第四、イエスと捕らえられ訴えられたる淫婦

──罪 の 赦 し──


 
 『イエス、オリブ山にゆき給う。夜明け頃、また宮に入りしに、民みな御許に来りたれば、坐して教え給う。爰に学者・パリサイ人ら、姦淫のとき捕らえられたる女を連れきたり、真中に立ててイエスに言う、「師よ、この女は姦淫の折、そのまま捕らえられたるなり。モーセは律法に、かかる者を石にて撃つべきことを我らに命じたるが、汝は如何に言うか」。かく言えるはイエスを試みて訴うる種を得んとてなり。イエス身を屈め、指にて地に物書き給う。彼ら問いて止まざれば、イエス身を起こして「汝らのうち、罪なき者まず石を擲て」と言い、また身を屈めて地に物書きたまう。彼らこれを聞きて良心に責められ、老人をはじめ若き者まで一人一人出で行き、ただイエスと中に立てる女とのみ遺れり。イエス身を起こして、女のほかに誰もおらぬを見て言い給う「女よ、汝を訴えたる者どもは何処におるぞ、汝を罪する者なきか」女言う「主よ、誰もなし」。イエス言い給う「われも汝を罪せじ。往け、この後ふたたび罪を犯すな」。かくてイエスまた人々に語りて言い給う「われは世の光なり、我に従う者は暗き中を歩まず、生命の光を得べし」』(ヨハネ八・一〜十二)。

鑰語『われは世の光なり。我に従う者は暗き中を歩まず、生命の光を得べし』(ヨハネ八・十二)。

世の光なるキリスト

 パリサイ人に対して──罪を示す光
 婦人に対して──生命を与える光

 パリサイ人はこの時において、既に主イエスを殺さんとする計画であったことは明白である(ヨハネ七・一〜十九、三十〜四十五。八・六参照)。しかして彼らは主イエスを殺さんとして彼の前に来たが、光によりて曝露せられしごとく、その罪を示され、捕らえられ来りし婦は砕かれ溶かされて罪の赦しを得、生命の光を与えられた。


研究すべき三種の人物

一、パリサイ人

【一】残酷無情
 『爰に学者、パリサイ人ら、姦淫のとき捕らえられたる女を連れ来り、真中に立ててイエスに言う』(ヨハネ八・三)

 彼らがこの女を捕らえて連れ来り、群衆の中にて辱めることは、真に義を愛し審判を求める人のなすべきことでなく、却って残酷無情なる行動である。

【二】臆病
 『姦淫のとき捕らえられたる女を連れ来り』(ヨハネ八・三)

 モーセの律法によれば、姦淫をなしたる男女は二人とも捕らえて連れ来らねばならぬのである(申命記二十二・二十二〜二十四)。しかるに彼らは何故か、女のみ捕らえて連れ来り、男を連れ来らなかった。これは臆病であり、また卑怯である。

【三】無学、無智
 『モーセはかかる者を石にて撃つべきことを我らに命じたるが、汝は如何に言うか』(ヨハネ八・五)

 律法は神の命令によるものである。しかるに彼らはこれをモーセの命なりと公言した。彼らは儀文を解するのみにして(ヨハネ六・三十二)律法の真意について全く無智であった。

【四】悪虐
 『かく言えるはイエスを試みて訴うる種を得んとてなり』(ヨハネ八・六)

 彼らの行為は悪意にて満ち、婦を殺し、またイエスを殺さんと企てた。実に彼らの行動は悪虐のほか何の目的もなかった。これを、律法の大主眼とする『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして主たる神を愛し、また己の如く汝の隣を愛すべし』(ルカ十・二十七)との神の誡命とを対照すれば、彼らの行動は全く正反対にして、善き畑に毒麦を播く悪魔のごとくである。
 以上の四つのパリサイ人の態度は、彼らが悪魔の標本たることを示すものである。

二、婦 人

【一】希望を生ず

 恐怖と慚愧に心乱れ、暗黒に包まれていた婦の心中に、主イエスの優しき一言を聞き、天来の光明を認めて希望を生じて来た。

【二】真の悔い改め
 『ただイエスと中に立てる婦とのみ遺れり』(ヨハネ八・九)

 パリサイ人が遁れ去った時に婦も遁れ去ることはできた。しかし婦はいつまでもその中に立ちて、己が真相を光の中に曝露せられしまま、黙然としてイエスの宣告を待っていた。

【三】信仰あり
 『女言う、主よ誰もなし』(ヨハネ八・十一)

 人の前を惧れぬのみならず、主イエスの前に立ちて動かず、主を憐れみある救い主と信じて、その指図を待った。しかしパリサイ人はイエスを師と呼んだが、婦はイエスを主と呼んだ。主とは、神に対するユダヤ人の語である。婦は主が一言をもってパリサイ人の罪を示して退かしめたまいしを見て驚き、信仰を起こしたのであろう。

三、主イエス

【一】その神性
 『イエス身を屈め、指にて地に物書き給う。彼ら問いて止まざれば、イエス身を起こして、「汝らのうち、罪なき者まず石を擲て」と言い、また身を屈めて地に物書き給う。彼らこれを聞きて良心に責められ、老人をはじめ若きものまで一人一人出で行き、ただイエスと中に立てる女とのみ遺れり』(ヨハネ八・六〜九)。

 ユダヤ人はモーセの律法をもって左右両難の岐路に立たしめた。もし『赦せ』と言わばモーセの律法に叛く反逆者として訴えられ、『殺せ』と言わば彼は残虐にして罪人の友にあらずと言いて謗ろうとした。しかるに主は驚くべき一言をもって彼らの詰問を破壊し、彼らをして如何とも為すことあたわざらしめたもうた。これは主が人間の奸計を透視する超自然的の智慧と権威とをもって御自身の神性を顕したもうたのである。

【二】その同情
 『イエス身を屈め、指にて地に物書き給う』(ヨハネ八・六)

 イエスは訴えられたる女を見るに忍びず、身を屈めて地に物を書きたもうた。この時イエスが地に書きたもうたことは、隠れたるパリサイ人の罪であると或る人は言った。

【三】その智慧
 『汝らのうち、罪なき者まず石を擲て』(ヨハネ八・七)

 モーセの律法によると証人がまず石にて打つべきである(申命記十七・五〜七)。主イエスはこの律法の言葉を引用して、これに『罪なき者』という驚くべき一句を加えて彼らに迫り、彼らの心を刺し、彼らに一寸の間隙も、誹謗を加える余地もなからしめたもうた。これは驚くべき主の智慧である(マタイ七・五)。

【四】その能力
 『彼らこれを聞きて良心に責められ』(ヨハネ八・九=文語訳、欽定訳)

 主イエスは彼らに向かって一言も審判を与えず、彼ら自らをして審かしめたもうた。主の一言は彼らの良心を働かしめ、彼ら自ら己を審きて、おるに堪えざらしめたもうた(ヨハネ十二・四十七、四十八)。

【五】その義
 「イエス身を起こして、女のほか誰もおらぬを見て言い給う「女よ、汝を訴えたる者どもは何処におるぞ、汝を罪する者なきか」‥‥‥我も汝を罪せじ』(ヨハネ八・十、十一)

 罪人の死刑執行のために必要なる条件は、現場の証人の証言と裁判官の宣告である。しかるに主が顔を上げて見たもうた時には証人は既に逃げ去り、訴える者は一人もなかった故に、裁判官である主もまた宣告をなし得たまわない。しかして『我も汝を罪せじ』と赦罪の宣告をなしたもうたのは当然のことにして、一点の非難を加うべき余地がなかった。これは主の義である。

【六】その愛
 『我も汝を罪せじ』(ヨハネ八・十一)

 主は審判主でなく救い主である(ヨハネ十二・四十七、三・十九)。また罪人を審くのは主のお役目でもない(ヨハネ三・十七)。また仲裁人でもない(ルカ十二・十三、十四)。またこの世の王でもない(ヨハネ十八・三十六)。主は救い主である。罪人の罪を赦さんためにこの世に来り、十字架に釘けられて贖罪をなし、罪を赦すべき権威を造りたもうた(ヨハネ三・十七)。自ら詛われて、詛われし者を救いたもう、これは愛である。
 しかして今は恵みの時で、主は禱告主として禱告をなしたもう(ローマ八・三十四、ヘブル四・十六)。この恵みの座は終わりの日に大いなる審判の座となり、彼は審判主としてこの世に来りたもうのである(ヨハネ五・二十七、十二・四十八、使徒行伝十・四十二)。

【七】その聖潔──無罪
 『我も汝を罪せじ。往け、この後ふたたび罪を犯すな』(ヨハネ八・十一)

 主イエスが身を屈めて地に物書きたもう時、この女も遁れ去ったとすれば如何であろう? 主は女の罪を見過ごしたもうたという咎を受くべきであろうか。決してしからず、主は沈黙の間にその女の罪を彼の臨在の光の中に照らして、女をして全く砕けて悔い改めさせたもうた。もしも女が悔い改めずに逃げ去っても、世の終わりの日、すなわち審判の日に、女がこのところにて受けし光に従いてその罪の審判を受けなければならなかった。幸いにして女はそこを去らず、光の中にありて自らを審いた。ゆえに主は女に赦罪を与え、しかして『ふたたび罪を犯すな』と慰めと警戒の言葉を与えたもうた。
 主は二度、地に物を書きたもうた(ヨハネ八・七、八)。或る人は、一はパリサイ人の罪状を書き、他は女に対する赦罪状を書きたもうたという。これは最も信ずべき想像である。

四、結  論

 『かくてイエス人々に語りて言い給う「われは世の光なり。我に従う者は暗き中を歩まず、生命の光を得べし」』(ヨハネ八・十二)

 主は光にして救い主で在したもう。救いの道は、光に照らされて己が罪悪を認め、しかして救い主を信じ頼りて救われることを得るのである。主は光である。彼を受け、彼に頼りし時に、この光は生命の光となり、生命を得さしめるのである。しかるに世の人は、この光を受けず、また愛せず、却って暗きを愛する故に、救われることを得ぬのである(ヨハネ一・九〜十二、三・十九〜二十)。
 


| 総目次 | 目次 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |