第一、イエスと富める青年

──罪 の 確 認──


 
 或る司、問いて言う『善き師よ、われ何をなして永遠の生命を嗣ぐべきか』。イエス言い給う『なにゆえ我を善しと言うか、神ひとりの他に善き者なし。誡命は汝が知るところなり、「姦淫するなかれ」「殺すなかれ」「盗むなかれ」「偽証を立つるなかれ」「汝の父と母とを敬え」』、彼言う『われ幼き時より皆これを守れり』、イエスこれを聞きて言い給う『汝なお足らぬこと一つあり、汝の有てる物をことごとく売りて、貧しき者に分かち与えよ、然らば宝を天に得ん。かつ来りて我に従え』、彼はこれを聞きて甚く悲しめり、大いに富める者なればなり。イエスこれを見て言い給う『富める者の神の国に入るは如何に難いかな』 (ルカ伝十八・十八〜二十四)。


研究すべき五つの要点

一、この富める宰たる青年の出て来る前のルカ伝十八章一節より十七節にある三つの物語との対照

     一、寡  婦

 また彼らに落胆せずして常に祈るべきことを、譬えにて語り言い給う、『或る町に神を畏れず、人を顧みぬ裁判人あり。その町に寡婦ありて、屡々その許に行き「わがために仇を審きたまえ」と言う。かれ久しく聴き入れざりしが、そののち心の中に言う「われ神を畏れず、人を顧みねど、この寡婦われを煩わせば、我かれが為に審かん、しからずば絶えず来りて我を悩まさん」と』。主いい給う、『不義なる裁判人の言うことを聴け、まして神は夜昼よばわる選民のために、たとい遅くともついに審き給わざらんや。我なんじに告ぐ、速やかに審き給わん。されど人の子の来るとき地上に信仰を見んや(同十八・一〜八)。

 金なく頼りなき寡婦は、切なる願いによってその願いは聞き入れられた。主イエスはこの話によって、神の救いを受くべき者の第一の資格を示したもうた。

     二、罪深き不義なる取税人

 また己を義と信じ、他人を軽しむる者どもにこの譬えを言いたまう、『二人の者祈らんとて宮にのぼる、一人はパリサイ人、ひとりは取税人なり。パリサイ人、立ちて心の中にかく祈る「神よ、我はほかの人の、強奪、不義、姦淫するが如き者ならず、またこの取税人の如くならぬを感謝す。我は一週のうちに二度断食し、すべて得るものの十分の一を献ぐ」。然るに取税人は遙かに立ちて目を天に向くる事だにせず、胸を打ちて言う「神よ罪人なる我を憫みたまえ」。われ汝らに告ぐ、この人は、かの人よりも義とせられて、己が家に下り往けり。おおよそ己を高うする者は
卑うせられ、己を卑うする者は高うせらるるなり』
(同十八・九〜十四)

 罪深き不義なる取税人は砕けたる心にて来り、自らの罪人なるを告白し、憐れみを求めたる故に救われた。主イエスはこれによって、神の救いを受くべき者の第二の資格を示したもうた。

     三、幼 児

 イエスの触り給わんことを望みて、人々嬰児(みどりご)らを連れ来りしに、弟子たち之を見て禁めたればイエス幼児らを呼びよせて言いたまう『幼児らの我に来るを許して止むな、神の国はかくのごとき者の国なり。われ誠に汝らに告ぐ、おおよそ幼児のごとくに、神の国をうくる者ならずば、之に入ること能わず』(同十八・十五〜十七)。

 無能無力にして自ら立つ能わざる幼児、母に依り縋り、単純なる信仰と信頼をもって安んじている幼児によって、主イエスは天国の市民たる資格、限りなき生命を受くべき第三の資格を示したもうた。
 今この三つの物語を富める宰たる青年と比較対照すると、
 一、青年は『富める者』であった(二十三節)
   寡婦は『貧しき者』であった(三節)
 二、青年は『義しき者』であった(二十一節)
   取税人は『罪人』であった(十三節)
 三、青年は『宰たる者』であった(十八節)
   幼児は『嬰児』であった(十五節)
 思うにこの青年は主イエスの三つの説話を拝聴していたであろう。しかしてその三つの説話が一つも自分に適合しないため、なおイエスの教えを聞かんとして来たのであろう。

二、『なお足らぬこと一つあり』

 主はこの青年に『なんじなお足らぬこと一つあり』と宣うた。これによって彼がなさざりし手抜けの罪を指摘したもうた。いま試みに、これと同意味の主イエスの警戒の言葉を探ると、

【一】マタイ伝二十五章四十一節〜四十六節
 『かくてまた左におる者どもに言わん「詛われたる者よ、我を離れて悪魔とその使いらとのために備えられたる永遠の火に入れ。なんじら我が飢えし時に食わせず、渇きし時に飲ませず、旅人なりし時に宿らせず、病みまた獄に在りし時に訪わざればなり」。ここに彼らも答えて言わん「主よ、いつ汝の飢え、或いは渇き、或いは旅人、或いは裸、或いは病み、或いは獄に在りしを見て事えざりし」。ここに王こたえて言わん「誠になんじに告ぐ、これらのいと小さき者の一人に為さざりしは、すなわち我になさざりしなり」と。かくてこれらの者は去りて永遠の刑罰に入り、正しき者は永遠の生命に入らん』。

 ここに罰せられたる罪人の地獄に送られし理由は、為すべき事を為さなかったためである。

【二】ルカ伝七章四十四〜四十六節
 かくて女の方に振り向きてシモンに言い給う『この女を見るか。我なんじの家に入りしに、なんじは我に足の水を与えず、この女は涙にてわが足を濡らし、頭髪にて拭えり。なんじは我に接吻せず、この女はわが入りし時より、わが足に接吻して止まず。なんじは我が頭に油をぬらず、この女は我が足に香油をぬれり』。

 ここに主イエスはシモンに『なんじは我に足の水を与えず──接吻せず──油をぬらず』と宣うてその罪を指摘したもうた。かれの罪はなすべき事をなさなかったためである。

【三】ルカ伝十六章十九節〜三十一節
 『或る富める人あり、紫色の衣と細布とを着て、日々奢り楽しめり。またラザロという貧しき者あり、腫れ物にて腫れただれ、富める人の門に置かれ、その食卓より落つる物にて飽かんと思う。しかして犬ども来りてその腫れ物を舐めれり。ついにこの貧しき者死に、御使いたちに携えられてアブラハムの懐裏に入れり。富める人もまた死に葬られしが、黄泉にて苦悩の中より目を挙げて遙かにアブラハムとその懐裏におるラザロとを見る。すなわち呼びて言う「父アブラハムよ、我を憫みて、ラザロを遣わし、その指の先を水に浸してわが舌を冷させ給え、我はこの焔の中に悶ゆるなり」。アブラハム言う「子よ、憶え、汝は生ける間、汝の善き物を受け、ラザロは悪しき物を受けたり。今ここにて彼は慰められ、汝は悶ゆるなり。しかのみならず此処より汝らに渡り往かんとすとも得ず、其処より我らに来り得ぬために、我らと汝らとの間に大いなる淵定めおかれり」。富める人また言う「さらば父よ、願わくば我が父の家にラザロを遣わしたまえ。我に五人の兄弟あり、この苦痛のところに来らぬよう、彼らに証せしめ給え」。アブラハム言う「彼らにはモーセと預言者とあり、これに聴くべし」。富める人言う「いな父アブラハムよ、もし死人の中より彼らに往く者あらば、悔い改めん」。アブラハム言う「もしモーセと預言者とに聴かずば、たとい死人の中より甦る者ありとも、その勧めを納れざるべし」』。

 ここにある富める者の地獄に墜ち入りし理由は、彼が心を閉じてなすべきことをなさなかったためである。

三、青年の誤解

 この青年は四つの根本的の誤解をしていた。すなわち彼は、

【一】『善き師よ』
 善き師よ、われ何をなして永遠の生命を嗣ぐべきか』(十八節)

 彼は主イエスを『神たる救い主よ』と言って信ずべきであるにかかわらず『善き師よ』と言い、救われることを願わず今少し教えらるればよしと思い、自分の智に依り頼んだ。

【二】『何をなすべきか』
 『善き師よ、われ何をなして永遠の生命を嗣ぐべきか』(十八節)

 永生は神よりの賜物である。ゆえにこれは信仰によって受くべきものであって、人間の行為によって得られるものでない。しかるに彼は『われ何をなして』と言い、彼自らの行為によって得られると思った。彼は自己に依り頼んだ。

【三】自己の義
 『彼言う、われ幼き時より皆これを守れり』(二十一節)

 彼は確かに律法を守ったであろう。しかし彼はこれを守りしことが、彼が永生を受くべき理由となるものにあらざることを知らず、却って自らこれを誇り、これに恃んだのが誤りである。彼は自己の義は神の聖前には襤褸のごとく、何物にもあらざるを知り、人間の義であるイエス・キリストを信じて受け納れることによって永逝を賜ることを知らなかった。

【四】金を愛した。
 『彼はこれを聞き甚く悲しめり、大いに富める者なればなり』(二十三節)

 彼が憂えたのは富みたるがためでなく、自己の富に執着し、富を愛したるがために、これを棄つべく命ぜられし時苦しんだ。彼は真の富は彼の財でなく、主イエス・キリストであることを知らなかった。

四、富の危険

 『イエスこれを見て言い給う、富める者の神の国に入るは如何に難いかな』(二十四節)

 富の危険について聖書の言葉より引照すると、
 一、『己の富を恃む者は仆れん』(箴言十一・二十八)
 二、財宝は人を惑わす(マタイ伝十三・二十二)
 三、『富める者の資財はその堅き城なり、これを高き石垣のごとくに思う』(箴言十八・十一)
 富は偽りの平安を与えるものであって、高き石垣なりと夢想させるが、その実、牢獄の墻塀である。
 四、『我をして貧しからしめず、また富ましめず、ただなくてならぬ糧を与え給え、そは我飽きて神を知らずと言い、主は誰なりやと言わんことを恐る』(箴言三十・八、九)
 五、『されど富まんと欲する者は、誘惑と罠また人を滅亡と沈淪とに溺らす愚かにして害ある様々の慾に陥るなり。それ金を愛するは諸般の悪しきことの根なり。或る人々はこれを慕いて信仰より迷い、様々の痛みをもて自ら己を刺し通せり』(テモテ前書六・九、十)。

五、富の活用

 一、『与えよ』

 『貧しき者に分け与え得るために手ずから働きて善き業をなせ』 (エペソ四・二十八)。

 正当なる勤労を励まし貧しき者を救うことは、これは富の用法の一つである。
 二、『己が友を得よ』

 『不義の富をもて、己がために友を作れ、然らば富の失する時、その友なんじを永遠の住居に迎えん』 (ルカ十六・九)

 『不義の富』とはこの世の金銭のことで、『己が友を得よ』とは霊魂を救うことである。『乏しからん時』とは富をあとに残してこの世を去る時、『その友なんじを永遠の住居に迎えん』とは、汝によりて救われたる霊魂が先立ちゆきて天国において汝を待ち、汝の来るを歓迎するの意である。
 三、『神悦び給う』

 『仁慈と施済とを忘るな、神はかくのごとき供え物を喜びたまう』(ヘブル十三・十六)
 『おのおの吝しむことなく、強いてすることなく、その心に定めしごとくせよ。神は喜びて与うる人を愛し給えばなり』(コリント後書九・七)。

 四、神償い給う

 『汝の糧を水の上に投げよ、多くの日ののち再びこれを得ん』(伝道の書十一・一)
 『貧者を憐れむ者は主に貸すなり、その施済は主償い給わん』(箴言十九・十七)
 『まことに汝らに告ぐ、わが兄弟なるこれらのいと小さき者の一人になしたるは、即ち我に為したるなり』(マタイ二十五・四十)
 『人に与えよ、然らば汝らも与えられん。人は量をよくし、押し入れ、揺すり入れ、溢るるまでにして、汝らの懐中に入れん。汝等おのが量る量にて量らるべし』(ルカ六・三十八)
 その他(箴言二十八・二十七、マタイ十・四十二、ヘブル六・十、マルコ十・二十八〜三十)。

   結   論

 この会談の結果は罪の自覚である。主は青年の目を開いて自己の真相を悟らしめたもうた。すなわちこれによりて
 一、富は貧に勝らず。
 二、人の義は襤褸にして神の前には自らを装うに足らず。
 三、宰たる技倆は、全き単純なる信頼の妨碍をなす奴隷の軛たることを示し、救われんと欲する者は寡婦、税吏、嬰児のごとくならねばならぬことを教えたもうた。
 


| 総目次 | 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |