かに勝った務めでありました。すなわち昇天のキリストのお務めは、犠牲を再び献げるためでなく、新しい契約の仲保となるためでありました。霊的な基督者もまたこの間違いを免れませぬ。多くの人は、栄光にいます主のお働きはただ禱告のみであると思いますが、そうではありませぬ。ここに昇天の主のお務めは、新約の仲保となりて人の心に律法を記したもうことであると言っております。語を換えて言えば、昇天の主のお働きは人々をして聖くならしめ、その心と思いをば天的愛をもって満たし、御自身との交際に入らしめることであるのであります。もちろん、この大いなる栄えある御業を成就したもうために御禱告の極めて肝要であることは私もまたよく心得ておりますが、今は主の大祭司的お務めの別の方面、すなわち律法を人の心の上に置き、人をして神の誡めの道を歩ましめたもうということを学びたいと思うのであります。

    二、 勝 れ る 契 約

 『かの日の後に我がイスラエルの家と立つる契約は是なり‥‥‥われ我が律法(おきて)を彼らの念(おもひ)に置き、その心に之を記さん、また我かれらの神となり、彼らは我が民とならん。‥‥‥皆われを知らん』(ヘブル書八章十、十一節)

 ここにこの契約の条項が五つあります。すなわち、
  1.我わが律法を彼らの念に置かん
  2.その心に記さん
  3.彼らわが民とならん
  4.我彼らの神とならん
  5.彼らみな我を知らん
 今これらの各条項にわたり詳しく学ぶには時が足りませんから、第一、第二と第五とだけを学ぶことにいたしましょう。

      (一)わが律法を彼らの念に置き心に記さん

 ここにごく簡単な心理学がありまして、人の性質をば心意的、道徳的に分かってあります。我らがこれを理解するにはこれで十分であります。けれども今少しく詳細に我らの機能を解剖して考えることは、人の心の中になされるキリストの全き救いの深さを理解する助けになると思うのであります。
 ここに言われている人の心と念(思い)というものは、良心、意志、体慾、愛情、願望、記憶、想像の七つに解剖することができます。
 今これらをそれぞれ簡単に考察して、人はいかに深く堕落しているか、キリストはいかに充分に救いたもうかを実覚したいと思います。

      良  心

 我らの性質の驚くべき機能であるところの良心は堕落によってはなはだしく荒らされております。ゆえにこれが回復には神の恩寵の二重の御業を要するのであります。すなわち燃ゆるがごとく咎め訴える良心の声が鎮められねばならぬと共に、良心そのものもまた新たにせられ、光を受けねばなりませぬ。多くの血を流した女王メアリは最良心的な婦人であったと言われ、熱心頑固なパリサイ人サウロは最良心的な宗教家でありました。けれども彼らの良心そのものは恐ろしく間違っていたのであります。しかるに我らが罪を赦したもう神に立ち帰る時に、覚醒した良心の訴えが、主イエスの御血によって永久に鎮められるばかりでなく、こののち新生命に歩み得るために、良心そのものが光を受け、新たにせられるのであります。

      意  志

 意志は霊魂の大城砦であります。それは自我であり、個人的存在であり、人それ自身でありますが、神に対する叛逆によって恐ろしく歪められ、侵蝕されているのであります。けれどもこのものが降服し、十字架の力によってキリストと偕に磔殺され、キリスト・イエスのうちに新しき人と甦るのであります。かく我らの意志は聖められ、変わらせられ、かつては我ら自身のために生活していたものが、これより神のために生きるものとせられるのであります。もちろんこれは神の恵みの奇蹟でありまして、その奥義は我らの決して測り知り得るところではありませんが、栄えある事実であります。

      体  慾

 人間堕落の結果の最も明らかに見られ得るものは、我らの性質の肉体的方面の悪変であります。すなわち神より賦与された肉体の情と慾とがはなはだしく病的になり、歪曲されていることであります。 何人も飲酒家、阿片吸飲者、喫煙者、放蕩者に生まれついた者はありません。かくなるは習慣づけられるに由るのであります。けれどもその習慣が恐ろしく彼らに侵蝕して、離るべからざる自己の一部分のごとく思われるようになるのであります。しかし、人が生まれ変わり、キリストに在りて新たに創造せられた者となるならば、神はこれらの悪癖からの絶対完全な救いを与えたもうて、悪癖の鎖は直ちに断たれ、我らは自由にせられるのであります。神はかかる慾に対して単に打ち勝たしめたもうということでなく、かかる悪慾よりの徹底的なる救いを与えたもうのであります。神はかかる慾をみな除去し、滅絶したもうがゆえに、その思考が永久になくなります。かかる栄えある救いの真実を証しする者は数えきれぬほどあるのであります。

      愛  情

 回心に当たりて、ここにも恩寵深き更新が行われます。全く荒らされ、蛇の毒を注入されおる我らの愛情も、新生の時に大いに変化され、更新されるのであります。
 しかり、霊魂の新生は大奇蹟であります。神の恵みによって良心、意志、体慾は全然新たにされ、愛情、願望も或る程度において新たにされ、記憶と想像もまた大いに新たにせられます。しかしながら、我らのみな経験するごとく、その更新の御業はまだ充分でなく、悪の病毒は新生した者の衷にもなお留まるのであります。
 我らの愛情はなお正常でなく、我らはしばしば当然愛情を注ぐべからざる人や事物に向かって、これを注ぐのであります。
 ここが全き救いを要するところであります。栄光の主が我らの心と思いの上に生命と自由と愛との、神の全き律法を記すために生きおりたもう。その御目的はこれであります。

      願  望

 チャールズ・ウェスレーは
  「わが意志は定まって見ゆれど、情はなお広く彷徨いゆく」
と歌っておりますが、そのごとく、神の生まれ変わらしめる恩寵が我らの心に届いて、意志が新たにせられた後も、願望がなお他のものを慕うことを見出すことがあります。例えば賞讃、人望、快楽、安逸、富裕などの愛好が、なお我らの霊魂に害ある力を働かすことを覚えることがあります。されども感謝すべきかな。我らを全く救わんとて生きたもう主は、我らの心と思いと願いとを浄めて、御自身をもって満たすことをなし得たもうのであります。かくしてジョン・ウェスレーが「我らは神のほか何ものをも慕い望まぬ」と言ったように、我らの愛情願望の目的が、ただ神御自身となるに至るのであります。
  「悲しみと罪と恐れが、全き愛によって終熄する時、
     我らの願望は、ただ上なる者にのみ着く」

      記  憶

 我らが自然に悪を覚え善を忘れるのはいかにも不思議なことでありますが、かくなるには原因があります。それは悪魔が徹底的に働いて、我らの性質のいずれの部分も毒したからであります。しかし感謝すべきことには、罪の増すところには恵みもいや増すのであります。すなわち神の御言はその我らの記憶をも癒したもう。『我これらの事を語りたるは‥‥‥汝らの思ひいでん爲なり』(ヨハネ十六・四)。また聖霊もその業をなしたもう。『父の遣したまふ聖靈は‥‥‥思ひ出さしむべし』(同十四・二十六)。しかして主の御血はその御業を完成したもうのであります。『この酒杯は我が血によれる新しき契約なり。飲むごとに我が記念として之をおこなへ』(コリント前書十一・二十五)。
 モーセはその民と別れるに臨み、十三度憶ゆべきことを命じ、十三の幸いな事実を憶い起さしめたことであります。
 神に感謝せよ、主イエスは我々の記憶を浄め、癒し、活かし、すべての思いを虜にしてご自身に従わせたもうのであります。

      想  像

 人の性格行為を動かして最も力強く働くものは想像であります。既に新生した者においてさえも、意志が想像の勢力に虜にされることはたびたびであります。
 『ヱホバ人の‥‥‥心の思念(おもひ)の都て圖維(はか)る所(想像=欽定訳)の恒に惟(ただ)惡きのみなるを見たまへり』(創世記六・五)。ここに悪の根元が見えております。不信仰というものはいつでもここに住んでおり、その住まいの壁に、人の意志を欺き惑わしまた虜にするような、恐ろしい絵画を乱書しているのであります。
 想像は、ラテン語や英語の語源の示すごとく、その一般の意味は、実際存在せぬものに形を与えることであります。
 或る人は神を単に情け深い父で、誰をも罰することをせぬ老紳士のごとく想像し、或る人はまた神を厳酷無情で頑として動かない暴君と想像します。かくてそれからそれと想像を逞しくして行きますならば、妄想の果てしはないのであります。されば我らの心の想像の全く腐れ、歪み、また迷いおることを信ずべきであります。
 されど神に感謝せよ。キリストはこれを浄め、姿変わらせ、釈き放ち、変化せしめたもう。かくしてまたここにその律法を記して、信ずることをなさしめたもうのであります。主は我らの想像の奥の間から不信仰というこの暴君を追い出し、その代わりに天父に対する幸なる愛情ある信任をばその位につけたもうのであります。ハレルヤ。
 かく述べ来った実際的心理学はあまりに簡単であり、不充分でありますが、これを考え、祈り、自らに当て嵌めることは読者諸君に委ね、少しく次の条項について語りましょう。

      (二)み な 我 を 知 ら ん

 これまで言いつつあったことはみな、神を知るというこの目的に達するためであります。霊魂の穢れ、また奴隷にされた機能を浄め、救い、釈き放ちたもうのは、心が主を知り奉ることのできる準備のほかではありませぬ。「キリストの交際」、これが目的であり、これが新しき契約の第一の特色であります。これこそ実にキリストの幸なる御務めの目的であるのであります。
 さてエレミヤ記九章二十四節を見れば「神を知る」ということのはなはだ美しい既述があります。
 『誇る者はこれをもて誇るべし 即ち明哲(さとく)して我を識る事とわがヱホバにして地に仁惠と公道(審判=欽定訳)と公義とを行ふ者なるを知る事是なり』
 これは実に幸いなる知識であるが、君は神が天においてのみならず、地においてもこれら三つの幸いなることを行いたもうことを悟りまた知りおられるか。

      仁 恵(めぐみ)

 神はその独り子を遣わしたもうほどに愛したもう、ここに天の知恵があるのであります。
 人は人間の知恵、哲学や科学の冷ややかな光をもって人類を神に帰らしめんと企てる、これは人の道である。されど神は遙かに異なった仕方をもって人を御自身に引きかえさんと企てたもう。言葉は肉体となりたもうた。生きた、温かい、しかして真実で優愛の人、我らの骨の骨、肉の肉なる御方、我らにいと近き救い主、罪を定めるためでなく、かえって同情し救う、罪人の友となりたもうたのであります。ハレルヤ! 願わくはこれらのこと、すなわち神の大いなる、しかも燃ゆるごとき自己犠牲的愛を知る、深い心の知識を持たんことを! これが神の途である。

      審 判(さばき)

 『かれ(聖靈)來らんとき世をして‥‥‥審判につきて、過てるを認めしめん。‥‥‥審判に就きてとは、此の世の君さばかるるに因りてなり』(ヨハネ十六・八、九)とあれば、この上に重ねて言うことを要しませぬ。神は十字架において人類の大敵をば既に打ち破りたもうた。この戦い、この血戦は我らの戦いでなく、主の御戦でありました。ハレルヤ! 我らは神の恵みに顕れおるその優愛を知るごとく、また審判に顕れおるその大能を知りおるでありましょうか。

      公 義(ただしき)

 ヨハネ一書一・九に『神は‥‥‥正しければ、我らの罪を赦し、凡ての不義より我らを潔め給はん』とあり、同二・一には『我等のために父の前に助主あり、即ち義なるイエス・キリストなり』とあるを読む。これは神の二重の公義であります。しかして神はこの正義を行うことに忠信でありたまいます。我らは神の優愛とその大能を知るごとく、またその公義に顕れおる忠信を知りおるでありましょうか。
 かく学び来ったところが主イエスが仲保となりたもうところの新しき契約であります。かくして主は我らをして、聖父および御自身との交際に入らしめたもうのであります。

      (三)勝れる約束

 『我もその不義を憐み、この後また其の罪を思出でざるべし』(ヘブル八章十二節)

 既に述べ来った、驚くべき新しき契約は、この勝れる二つの約束の上に立っておりますので、この約束は新契約の基礎であり、そのためにこの契約の仲保もでき得るのであります。
 既に学んだごとく、契約の条項は幸いにも積極的の恵みで、我らの心と思いに全き愛の律法を記し、かくして主を知るに至らしめるということでありますが、この積極的の経験は勝れる約束を通してのみでき得られることであります。しかしてこの約束は神が我らの衷になしたもう消極的な、しかも必要な御工であります。人心に霊感を吹き入れる建設の業のなされる前に、妨害となるものの排除と破壊の業がなされねばならぬのでありますが、勝れる約束の言うところはこの排除と破壊であります。されば今この第二のものをはじめに考えましょう。
 『この後また其の罪を思出でざるべし
 詩第三十二篇の作者は『その愆(なすまじきことをなせる罪)をゆるされ その罪(なすべきことをなさざりし罪)をおほはれしものは福ひなり。不義(罪の性質)をヱホバに負せられざるもの‥‥‥はさいはひなり』と言っております。
 実にそうであります。しかして神に感謝せよ。我らはその赦されたる者であります。旧約においては故意に犯した罪に対する赦しがありません。もし人が安息日を犯しても殺さるべきで、赦すということは不可能でありました。されどもここに、我らには『其の罪を思出でざるべし』と言われているのであります。神に感謝せよ。
 『我もまたその不義を憐れまん
 ここに更に幸いなことがあります。神は我らの堕落した状態を憐れむと約束したまいます。神は我らの内心の悪のゆえに我らを叱責したまいませぬ。我らは不義なる性質を持って生まれました。我ら自らそれを選んだのではありませぬ。されば神は我らの生まれながらに罪の奴隷たる有様を憐れみたもうのであります。我らは(我ら自身の不従順によってでなく)『一人の不從順によりて‥‥‥罪人とせられ』たのであります(ローマ五・十九)。かくのごとくにまたほかの『一人の從順によっりて‥‥‥義人とせらる』(同)のであります。
 神が憐れむと仰せられるのは単なる感情上のことではありませぬ。ほかの所に『凡ての不義より我らを潔め給はん』(ヨハネ一書一・九)とあるごとく、神の御憐れみは極めて実際的の御工を含んでいるのであります。すなわちそれは我らの存在の各部に純潔優愛の御自身の御律法を記したもう積極的御工のために、まず我らの愛情、願望、記憶、想像から悪を排除したもう、幸いなる御工であります。
 イザヤ書五十三章四〜六節を見れば、彼は我らの病患も心配も悲しみも負い(四節)、我らの愆や不義や罪をも引き受けたもう(五節)。そればかりでなく、神を頌めよ! そこに一段と幸いなことがある。
 すなわち迷える羊のごとく我が儘気随な反逆の性質である、我らの不義そのものが彼の上に置かれることが記されているのであります。ハレルヤ!
 されば大胆をもって来れ! しかしていま神の御右に坐し、すべて神の御旨を成し遂げんとて、備えして待ちおりたもう、昇天の主を見上げよ。
 我らは勝れる約束の上に立ち、勝れる契約の仲保を待ち望む。さればこれが成就以下で満足することなからしめよ。神は我らを召したまい、これをなさんと約したまいました。さればまた必ずこれをなしたまいます。アーメン、アーメン。
 


| 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
| 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |