磔   殺


 
 『我はキリストと偕に十字架につけられたり。されど我は生く、なお我にあらず、キリスト我にありて生き給ふなり。されどわれ今肉にありて生くるは我を愛し給ひ、かつ我がために己自らを付し給ひし神の子の信仰に在りて生くるなり』(ガラテア二・二十──新契約)。

 ガラテア書において一章半は使徒の弁明に費やされておりますが、その弁明中彼は三つの黙示について述べております。一、彼の宣伝せし福音(一・十一、十二)、二、内住のキリスト(一・十五、十六)、三、エルサレム行きの命を蒙れること(二・二)。二章の終わりには福音の使命の言、主イエスの福音の何たるかが奥行き深く語られておりますが、それは二部に分かたれていて、各々十六節と二十節とに示されております。

 『人の義とせらるるは律法(おきて)の行爲(おこなひ)に由らず、唯キリスト・イエスを信ずる信仰に由るを知りて、キリスト・イエスを信じたり。これ律法の行爲に由らず、キリストを信ずる信仰に由りて義とせられん爲なり』(ガラテア二・十六)。

 これは信仰による称義の大教理であります。信仰に由って義とせられるとは如何なることか、お互いは既に経験によってこれを知っておりましょう。私共は神に対して平和を持っておるのであります。さらば今進んで福音の第二の部分、すなわち聖潔について考えてみたいと思うのであります。

 『(彼は言う)我はキリストと偕に十字架につけられたり。されど我は生く、なお我にあらず、キリスト我にありて行き給ふなり。されどわれ今肉にありて生くるは、我を愛し給ひ、かつ我がために己自らを付し給ひし神の子の信仰に在りて生くるなり』(ガラテア二・二十=新契約)。

 お気づきのように使徒はここに潔めなる言葉を用いずに、もっと強い語『十字架につける』を用いており、ヘブル書にあるように『キリストの体のひとたび献げられしに由りて我らは潔められたり』と言わずに『十字架につけられたり』と言っております。しかもこの言い方において彼の取り扱っておるのは称義ではなく聖潔であります。
 そこで私は今しばらく四つ五つのことを学びたいと思います。
 第一、この驚くべき一句、『我はキリストと偕に十字架につけられたり』の意味
 第二、その方法、すなわち、私共はいかにしてキリストと偕に十字架につけられ得るか。
 第三、このことにおいて私共のなすべき事柄
 第四、期待すべき事柄、すなわちこの驚くべき経験の生ずる時、如何なることが私共に起こるべきであるか。
 しかして最後に、その十字架につけられし生涯を如何にして継続すべきか。
 【一】まず第一にこの意味。聖パウロが『我はキリストと偕に十字架につけられたり』と言った時、彼は如何なることを意味しましたか。これは彼の肉体が十字架につけられた意味でないことは明らかであります。また彼は斬首ながら結局殉教したのは事実ですが、それに言い及んだのでないことも勿論です。ないしはまた彼の人格が十字架につけられたというのでもありません。パウロの人格は最後まで残った。彼の述べているこの驚くべき経験の後にも、彼はなお依然としてかの大人格パウロでありました。しからば彼の意味するところは何ですか。彼の呼ぶ『われ』なるものは何でしょう。『我は十字架につけられたり』とは。これは、多分、十字架につけられて甦りたまいし主イエス御自身の例に由ってよく解ると思います。
 主イエスが死より甦りたまいし時、そのお身体は十字架につけられたまいしお身体と全く同じであったことを私共は知っております。キリストの身体は腐れに帰することがなかった。聖霊なる神によって造られ整えられたものであったからであります。そのお身体は決して腐れに帰することができなかったのであります。主が死より甦りたまいし時、それは全く同じお身体で、弟子たちは御手と御足と脇腹とに傷痕を見たのであります。主はまた同じ身体をもって昇天し、また同じ身体をもって再び来りたもう。

 『視よ、彼は雲の中にありて來りたまふ。諸衆(もろもろ)の目、殊に彼を刺したる者これを見ん』(黙示録一・七)
 『われ 御手の傷にて 知らん』(聖歌646)

 私共においてはそうではありません。お互いが死より甦らせられる時、それは今生きているこの身体と同じものではありますまい。私共の甦りについては

 『神は‥‥‥之に體(たい)を予(あた)へたまふ』(コリント前書十五・三十八)

と録されております。パウロの反対者が『死人いかにして甦へるべきか、如何なる體をもて來るべきか』と言った時、彼は『神之に體を予へたまふ』と答えました。すなわち私共が死より甦る時の身体はこの意味においてキリストの体のごとくではないでしょう。神は私共に新しい身体を与えたもう。しかし主の場合は、彼がかつて地上を歩みたまいしそのお身体であったのであります。それは決して朽ちなかった。聖霊なる神によって処女マリアの胎内に備えられたお身体はなおそのまま崇められたまいし栄えある主のお身体なのであります。しかし、同じではあるけれども、墓より出で来たりたもうた時は葬られた時とは異なっておりました。同じものではある、けれども異なっている。復活後においては、見ゆるも見えぬも御心のままである。パウロのいわゆる霊の身体です。それは同じお身体ではあってもなお同じではありませんでした。キリストは何ものかを脱ぎ去り、何ものかを着ました。彼は死ぬべきものを脱ぎ棄てて不死を着たのであります。これは私共の理解を超える。これは奥義です。しかしこれは事実であります。
 私はこれを、私共がキリストと偕にする霊的磔殺と復活とを或る程度まで説明する簡単な実例として用います。聖徒パウロは言う、『我はキリストと偕に十字架につけられたり』。『されど』、彼は言う、『我は生く』と。それはやはり同じパウロですが、しかし同じではない。パウロは、実は、言う、『あたかもキリストの御体が死ぬべきものを脱ぎ棄てて死なざるものを着たごとく、そのごとく我パウロもキリストと偕に十字架につけられた。しかして何事かわが身に起こったことがある。我は何ものかを脱いで何ものかを着た。これはパウロである。が、しかし、パウロではない。それは我である。が、しかし我ではない』と。しからばパウロが脱いだものとは何であるか。他のところを見ると、彼が脱ぎ棄てたものとは『舊き人』であると録されております。
 そこで実際上の問題は、しからばパウロの言う十字架につけられた、また脱ぎ棄てた『我』或いは『舊き人』とは如何なるものであるかということであります。
 なるべく解りやすくするために、私はこれを三つの異なった方面から眺めたいと思います。
 まずそれは『無能力なる我』であります。今、ロマ書七章から二、三の節を読みましょう(十五、十七、十九節)。

 『わが行ふことは我しらず、我が欲する所は之をなさず、反つて我が憎むところは之を爲すなり。‥‥‥然れば之を行ふは我にあらず、我が中に宿る罪なり。‥‥‥わが欲する所の善は之をなさず、反つて欲せぬ所の惡は之をなすなり』。

 ここに無能力なる『我』を見せられます。私共は皆よくこれを知っている。一人としていつか一度もこれに遭遇しなかった者はありません。しかり、例の心の苦々しさ、かの批評好きな心、短気を抑えることのできない心、いつもにこにこしておれない心、かの嫉妬等々。しかり──みな私共はよく知っております──この無能な、無能力な『我』です。おお、私共はどれほどに、いつもにこにこと愛らしくしていたいと願うことでしょう。どれほどにこれを慕い求めていることでしょう。しかもできない! 私共は言う、『私はできない』『私はできない』と。パウロは何とよく穿ってこれを書き表していることでしょう! お互い銘々は皆よくこれを知っております。私共は皆これにぶつかり、何とかしてこれから逃れたいともがきました。しかしできない。依然として無能なる『我』、全然無能力、道徳的無能力者なる『我』ではありました。しかし、今やパウロは言う、この『我』は、キリストと偕に、十字架につけられたりと。ハレルヤ!
 次にこれを他の観点よりすれば、この『我』には今一つの方面があります。それは『世を愛する我』であります。パウロはこれについて語って言う、

 『我には我らの主イエス・キリストの十字架のほかに誇る所あらざれ。之によりて』

(わが罪は赦されたりですか、これによりて我は宥されたり? 或いは義とせられたりですか。もちろんそれはほんとうです。しかしここではそれは言わない。否、何かそれよりも勝って驚くべきことを言っております。彼は曰く、)

 『之によりて世は我に對して十字架につけられたり、わが世に對するも亦然り』(ガラテア六・十四)

と。ああしかり、パウロは申します、あれらの恐ろしい醜いものの処分のできない、かの無能力の『我』のみならず、この『我』、すなわち世の虚栄と虚飾、神の言の名づけて偶像と称えるところの心惹く事物を愛する『我』もまたキリストと偕に十字架につけられておると。さて、もしこれらが何か献身とでもいう死に物狂いの行為によって私共から取り除かれるべきものであり、私共はこの種々なものに愛着を持つ『我』のなお衷に留まる間にこれを打ち棄つべきものであるとしたならば、それはずいぶん苦しいことでありましょう。それはさながらイスラエルの子孫の、身は紅海を過ぎってエジプトの外にありながらエジプトの依然として彼らのうちに留まったがごとくでありましょう。彼らは荒野にあってエジプトの韮や大蒜を慕っていたのであります。彼らの生涯はいかに惨めなものでありましたろう! それに引き替えパウロにとってはどうでしょう! 彼は凱歌を挙げて言う、『我はキリストと偕に十字架につけられたり。されど我は生く』と。しかし、我は生く。私も彼は活きていたと考えたい! よし他の誰が知らずとも悪魔はそれを識っていた。神の天地に真に活きていた者があるとすれば、それはパウロでありました。この人の存在全部は、その一細胞一微分子に至るまで神のために活きていたのであります。しかも彼は言う、『我は十字架につけられたり』と。
 私共は今やこの自我主義のもう一つに方面に到達いたします。すなわちかの恐れに充ちた頼りにならぬ不信仰の『我』であります。神の言はこれを『不信仰の悪しき心』と呼んでいます。これこそはかの苦悩と困惑とを醸すところのものであります。無能力の『我』、世を愛する『我』、信ぜざる『我』──これこそは聖パウロのいわゆる『キリストと偕に十字架につけられ』たる『我』であります。
 次に移る前に、明らかにしておきたいことは、この磔殺は漸次的過程ではないということであります、ロマ書六章十節には

 『その死に給へるは罪につきて一たび死に給へるにて、その活き給へるは神につきて活き給へるなり。斯のごとく汝らも己を罪につきては死にたるもの‥‥‥と思ふべし』

とあって、キリストはひとたび、一度にしてしかも全く、死にたもうた。そのごとく汝らも、すなわちただ一度、しかして完全に、死にたるものと計算すべしというのであります。
 ひとりの少年がかつて信仰とは何であるかと尋ねられて申すのに、『先生、それは本当でないことを信じようとすることです』と。しかし神様は私共にそんなことはご要求なさらない。決して虚偽に基づいて勘考させようとはしたまいません。故にパウロが『我はキリストと偕に十字架につけられたり』と言った時、彼は聖霊なる神によって心の中の成就せられた的確な聖工について語っているのであります。しかし、愛する兄姉よ、皆様はその後は堕落することができないと想像してはなりません。今学んでおる聖言のところにパウロは申しております。

 『我もし前に毀ちしものを再び建てなば、己みづから犯罪者たるを表す』(二・十八)

 【二】私共は今や、了解すべきことの第二に到達いたしました。その方法、すなわちパウロの言う『我』はいかにして磔殺せらるべきかであります。彼は私共に告げて、それは『キリストと偕に』であると申します。努力や苦闘や断食や克己などに由ってでもなければ献身に由ってでもない。あれやこれやをすることに由るのでもなければ難行苦行に由るのでもない。否々、一つとしてかような類には由りません。それらは皆それぞれの立場と価値とを有しましょう。しかしそれらは決してお互いの衷にある『我』を死なしめは致しません。その死は唯一キリストの死と苦難によってのみ成し遂げられるのであります。もしもこれが私の克己、献身、熱心などによるものとすれば、私は常に自分をおだてては自惚れていることでしょう。もしもこれが何か自分でできることであり、私の苦闘、熱心、断食や、また私の祈禱、熟考などによるものであり、何かかかる様においてなされ得ることであったならば、私は始終、秘かに自分を祝っていることでありましょう。否、これはただキリストのみ讃美と栄光とを取りたもうべき方法においてなされなければならないのであります。

 『然れど我には我らの主イエス・キリストの十字架のほかに誇る所あらざれ。之によりて世は我に對して十字架につけられたり。我が世に對するも亦然り。』

ここに驚くべき秘密がある次第であります。
 皆様はダビデとヨナタンのお話しをご記憶でしょう。ヨナタンはダビデを己の生命のごとくに愛しました。彼は皇太子です。その利害得失はダビデのそれとは正反対です。しかし彼は喜悦と深慮とをもって己の皇太子の上衣と佩刀、弓と帯をもダビデに与えてしまいました。ダビデを王位の継承者たらしめるために身は無冠一介の平民となったのであります。彼が如何にしてかかることをなし得たかは前の章を読む時に明らかでありますが、怪力の巨人! 戦慄する軍勢! 王と扈従者と恐怖無力の全軍──時しも一少年は石投げと石とを持って敵に向かって進み出ました──王とヨナタンと全軍の大将たちは驚愕の目を瞠るのみ。彼らは何も致しません。ダビデを助けて一指だに揚げない。一切はただ彼がする。人々は傍観し、しかして勝利を目に致しました。しかしてこの少年が帰り来った時です、ヨナタンは己の生命のごとく彼を愛した! なぜですか。ダビデが一切を成し果たしたからであります。
 私共においても同様であります。まず内住の悪の力の下に戦慄しなければ、しかしてキリストは独りにてそれを処置したまいしことを見なければ、私共は彼を愛することはできません。全心を尽くして彼を愛する、私共の一切を献げる、価値あるものを差し上げるなどのことは不可能です。おお、しかしもし一度、私共が己の罪の力を感じ、しかもキリストは我らのゴリアテを滅ぼしたもうたことを見また知り、事実彼は死に失せ、しかもこれが私共の実験の知識となるならば、その時こそはすべてを主に献げるも容易いこととなって参ります。私共はこの方法を悟り始めておりますか。すなわち、これは私共の苦闘や献身努力によってではない、全くただ彼の十字架のみによってであります。私はその奥義を理解しない。あたかも主が死性を脱ぎ不死を纏いたもうたかの復活の奥義の、私共の理解に超絶するごとくです。誰にも解らない。しかし事実であります。私共はその幸いなる実質を得る以上、この奥義は御聖霊に一任しなければなりません。これこそは私共の欲するすべてであります。果たしてしからばこれは主イエスの十字架に対する信仰の道であります。私はこれを充分に識り尽くすことはできない、しかし私は信じます。

 【三】第三に知るべきことは──このことにおいて私共のなすべき事柄。私共のなすべきことは何であるか、この取引においての私の分担は何であるかということであります。それは簡単に語られております。しかり、唯の一語に尽きます。同意すること、すなわちその事実を認めてこれに一致することで、これこそは私共のなすべき事柄なのであります。
 『ああ、ウィルクスさん』、あなたは仰るかも知れない、『それが問題ですよ。何か私には同意しかねるところがあります』と。しかし主はあなたに仰せなさる、『假令(たとひ)われを信ぜずとも、その業を信ぜよ。然らば‥‥‥知りて悟らん』(ヨハネ十・三十八)。あなたは言う、『しかしキリストは何だか私から遠くにおいでなさるようで、どうも信じられません』。彼は答えたもう、『たとい我を信ぜずともカルバリにおけるわが業を信ぜよ』と。いかがですか。『よし我を信ずることができないにしても、かの業を信じて貰いたい』と彼は仰せたもう。かしこをご覧なさいませんか。かしこにおける愛を見ませんか。かしこにある力を見ませんか。かしこにおいて主の既に成し遂げたまいたる御業を信じませんか。
 誰かかく言う者がありましょうか、『それこそまさしく私の信じられぬことである。私は同意することができない』と。私はあなたが主イエスに来ってそう告げなさることをお勧めする。主にそう告げなさいませんか、『おお主よ、私は同意を与えたくありません。しかし喜んで同意するようにして頂くことは、喜んでして頂きます』と申し上げなさい。主はただこれだけ、その程度の同意をあなたに求めたまいます。これ以上のことがありましょうか。これほど容易い道があり得ましょうか。
 あなたは独り、部屋に退いて主に示して頂きなさいませんか。時間をかけて黙示して頂きませんか。しかして、恩寵に頼って申し上げなさい。『主よ、私は同意致します。これ以上のことはできません。しかし心から同意し奉ります』。主よ、この称讃を愛する愛を十字架に釘けて下さい、名声の愛、流行への愛着、かのあらゆる虚栄と虚飾とを持つこの世を愛する愛、主よ、これらを磔殺なしたまえ。私はかくもこれらを愛します。あなたはそれをご存じです。これこそは私の生命そのものであることも、主よ、あなたはご存じです。しかし、主よ、これらが破壊し尽くされずしては内住のキリストを識ることの出来ないことを私は知っております。なお暗くありますけれども、私は手を伸べます。なお暗黒の中ながら私は申し上げます、『主よ、私はなお暗黒の中におります。まだすべては意識的の経験とはなりません。しかし私は同意致します。私は主に依り頼み奉ります』。皆様、如何ですか。しかる時にあなたはこのことの信仰に由り、ただ信仰のみにより、磔殺せられたまいし救い主における信仰によりてなることを識るに至るでありましょう!

 【四】しかして今や第四であります。私共は取引のあった後には何を期待すべきかを知るべきであります。『主よ、同意いたします』と言うは容易くありましょうが、後ははなはだ異なった結果を伴いましょう。しからば何を期待すべきでありますか。それは確かに私共の同意申し上げたその点において験さるべきであります。皆様はヨブのお話をご記憶でしょう。神は悪魔に仰せられた、『汝心をもちひてわが僕ヨブを觀しや 彼のごとく完全(まったく)かつ正くして神を畏れ惡に遠ざかる人世にあらざるなり』と(ヨブ一・八)。悪魔はせせら笑いながら実際に答えて、『おお、彼はあなたから得るところのあればこそあなたを愛するのですよ』と言った。それから神はサタンにヨブを試みる許可を与えたもうたのですが、その結果はご承知のことであります。
 あなたは先週、一粒の種子を取ってあなたの花園に蒔いたとする。もし種粒があなたに話すことができたとすれば、彼は今こう言うでしょう、『おお、ここは固く暗く冷たくじめじめして、ずたずたにされてしまいそうです』と。しかしあなたは答えるでしょう、『しばらく辛抱するならば、お前はじきに天の方へ、陽の方へ、そして果実へ花へと伸びて来るでしょう』と。これはまさしく主がまたあなたに宣うところのことであります。あなたが同意し奉るならば、全的に主に頼りなさい。そして彼を待ち望み奉りなさい。
 しかして最後に、愛する兄姉よ、私共はこれをいかに継続すべきかを知らなければなりません。それはここにこの一言の中にあります。

 『われ今生くるは‥‥‥キリスト我にありて生き給ふなり』。

 『キリストわが衷に生きたもう』とは決して消極的の事柄ではありません。単に私共の自我主義の磔殺への同意には留まりません。これは新しい生涯の始であります。『キリストわが衷に生きたもう』、キリストと偕に十字架につけられるとは内住の救い主への準備にほかなりません。この生涯への入門が信仰によってであったごとく、継続もまたそのごとくであります。我らは『我を愛し給ひ、かつ我がために己自らを付し給ひし神の子の信仰によりて生く』。しかしてここにこそは、かつてウィリアム・ブラムウェルの言ったごとく、『この世と自我とのすべてのさざめきは過ぎ去り、あなたはキリストの中に安息』しているに至る次第であります。(終)
 


| 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
| 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |