第六、イエスとサマリアの婦

──聖 霊 の 賜 物──


 
 『主、おのれの弟子を造り、これにバプテスマを施すこと、ヨハネよりも多しとパリサイ人に聞こえたるを知り給いし時、(その実イエス自らバプテスマを施ししにあらず、その弟子たちなり)ユダヤを去りてまたガリラヤに往き給う。サマリアを経ざるを得ず。サマリアのスカルという町に至り給えるが、この町はヤコブその子ヨセフに与えし土地に近くして、此処にヤコブの泉あり。イエス旅路に疲れて泉の傍らに坐し給う。時は第六時なりき。サマリアの或る女、水を汲まんとて来りたれば、イエスこれに「我に飲ませよ」と言いたまう。弟子たちは食物を買わんとて町に行きしなり。サマリアの女言う「汝ユダヤ人なるに、いかなればサマリアの婦なる我に、飲むことを求むるか」。これはユダヤ人とサマリア人とは交わりせぬ故なり。イエス答えて言い給う「汝もし神の賜物を知り、また『我に飲ませよ』と言う者の誰なるかを知りたらんには、これに求めしならん。さらば汝に活ける水を与えしものを」。女言う「主よ、汝は汲む物を持たず、井は深し。その活ける水は何処より得しぞ。汝はこの井を我らに与えし我らの父やコブよりも大いなるか。彼も、その子らも、その家畜も、これより飲みたり」。イエス答えて言い給う「すべてこの水を飲む者はまた渇かん。されど我が与うる水を飲む者は永遠に渇くことなし。我が与うる水は彼の中にて泉となり、永遠の生命の水湧き出ずべし」。女言う「主よ、わが渇くことなく、またここに汲みに来ぬために、その水を我に与えよ」。イエス言い給う「往きて夫をここに呼び来れ」。女答えて言う「我に夫なし」。イエス言い給う「夫なしと言うは宜なり。夫は五人までありしが、今ある者は汝の夫にあらず。なしと言えるは真なり」。女言う「主よ、我なんじを預言者とみとむ。我らの先祖たちはこの山にて拝したるに、汝らは拝すべき所をエルサレムなりと言う」。イエス言い給う「女よ、わが言うことを信ぜよ、この山にもエルサレムにもあらで、汝らの父を拝する時来るなり。汝らは知らぬ者を拝し、我らは知る者を拝す、救いはユダヤ人より出ずればなり。されど真の礼拝者の、霊と真とをもて父を拝する時来らん、今既に来れり。父はかくのごとく拝する者を求めたまう。神は霊なれば、拝する者も霊と真とをもて拝すべきなり」。女言う「我はキリストと称うるメシヤの来ることを知る、彼来らば、諸般のことを我らに告げん」。イエス言い給う「汝と語る我はそれなり」。時に弟子たち帰り来りて女と語り給うを怪しみたれど、何を求め給うか、何故かれと語り給うかと問う者誰もなし。ここに女その水瓶を遺しおき、町に行きて人々に言う、「来りて見よ、わがなししことをことごとく我に告げし人を。この人、或いはキリストならんか」。人々町を出でてイエスの許に行く。この間に弟子たち請いて言う「ラビ、食したまえ」。イエス言い給う「我には汝らの知らぬわが食する食物あり」。弟子たち互いに言う「誰か食する物を持ち来りしか」。イエス言い給う「我を遣わし給える者の御意を行い、その御業をなし遂ぐるは、これわが食物なり。汝ら収獲時の来るにはなお四月ありと言わずや。われ汝らに告ぐ、目を挙げて畑を見よ、はや黄みて収獲時になれり。刈る者は、価を受けて永遠の生命の実を集む。播く者と刈る者とともに喜ばんためなり。俚諺にかれは播き、これは刈ると言えるは、ここにおいて真なり。われ汝らを遣わして労せざりしものを刈らしむ。他の人々さきに労し、汝らはその労を収むるなり」。この町の多くのサマリア人、女の「わがなししことをことごとく告げし」と証したる言葉によりてイエスを信じたり。かくてサマリア人、御許に来りてこの町に止まらんことを請いたれば、ここに二日留まり給う。御言によりてなおも多くの人信じたり。かくて女に言う、「いま我らの信ずるは汝の語る言によるにあらず、親しく聴きて、これは真の世の救い主なりと知りたる故なり」』(ヨハネ四・一〜四十二)。

【前回のヨハネ伝三章とこのヨハネ伝四章との比較対照】
 ルカ伝十八章と十九章にあった対照のごとく、富める青年は救われず、不義なるザアカイが救われたと同じく、ヨハネ伝三章における最も尊き宗教家にして義しきニコデモは救われるに至らずして退き、ヨハネ伝四章のサマリアにおける最も賤しき不義なる婦人が救われ、聖霊に満たされて往った。今この両会談を比較対照すると、
【第三章】
 一、人は主イエスを求む。
 二、人は知識を求めて来れり。
 三、問題は、如何に(四節)如何で(九節)生くるべきか、学者ですら到底解することができない。
 四、主の言は生命の賜物。
 五、比喩は、暗黒、光、風。
 六、ニコデモは好き心をもちて信じて来り、しかして空しく去った。
【第四章】
 一、主イエスは人を求む。
 二、主は生命を与えんために来らる。
 三、問題は、如何で(九節)何処にて水を得べきか(十一節)、女は到底解することができなかった。
 四、主の言は生命を与える霊の賜物。
 五、比喩は、渇き、水。
 六、サマリアの婦は偏見をもって来り、満たされて帰る。


研究すべき四つの要点

一、サマリアの婦(人の魂の真相)

表面の観察

【一】欠 乏
 『サマリアの或る女、水を汲まんとて来りたれば、イエスこれに「我に飲ませよ」と言いたまう』(ヨハネ四・七)

 彼女は日中水を汲みに来た。これは貧しき者の常である。人の心は常に貧しくして乏しく憐れなる状態に陥っている。

【二】偏 見
 『サマリアの女言う「汝ユダヤ人なるに、如何なればサマリアの女なる我に飲むことを求むるか」。これはユダヤ人とサマリア人とは交わりをせぬ故なり』(ヨハネ四・九)

 サマリアの女とユダヤ人との間のごとく、人の心は常に、与えんとする真の救い主に対して偏見をもっている。

【三】愚 昧
 『女言う「主よ、わが渇くことなく、またここに汲みに来ぬために、その水を我に与えよ」』(ヨハネ四・十五)

 この婦は主イエスに活ける水を示されていながら、なお井戸の水のことを思っていたごとく、人の心が新生せず、霊によらねば、神のことは弁え得ない。

【四】罪 人
 『女答えて言う「我に夫なし」。イエス言い給う「夫なしと言えるは宜なり。夫は五人までありしが、今ある者は汝の夫にあらず。なしと言えるは真なり」』(ヨハネ四・十七、十八)

 この婦は五人の夫に仕えていたごとく、人の心は常に罪の下にあって愛嬌を売りつつある。

裏面の観察

【一】婦の衷に神を知らんとする高尚なる希望が存在していた
 『女言う「主よ、我なんじを預言者とみとむ。我らの先祖たちはこの山にて拝したるに、汝らは拝すべき所をエルサレムなりと言う」』(ヨハネ四・十九、二十)

 この願望は婦の心中深く潜伏していたが、罪悪のために覆われていた。しかし主イエスによってその罪悪を指摘され、主を真の預言者として知るや否や、この願望は俄然勃興し、神を礼拝する道を求めた。婦はこの時いたく自己の罪を指摘され、恥辱と恐怖に満ちていたが、自己の中にこの願望が浮かび上がると、一切の恥辱も恐怖も忘れて、大胆に主イエスに近づきかつ尋ねた。人の魂は種々様々なる娯楽と歓楽、慰藉をこの世に求めているが、その心の根底には神に向かって飢え渇きつつあるのである。

【二】救い主を待ち望んでいた
 『汝らは知らぬ者を拝し、我らは知る者を拝す。救いはユダヤ人より出ずればなり』(ヨハネ四・二十二)

 婦はかすかながらも古より約束せられていた預言者の言葉を記憶し、メシアを待ち望んでいた。人は自ら解し能わざることを知れば、必ず天来の黙示を望み、また自ら救い得ざることを知れば、必ず天来の救う力ある主を求めるようになるのである。

【三】熱心かつ大胆である
 婦の中より偏見が除かれ、賜物が示され、主イエスご自身が現されると、その一言一言、いよいよ熱心かついよいよ大胆に、心中に潜伏していた愛情ある信任は勃興し来り、遂に主の御顔の前にあって些かの恐怖もなくなった。ハレルヤ。

 人の霊魂は表面より観察すれば全く救わるべき望みはない。しかしその裏面より観察すれば、確実なる救いの見込みがあるのであり。

二、神の賜物(上)

【一】自己を満足せしむ
 『されどわが与うる水を飲む者は永遠に渇くことなし』(ヨハネ四・十四)

 自己の心中に全き満足を与えられる。

【二】人を満足せしむ
 『わが与うる水は彼の中にて泉となり、永遠の生命の水湧き出ずべし』(ヨハネ四・十四)

 この賜物を受けし者は、自ら満足するのみならず、さらに泉の源となりて、そこより生命の水湧き出で、四囲の人々にその水を注ぎ出すに至る。

【三】神を満足せしむ
 『真の礼拝者の霊と真とをもて父を拝する時来らん、今既に来れり、父はかくのごとく拝する者を求め給う。神は霊なれば拝する者も霊と真とをもて拝すべきなり』(ヨハネ四・二十三、二十四)

 この賜物すなわち聖霊は、神の父たるを示し、拝する者をして神を父として拝するを得せしむ。これは人の心の奥底に秘められたる満足にして、またこれは神御自身の深きご満足である。

三、神の賜物(下)

【一】永続的である
 『わが与うる水は彼の中にありて泉となり、永遠の生命の水湧き出ずべし』、永遠に絶えず湧き続けて永生に至る。

【二】潔める力
 『水、泉』洗い潔める働きをなす。主はこれによって聖霊の潔める力を示したもう。

【三】霊魂を満足せしめる
 『永遠に渇くことなし』常に満たし、かくて永遠にまでいたる。

【四】他を恵むところの恵み
 『となりて永遠の生命の水湧き出ずべし』。

【五】内心的
 『彼の衷にて』。

【六】神の賜物
 『わが与うる水は』。

【七】誰にも及ぶ
 『わが与える水を飲む者は』飲む者、すなわち誰にても信じて飲みさえすれば。

四、主イエスの霊魂を導きたもう方法

 主イエスは人間の霊魂を救うために必要なる三つのものを示された。すなわち『汝もし神の賜物を知り、また我に飲ませよと言う者の誰なるかを知りたらんには、これに求めしならん。さらば汝に活ける水を与えしものを』(ヨハネ四・十)。この一節の中に表されたものは(一)賜物なる活ける水(聖霊)、(二)賜物の主なる父、(三)仲保者なる主ご自身である。

【一】賜物なる聖霊
 主イエスは第一に賜物なる聖霊を提出したもうた。故に婦はこれによりて渇きを起して慕い求めるに至った。無頓着なる霊魂を導くときに特に肝要なるはこの点であって、まず何よりも彼の求むべきものを示さねばならない。ヨハネ伝三章においても同様に、主はまず新生の賜物を示したもうた。使徒行伝二章においても使徒ペテロはこの聖霊の賜物を示した(使徒行伝二・十四〜二十一)。

【二】賜物の主なる父
 更に主は神を父として示し(ヨハネ四・二十一〜二十四)、聖霊は神を父として拝するところより受け得べきものなることを示したもうた。また主はこれを父の賜物として語りたもうた(ルカ十一・十三)。またこれを父の約束せしところのものとして示したもうた(使徒行伝一・四)。

【三】仲保者たるイエス・キリスト
 すなわち最後に御自身を顕したもうた(ヨハネ四・二十六)。主は聖霊を賜物として示し、神を与える父として示し、その二者の間の仲保者、救い主として主イエス御自身を顕したもうた。しかして如何にして婦に御自身を顕したもうたかと言えば、

 イ、婦の罪を一言の下に指摘してその心を刺したもう。
 『汝の夫を呼び来たれ』(ヨハネ四・十六)、この一言によりて婦の心を刺し貫き、その真相を曝露したもうた。

 ロ、自己の権能を示したもう。
 故に婦は主イエスが全知者でおわすことを知って驚いた。ヨハネ伝一・四十七〜四十九にあるナタナエルに対しても同様であって、これはまた現在においても同様である。聖書が神の言であることを信じ得る第一の理由は、我らがこれを読む時に、自己を知り、罪を知り、いたく刺される点にある。

参照──霊魂を導く順序

【一】ヨハネ伝三章において
 (一)聖霊、(二)キリスト、(三)父なる神、(四)罪。

【二】ヨハネ伝四章において
 (一)聖霊、(二)罪、(三)父なる神、(四)キリスト。

【三】使徒行伝二章において
 (一)聖霊、(二)キリスト、(三)父なる神、(四)罪人のなすべきこと。
 


| 総目次 | 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |